原裕美子のバストアップ写真 原裕美子(マラソン)の結婚相手との破談理由は何?摂食障害も調査!

原裕美子(マラソン)の結婚相手との破談理由は何?摂食障害も調査!

原裕美子

女子マラソン元日本代表の原裕美子さんが、群馬

県太田市内で再び万引して逮捕されてしまいまし

た。

キャンディー1袋など3点(販売価格計382円)。

精神的な病を抱えていらっしゃるのでしょうか。

 

昨年7月30日、セブンイレブン足利大月町店で、

飲料水や化粧品など8点、約2,700円相当を盗んだ

として逮捕された事件は、地元のみならずマラソ

ンファンには特に、大きなショックでした。

 

この事件の裁判は宇都宮地裁足利支部(中村海山

裁判官)で行われました。

主文は、「懲役1年に処する、ただし3年間刑の

執行を猶予する」

 

量刑の理由については

大胆で手慣れた犯行であるが、背景に摂食障害があり、将来への不安などから投げやりな気持ちになって犯行に及んだことは「単なる利欲的な動機とはいえない。

刑事責任を明らかにしたうえで、今回に限り社会内で更生させる。

というもの。

 

さんは、

あの時に戻れるなら、あの時の自分に『やっちゃダメだよ』と言い聞かせたい。
このような大事になってしまったことを、胸に深く刻んで、一生忘れないようにし、治療に励み、再犯防止に努めて、失った信頼を回復させたい。
家族にもこんな辛い思いをさせないようにしたい。

と反省の言葉を述べていたそうです。

背景にあったのは「摂食障害」

 

今回のことも、これと関係あるのでしょうか。

あれほど反省されていたのに、いったい何があっ

たのでしょうか。

 

まずは摂食障害について知りたいと思いました。

スポンサーリンク


原裕美子さんのプロフィール

原裕美子の優勝時の顔写真
出典:JAAF

 

生年月日:1982年1月9日(35歳)

出身  :栃木県足利市

身長  :163cm

体重  :45kg

中学校 :足利市立山辺中学校

*お姉さんが陸上をしていたことから、自分も
陸上部に入り、栃木県代表になっています。

 

高校

  • 栃木県立氏家高等学校
  • 宇都宮文星女子高等学校(3年次)

 

*マラソンを本格的にやろうと思ったきっかけは、

高校時代に下宿していた恩師・櫻井氏の奥さんが

名古屋国際女子マラソンを走っていた話を聞いた

こと。

 

*2年の3学期に、全国高校駅伝に出るため転校。

半年間は高体連の試合に出られない規定があり、

インターハイには出場していない。

 

*その間、日本選手権の1万mに出場し9位(高校
歴代3位)。

3年生の時は全国高校駅伝に出場しました。

 

社会人になって

2000年、京セラに入社。

*2005年、初マラソンの名古屋国際女子マラソン

いきなり優勝。

 

そして世界陸上ヘルシンキ大会女子マラソンの

内定代に選ばれます。

 

*2005年8月14日、世界陸上ヘルシンキ大会女子

マラソンで6位入賞。

 

しかしヘルシンキ大会以降は故障が重なります。

3箇所の疲労骨折で、1年半全く走れなかった

のです。

 

*2007年1月28日、大阪国際女子マラソンで優勝。

翌年の北京オリンピック代表に内定します。

 

ところが胃腸炎などの体調不良で選考レースが

れず、その後の不調で代表から外れてしまいます。

 

*2008年、京セラを退社。

 

その後新天地で出直す計画がうまく運ばず、実家

で「孤独と限界を感じた」と引退も考えていた

さん。

 

お母さんは「そんなに苦しい思いまでして続けな

くていい」と、泣きながら訴えたそうです。

 

このどん底の時期に出会ったのが小出義雄監督

でした。

 

2010年1月、ユニバーサルエンターテインメント

入社し、小出氏のチームへ移籍します。

 

小出氏曰く、

練習で弱いけど試合で強い。有森タイプだな。

とのこと。

 

さんはロンドンオリンピックも目指して練習に

励み、北海道マラソン優勝を果たしますが、座骨

神経痛などの負傷が原因でそれ以上の成績は残せ

ませんでした。

 

2013年3月、故障の悪化等を理由によりユニバー

ルエンターテインメントを退社することに。

 

原裕美子さんの自己ベスト

  • 5000メートル   15分38秒81(2004年)
  • 10000メートル 31分24秒33(2005年)
  • ハーフマラソン 1時間09分28秒(2002年)
  • マラソン   2時間23分48秒(2007年)

 

その後は栃木県足利市南大町にて、一般市民ランナ

ーとしてフルマラソン等へ出場したり、陸上クリニ

ックの講師などをしていたということでしたが、

昨年の逮捕時はスーパーのパートをしていたとの

ことです。

かつて、

少しでもテレビに映って、1人でも頑張れるんだと、今度は私が勇気を与えられるようになりたい

との思いを語っていた原裕美子さん。

引退後の彼女について追っていきます。

スポンサーリンク


結婚破談

新郎新婦の体中心部の写真

原裕美子さんは現役引退後、足利市の外郭団体に

勤務していたのですが、結婚を理由に退職されま

た。

 

そして2016年10月29日に結婚したのですが、相手

の男性はなぜか、彼女を籍に入れようとしなかっ

そうなのです。

そのため、披露宴をあげたにもかかわらず破談に。

 

理由は今のところ明らかにされていませんが、今回

のことで、調べられるかもしれませんね。

 

さんは結婚資金として貯めていた400万円を全て

失ってしまったそうで、そのことでもずいぶん悩ん

でいたようです。

せっかく第二の人生を始めようとしていたのに…。

 

スーパーのパートをしていたくらいですから、生活

も大変だったに違いありません。

 

高橋尚子さんや増田明美さんくらい有名でないと、

元マラソン選手が引退後に食べていくのは、相当

大変なようなんです。

(マラソンに限らず、あまり有名ではないスポーツ

選手の引退後の生活は、やはり大変なようですが)

 

それでも最近、スポーツ用品メーカーとの契約で、

独自のサポーターを監修して発売間近だった時に、

今回の事件を起こしてしまい、お蔵入りとなってし

まったようです。

 

以前、「自分のことをどんなランナーだと思います

か?」と聞かれて

気持ちに左右されるランナー。気持ちで走るランナー。

と答えたさん。

 

結婚が破談になった後の彼女の気持ちは、おそらく

”どん底”だったでしょう。

 

摂食障害

原さんは選手時代、厳しい体重制限でかなりの

ストレスがかかり、摂食障害を発症してしまった

そうです。

もともと太りやすい体質だったのかもしれません。

 

2008年に京セラを退職して小出監督に出会うまで

に、10kgも太ってしまったそうですから。

 

引退後も、ストレスで食べては吐くことを繰り返し

ていたそうです。

食べたものをもどすウサギのイラスト

彼女の経歴をみれば、病気や人間関係にずいぶん

悩まされたことと思われますから、引退したことで

いくらか楽になったかもしれないのに、結婚相手の

婚約不履行は、摂食障害をさらにひどくしてしまっ

たことでしょう。

 

過食嘔吐

ストレスで食べては吐くことを繰り返すというの

は、過食嘔吐の症状だと思われます。

 

摂食障害になりやすい性格」というのがあるそ

うで、この病気になる多くの方が、まじめで完璧

主義、自己評価が低い、ストレスをうまくコント

ロールできない、などの特徴を持っているようで

す。

ストレスを感じている女性

さんに関しての評価では、「まじめ」というの

がよく挙げられますから、自分を追い詰めていく

性格でしょう。

 

ストレスで過食になって、後悔して吐くという

繰り返しだったのでしょうか。

 

命に関わることもある!

これを繰り返していくと、栄養不足になるのは

もちろん、悪化すると意識障害極度のうつ状態

になって死に至るケースも少なくないと言います。

 

合併症として、歯が溶ける・唾液腺の腫れ・高血

圧・食道炎などなどがあり、後遺症も多いんです。

 

やっと摂食障害が落ち着いても、健康を取り戻す

までにはかなり時間がかかります。

 

精神面での合併症もさまざまです。

気持ちが不安定になるのは当然でしょう。

 

またアルコールや薬物の乱用や自傷行為、万引き

暴力などの行動に出ることもあるそうです。

万引きをしようとする手のイメージ写真

捕まったら、解放される、早く楽になりたいと思っていた。
防犯カメラがあるのは分かっていた。
店員さんと目もあった。
でも、早く楽になりたいという思いばかりで、どれだけの人に迷惑をかけるのかを考えなかった。

原裕美子さんはこのようにおっしゃっています。

実は万引きはこの時が初犯ではなかったとの

こと。

 

誰にも相談できず、考えの幅も狭くなり、どんど

ん追い詰められていって、上記のような考えに

至ってしまったのではないでしょうか。

 

その後は食べ吐きや万引きへの欲求を抑える治療

のため、入院中と伝えられていました。

 

基本的には治る病気とはいえ、長くかかる方も

いるということです。

 

さんは、編み物をしていると、無心になれて落

ち着くことがわかったともおっしゃっていたんで

す。

 

昨年被害にあったコンビニからは、すでに示談に

応じただけでなく、被害届を取り下げ、寛大な処分

を求める嘆願書も作成し、これらを弁護側が証拠と

して裁判所に提出していました。

 

それも原裕美子さんの普段の姿が、地元でちゃんと

評価されていたからだと思います。

 

ご家族もサポートを約束されていましたし、周り

方々も彼女を支えてあげていたとおもうのです

が…。

 

今までの実績が帳消しになったりしませんように。

そして、摂食障害への理解がもっと進みますよう

に。

栗原恵は怪我で引退説も代表復帰の可能性?性格や兄妹も調査!

まとめ

スポーツ選手の引退後の生活ということについて、

考えさせられます。

いえ、中西麻耶さんのように、現役時代から資金に

苦労する選手は少なくないはずです。

子供の頃からそれ一筋でやってきても、スポーツ

選手の現役の寿命は、人の一生を考えると短いもの

です。

スポーツ界も、このことに関して、これからは

真剣に取り組むべきではないでしょうか。

 

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です