津田シェリアイもアイリーヌも♡走り高跳び選手は美女がいっぱい!

出走前のマルーサ・センワル

”棒高跳び”・”幅跳び”・”高飛び”と、跳ぶ競技

にはどうして美人アスリートが多いんでしょう

か?

 

テレビでしか見たことないけど、次々と美女が

出てくるんです。

しかもウェアはかなり際どいでしょ。

 

と言っても、スポーツ選手は色っぽいというより

たくましく見えますけどね。

 

今回は走り高跳びの美人アスリート達を追って

みたいと思います。

スポンサーリンク


走り高跳びの跳び方

走高跳(はしりたかとび)は、助走をつけて片足で踏み切り、飛び越えるバーの高さを競う競技。
古代オリンピックの頃から行われている代表的な陸上競技の一つである。(ウィキペディア)

あの背面跳びって、一度やってみたんですが、

練習もしたことなくて跳ぶのは、怖くてできま

せんでした。

 

背面跳び

1968年に、アメリカのディック・フォスベリー

この方法で初めて跳び、みごと優勝。

その時の映像がありました!

走り高跳びの歴史を見ることができます。

最初は「何だあれは」と笑う人もいたということ

ですが、先駆者は避難されるんですね。

今ではすっかり主流の跳び方です。

 

正面跳び

バーに対して正面から助走していって跳び越える

跳び方。

この人はすごすぎる!

 

とにかく最初は多分、みんなこう跳ぶよね。

普通はこの跳び方でこんなに高く跳べないから、

いろんな工夫をしたはずなんだけど・・・。

 

はさみ跳び

「またぎ跳び」とも言われるようです。

小・中学校体育の体育では、いきなり背面跳びを

させないで、正面跳びとかはさみ跳びから始めて

いるそうです。

 

ベリーロール

背面跳びが登場するまでは、こちらが主流でした。

 

津田シェリアイ

身長   :178.9cm(大きい!)

出身地  :大阪府

所属   :東大阪大学

自己ベスト:1m81

笑顔がとっても素敵な女の子です。

お父さんがジャマイカの方だそうです。

 

中学時代に1m77を跳んで将来を期待された

選手です。

  • 11/06/04 中学3年 1m77cm

 

その後、更新したのは、3年後の高校3年に

なってからの日本ジュニア。

  • 14/10/03 高校3年 1m79cm

 

その理由は、踏切脚を左から右に変えたことの

ようです。

中1から走高跳を始めましたが、どちらの踏切が強いかわかりませんでした。

何をやっても右の方が強いとわかってきたのですが、高校1年生のシーズン中に変更することは見送りました。

高校1年の冬からですから、まだ3年経っていません。

それは素人でも、大変だろうなって思うよ。

やっと自己新を跳ぶことができましたが、自分はもっと跳べると思っていました。

1m79で高校が終わってしまって、悔しかったです。

 

  • 2015/5/3 大学1年 1m81cm

 

静岡国際、大学生になって1カ月で2cmの

自己新を出しました。

1m81はもう、跳んで当然です。

1m84をちゃんと跳びたかった。

世界陸上の標準は高いので今回はアジア選手権狙いでしたが、秋には1m92くらいまで跳びたいですね

 

走り高跳びは、身長が高いと有利なんだそう

です。

東京オリンピックに向けて、期待が高まる

選手の一人ですね!

スポンサーリンク


ディアドラ・ライアン(Deirdre Ryan)

1982年6月1日生まれの35歳。

アイルランドの記録保持者です。

右の方です。

2012年ロンドンオリンピックで6位でした。

 

アンナ・チチェロワ(Анна Владимировна Чичерова)

軍服姿のアンナ・チチェロワ

生年月日:1982年7月22日(35歳)

身長  :178cm

体重  :53kg

ロシアの選手です。

 

もう結婚していて、夫はアジア選手権の短距離で

金メダルを獲得したこともある、ゲンナジー・

チェルノヴォルさん。

 

彼女は2011年の世界陸上、ロンドンオリンピック

金メダリストです。

 

2016年にドーピング違反が発覚して、資格停止

処分を受けています。

 

綺麗ですねー。

やはり、モデルをされています。

 

マルーサ・センワル(MARUŠA CERNJUL)

スロベニアの選手です。

1992年6月30日 生まれの25歳。

インタビューを受けているマルーサ・センワル

 

日本人に好まれる可愛さですね!

 

エリカ・ファーラニ(Erika Furlani)

イタリアの選手です。

1996年1月2日生まれの21歳。

髪の毛がすごいです!

 

アイリーヌ・パルサイト(パルシテと読むかも?)

リトアニアの選手です。

1992年7月13日生まれの25歳。

2017年のヨーロッパ陸上競技選手権金メダル

獲得しました。

 

文武両道の選手で、2010年、ビリニュス大学の

コミュニケーション学部でビジネス情報管理を

学び始めます。

 

そこで学士号を修得した後は、ビリニュス大学

経済学部(マーケティング及び統合コミュニケ

ーション)で修士号を取得しています。

女優さんみたいですね。

 

美人でスポーツも強くて、頭もいいって

どうなの!?

 

海外の選手って、そういう人が多いように思いま

す。

 

いわゆる「スポーツバカ」(すみません)ではなく

て、知識と教養があるというか・・・。

どうしてどっちもできるのかなあ。

 

ということで、今回は走り高跳び選手を取り上げ

ました。

 

スポーツ選手はスタイルがいいですから、それで

美人とくれば、当然モデルになるみたい。

スポーツメーカーも当然、宣伝しますし。

 

同じ女性として、強さと美しさを兼ね備えたアス

リートたちには、ついつい見とれてしまいます。

世界陸上も楽しんで見ようっと。

中西麻耶がかっこいい!足は事故が原因?引退説や家族(旦那)を調査!

まとめ

学生時代、走高跳に当選して見たことがある

けど、あんなの普通飛べないよ!

(まあ、どんな競技でもそう思いますが)

あんな高さまで、よく飛び上がれるなあって

思います。

 

それに美女たちが次々向かっていって飛ぶん

ですから、もうたまりませんね。

 

それにしても、海外の選手って、どうして

スポーツだけじゃなくて勉学の方もすごいんで

しょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です