井之脇海は可愛い横須賀boy!性格や家族を調査!私服画像はある?

井之脇海の顔写真

井之脇海さんが『義母と娘のブルース』(ぎぼむす)

に出演することが話題になってますね!

 

若手の「演技派俳優」として認められている井之脇

さんですが、私は2017年の大河ドラマおんな城主

「直虎」で、井伊万千代(菅田将暉)と共に、

徳川家康の元で苦労している小野万福(小野朝之)

役の井之脇海さんが気になっていたんです。

 

万千代に右往左往させられている姿に

ぐっときちゃってたんです。

なんたって清々しいイケメンじゃないですか!

 

NHK朝ドラの「ごちそうさん」では子供って感じ

だったし、「ひよっこ」ではちょっとマヌケっぽ

い合唱の先生で(ごめんなさい!)、今までピンと

こなかったんですが、小野万福は違ってました!

 

 

若手俳優で、時代劇の髪型が似合う人、少なくなり

ました(と、勝手に思うんですが)。

 

ようやく井之脇海さんの時代がやってくるか!?

スポンサーリンク


井之脇海さんのプロフィール

生年月日:1995年11月24日(22歳)

出身地 :神奈川県横須賀市

身長  :177cm

血液型 :B型

井之脇海というのは、本名のようです。

横須賀の海の近くで生まれたため、海と名付けられた。
引用元:ウィキペディア

とあります。

そのまんまなんだけど、素敵でかっこいい!

 

9歳から子役として活動をはじめています。

2006年、「柳生十兵衛七番勝負」でテレビドラマ

初出演。

2007年、映画「夕凪の街 桜の国」に出演。

 

井之脇さんは小さい頃から、地域の夏祭りで神輿

を担ぐことが楽しみだったのに、この時は病人役

だったために日焼けできず、祭りの参加が出来な

かったのが残念だったそうです。

 

2008年、映画「トウキョウソナタ」に出演し、

佐々木健二役で第82回キネマ旬報ベスト・テン

新人男優賞を受賞。

この時は12歳です!

 

 

井之脇さんは、この時「自分は役者でやっていく」

と決めたそうです。

 

家族

ずいぶんしっかりした子供だなあ、と思ったら、

なるほど、と頷けることがありました。

 

お祖父さん(母方)の安藤政輝さんは生田流箏曲家

で、輝箏会・箏グループ輝(かがやき)を主宰されて

います。

 

都立日比谷高等学校学校運営連絡協議会 協議委員、

(公財)星陵会理事、(公財)野村学芸財団評議員、

東京藝術大学同声会評議員。

りっぱすぎてなんか目がチカチカする。

 

かつて東京藝術大学音楽学部邦楽科の教授もされて

いたそうです。

 

しかも、宮城道雄の最後の弟子なんだそうです。

宮城道雄って、「春の海」を作った方ですよね?

 

 

安藤政輝さんは、今も現役で演奏会もされて、

活躍していらっしゃいます。

 

 

そしてお祖母さんは琴の生田流の師範、佐野恵子

さん。

 

生田流宮城社 直門大師範で、生田流牡丹会々主。

人間国宝宮城喜代子師および 宮城数江師の指導を

受けたそうです。

やはり現役で活動されています。

 

さらに母方のおじはオーケストラでフルートを吹い

ているとのこと。

(お名前はわかりませんでした)

 

このような環境から、井之脇さんもピアノや琴が

自然と弾けるようになったそうなんです。

映画でも天才ピアニストの役をやってらっしゃいま

したね。

 

井之脇さんは一人っ子で、お父さんが大好きな少年

だったようです。

 

趣味登山もお父さんの影響で、目標は百名山制覇!

今では、悩みがあると一人で登っているそうです。

丹沢山塊によく行かれるようですよ。

 

海の側に住んで子供に「」という名前をつけた

り、登山をされていたりと、井之脇さんのお父さん

は、なかなかアウトドアな方のようですね。

 

また、井之脇さんが役者を目指したきっかけです

が、小学校の時、お母さんが病気になり、さらに

飼い犬のハナちゃんも病気になって、家の中が暗

くなり、親が自分を見てくれてないと感じたこと

だったそうです。

それでワーッと気持ちをぶつけたら、「じゃあ何がしたいの? 応援するから言いなさい」と言われて、テレビに出れば親が見てくれるようになるかなと思って劇団に入ったんです。

 

「応援するから言いなさい」って、素敵な言葉です

ね。

だから最初は、親が見てくれるなら歌手でもダンサーでも良かったんです。

そんな気持ちで始めた役者という仕事が、自分の中で確信に変わったのは映画『トウキョウソナタ』に出演してから。

僕のやりたいことはこれなんだ、と。

 

ホントに人って、何がきっかけになるか、わかり

ませんよね

 

学歴

日出中学・高等学校芸能コースを卒業。

もう役者の道を見据えての進学ですね。

お祖父様の関係もあるかな。

 

大学は日本大学藝術学部映画学科演技コースで、

現在、在学中です。

 

井之脇さんは『トウキョウソナタ』出演した時、

父親役だった香川照之さんにとても刺激を受けた

そうです。

その香川さんに「海、大学は出た方がいいぞ」と

言われて、大学に入ったそうなんです。

 

専攻の映画学科の演技コースでは、撮影など技術的

なことも学び、短編の監督作を2本撮って、そのうち

の1本をカンヌ映画祭に出品したところ、正式招待を

受けたそうです。

自分が楽しいから、作品を作りたいから俳優をやってるのであって、感動を届けたいとか、誰かに見てほしいとか、そういう思いは実は特にないんです。

もちろん主演をできるようになれば、それだけ役に深く関われるという意味では嬉しいですが、5番手なら5番手からの作品の見え方があると思うので、今は役の大きさに関係なく、少しでも多くの現場に関わりたいという気持ちが強いですね。

という井之脇海さん。

 

もしかしたら、将来は映画も撮るかもしれません。

スポンサーリンク


性格

僕は自分勝手な人間で。

とおっしゃる井之脇さんですが、高校時代は学校の

HPに掲載されるほど、真面目(?)かどうかはわかり

ませんが、模範的な生徒だったようです。

 

お祖父さんもお祖母さんも、かなりきちっとした

方々だと思われますから、きっと礼儀作法はバッチ

リだったのでは?

 

また、

  • 好きなお酒はウイスキーのロック
  • よく聞く音楽は、フィッシュマンズ、Beatles、U2。
  • 好きな東京の駅は 代官山
  • 好きな本はパウロ・コエーリョの「アルケミスト」。
  • 好きな香りは桐ダンスの香り
  • 好きな映画は「ポンヌフの恋人」。

 

ということから、かなりオヤジ臭い(失礼!)、

自己内省的なところがあるように思えます。

 

悩んだ時は一人で山に登っているというところ

からもそううかがえますしね。

 

僕、〝毎日すること〞が大好きなんですよ。入浴とか歯磨きとか。

靴紐を上手く結べたら、「あ、今日はいい日だ」とアガります。

地味な人なのかな。

だけど、どこか信頼できそうな感じの人です。

 

友達は少ない

ともおっしゃっています。

 

本当の友達って、一生に一人でも出会えたら

幸せだと思います。

 

高校の友人で今でも連絡を取っているのは、

プロドラマーの平陸たいらりくさんだけだそう。

若き天才プロドラマーと言われている方です。

井之脇さんは、SNSは怖いということで、

今のところは全くしていないようです。

 

以前はアメーバブログをしていましたが、今は削除

されていました。

 

こうしてみると、なかなかにアナログ人間かもしれ

ませんね。

 

私服

洋服は、無地のシンプルなものを着ることが多い

そうです。

いかにも井之脇海さんらしいです。

こう言う感じ?

 

 

こちらはスタイリストさんに着せられてますね。

あら、ちょっとキュンとしちゃった。

井之脇さんの私服画像ってあまり無いんですよ。

 

まあでも、お家の雰囲気からして、子供の頃から

わりとシンプルな服装だったんじゃないかと思い

ます。

 

登山のときは、どんな格好なのか気になりますね!

 

そんな井之脇海さんの自然な雰囲気に合わせてか、

CMもほっとさせる雰囲気のものが多いようです。

映画の予告編もどうぞ!

まだ21歳位の井之脇海さんが、これからどんどん

経験を積んで、どんな役者さんになっていくのか、

とても楽しみです。

 

若い男性でこういう方を知ると、なぜかほっとして

しまうなあ。

矢本悠馬(直虎)がかっこいい!あの真田丸の六郎?出身と両親を調査!

まとめ

井之脇海さんが「直虎」小野万福と重なって

見えてきました。

「直虎」は、最終回まで見逃せません!

 

黙々と山を登っている井之脇海さんの姿も

見てみたくなります。

 

自主制作の短編映画も観られるなら観てみたいし。

琴の名手の役とかも、やりそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です