最上もがのすっぴんは可愛い?脱退は情緒不安定かメンバーとの不仲か?

でんぱ組.inc最上もがさんが脱退を発表しました!

最上もが

 

でんぱ組.incはメンバーそれぞれが、アニメ・

漫画・ゲームなどの趣味を持ったコアなオタクで

それを生かしてソロでも活動しているグループです。

でんぱ組.inc

 

最上もがさんが途中から入ったことで、グループは

「秋葉原の片隅から世界へ」と言われるほど大きく

飛躍しました。

 

広く一般に知られていたのかは疑問なんですが、

彼女を通してでんぱ組.incを知った人も多く、

ファンの中にはショックを受けている人が多い

ようです。

 

アイドル界の異端児的存在と言われていた

最上もがさんですが、脱退の理由を、彼女の

ブログなどから推測してみました。

スポンサーリンク


最上もがとは?

パジャマ姿の最上もが

 

最上もが(もがみもが)

キャッチフレーズは

「宇宙を駆ける金色の異端児」

本名:島田瑞希
生年月日:1989年2月25日(28歳)
カラー:紫
ネットゲームオタク

(笑えないレベルだったとの本人談)

金髪にしたのは親への犯行から

今は良好な関係になっているそうですが、

かつては難しい関係だった模様です。

 

でもこの金髪のおかげで、彼女はでんぱ組.inc

にスカウトされたようです。

 

それまでまだあんまり売れていなかったでんぱ組

に、金髪の子を入れてイメージアップを図りたい

意図があったらしいですね。

 

童顔でEカップ

日本の男子はどうしてもこれが好きらしいです。

個人的には、大人の女性は怖くて付き合えない

という男子が多いのではないかと思っています。

しょうがないね・・・・

最上もがの自撮り
出典:mogatanpe

 

整形疑惑とすっぴん

本人がきっぱり否定しているにもかかわらず、

彼女が整形しているのではないかと疑う人が

あとを絶たず、そのことでも最上もがは随分

悩んだようです。

 

昔の写真がこちら。

制服姿のもが

 

やっぱり可愛いですよね。

 

それでも噂は消えない・・・

でもですね、化粧の力ってすごいんですよ!

いや決して最上さんが可愛くないと言って

いるのではありません。

 

芸能界で人に注目されてくると、人の顔って

すごく変わっていきますし、化粧のテクニック

だって上達しますよ。

例として面白いのがあったので、ここに挙げて

おきますね。

 

心不全

彼女は、未熟児で生まれたことから、色々な病気

にかかっていて体が弱いと、インタビューで告白

しています。

 

インスタでは「もう色んな薬を飲みすぎて肝臓が

ボロボロ」と書いていますし、心不全のことも

公表しています。

入院中(?)のもが
出典:mogatanpe

心不全とは

私は心不全で親が突然なくなったので、この病気

の怖さをわかっているつもりですが、慢性心不全

で芸能活動をしているなんて、大変すぎると思い

ます。

心不全で特徴的な呼吸困難は、就寝後しばらくして現れる息苦しさです(夜間発作性呼吸困難症)。この症状は起き上がることで軽減します。
夜間の多尿も、初期の症状として現れます。重症になると尿量は減少します。
全身的な症状としてよく現れるのは倦怠感(けんたいかん)、疲れやすさですが、消化器症状として食欲不振、腹部膨満感(ぼうまんかん)も起こります。

引用元:https://health.goo.ne.jp/medical/10630300

この状態で歌って踊ってライブをしていたなんて、

よほどの頑張り屋じゃないとできないですよ。

彼女は自分の居場所を、でんぱ組.incでやっと

見出せたのかもしれません。

 

いじめ体験

小学校の頃から男子に見た目のことでひどいこと

を言われたり(たぶん未熟児で生まれたことから、

なんか弱々しい外見だったんじゃないかなあ)、

 

女子に特有の行動形式である”グループ行動”

嫌いだったり(わかるよこれ…..トイレ行くのも一緒

でないと引け目感じたり、昼食時間に小さいグルー

プに別れて、お互いの悪口言ってたりとかね…..)、

 

そんなことから、人付き合いが苦手になったと

インタビューで答えています。

光に透けて見えるもがの顔

引きこもり生活

前述の体験や、親との確執もあってか、

でんぱ組.incに入る前の彼女は、8年間も引き

こもり生活をしていて、朝から晩まで、いや、

それを超えてもネットゲームをしていたそう

なんです。

 

両手と片足を同時に使って3台のパソコンを

使い、ゲームをしていたとか(OvO)

 

しかし、親がリストラされたことから働かざるを

得なくなり、芸能界に足を向けたようです。

最上もがという人間性

体が弱いことに加えて、一部ではメンヘラとも

言われていた最上もがさんですが、彼女のブログ

を見ると、痛々しいほどの素直さで心情を語って

います。

 

彼女のブログは高い支持を受けていて、女性層の

人気も高いのは、おそらくその辺りに理由がある

のだと思います。

 

最上もがのブログから

5年間、というのは決して短い期間ではなく、容易なことでもありませんでした。びっくりするほど泣いて、悩んで、感動することもありました。

そしてでんぱ組は自分を大きく変えてくれました。
電車に乗ること、人の目をみて話すこと、自分の気持ちを伝えること、人前で歌って踊ること、そういうことも昔は簡単にはできなかったことです。

ネトゲ以外で何かを続けてる自分がいるっていうのは、実は本当に革命的なことでした。
「病んでるの?」 ときかれれば 「そうです」 と答えます。

普通の神経で、いまの仕事をやっていくのは 本当に難しいことでした。

ぼくは他の子と入り口が違いすぎました。
チヤホヤされたかったわけでも、目立ちたかったわけでも、自分に自信があったわけでもありません。
生きる為でした。

考え過ぎる、真面目過ぎると周りの人によく言われていました。

していないのに していると言われ続ける苦痛

お前は誰からも愛されてないだの でんぱ組に必要ないだの お前だけヲタでもなんでもないだの グラビアは恥だの 家族の悪口さえもかかれる

ゲームだけじゃなくマンガもアニメも大好きなのに なぜかぼくだけ違うような扱いをされる

 

どうしたらあの頃の自分に戻れるのか

ぼくも みんなと同じ人間であり
日々悩み、考え、葛藤しながら生きているということ

 

こんなぼくでも ツアーをやりきれるということ
だからみんなも やろうと思えばなんとかなる
よ!

という無理やりな繋ぎ方…
でも、そんなもんだったりします。

 

ちょっと無理してかいていたアイドルっぽい元気なツイートも、今ではしなくなったんだなと思いました。

 

4年間でこんなにも 人間の醜さに 触れてしまったんだと
何かが欠けてしまったんだなと思いました。

4年前、ぼくはこう思っていたんだな

改めて その頃はただただ純粋で
関わる人を信じ、まっすぐにがんばっていたんだなと思いました。

 

ごく一部の引用だけでも、最上もがのことが

よくわかるような気がしてきます。

 

自分に嘘をつけなくて、周りと適当に合わせる

こともできなくて、自身が持てなくて、傷ついて

悩んでる一人の女の子。

 

まだ大人とは言えないと思いますが、精一杯

生きて行こうとしているように感じます。

 

最上もがが「ぼく」というわけ

ネットゲームの世界では、女性だと知られると

「弱い」と思われて仲間に入れてもらえなかっ

たり、純粋にゲームを楽しむよりは出会い目的

の男性ユーザーに嫌な思いをさせられることが

多いのだそうです。

 

そのため、彼女はアバターにも男性キャラクター

を設定し、「ぼく」という一人称を使って自分を

守っていたそうです。

 

8年もそうしていれば、芸能界でも「ぼく」を

使うことは自然になってしまうでしょうね。

 

引退の理由を語ったブログ

「 いままでも何度か決まっていた現場を体調不良の為お休みしてしまったことで、哀しい気持ちにさせていたと思います。本当にごめんなさい。

今後もそういう可能性がゼロとは言えず、自分だけでコントロールすることができないと思い、これ以上迷惑をかけたくないという気持ちで脱退することを決めました。正直、何年も悩んでいたことではあったのですが、とても悔しくて仕方ないです。」

「この5年間、でんぱ組.incとして活動できたことで、得たものがたくさんありました。ただのネトゲ好きで家にばかりいた自分が、自信のなかった自分が、人の目を見て話せるようになったり、一人暮らしできたり、人前で歌って踊って、泣いて笑って、そして誰かに喜んでもらえて、生きてて良かったと本当に思いました。

最初の頃なんて歌も踊りもめちゃくちゃ下手で、会話も下手で、それでも色んな方に支えてもらい、頂いたコメントや手紙で、『よし!がんばろう!』と不安な気持ちを拭ってきました。だから、応援して下さっていたみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。」

「最上もがとしての個人の活動は体調をみつつ、続けていくつもりです。

体調をみつつ、続けていくつもりです。メンバーとは道は違っていきますが、心は共にぼくも頑張っていきたいと今は思っています。」

 

引退説がなんども上がりながらも、それを否定し

つつ否定しないという形をとってきたもがさん。

 

グループの方は相沢梨紗、古川未鈴、夢眠ねむ、

成瀬瑛美、藤咲彩音の5名で活動していくそうです。

 

もがさんの言う通り、道は違えども、同じ芸能界で

仕事を続けて行くつもりであろうと思えます。

 

彼女の周りに、彼女を支えてくれる良いスタッフが

いてくれることを願います。

もがちゃん、応援していますよ!

まとめ

でんぱ組.incの中でも、最上もがさんは一番

目立っていました。

不思議で危うい可愛さがあります。

こんなに身体が大変なのに、ずいぶん頑張って

いたんですね。

 

これからは無理せず、自分のペースで活動して

いってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です