太田雄貴の年収(仕事)とグルメ度を調査!元カノ檀原彩と筋肉画像も!

太田雄貴のプロフィール写真


フェンシング太田雄貴さんが、笹川友里さん

(TBSアナウンサー、27歳)と結婚!

 

フェンシングってかっこいい」と思ってたのに

いざ試合をみると地味〜・・・。

しかもコスチュームが思ったよりカッコよくない

というイメージを払拭してくれた太田雄貴選手。

 

資金面での苦労も語っていて、就職できたと報道

されたときは、「よかったね〜」と思わず胸を

撫でおろしたものでした。

 

日本でフェンシングというものをメジャーにした

立役者ですよね!

 

ということで、今日は太田雄貴さんに迫って

みます!

スポンサーリンク


太田雄貴さんのプロフィール

生年月日: 1985年11月25日(32歳)

出身地 :滋賀県大津市

身長  : 171cm

体重  :69kg

趣味  :音楽鑑賞

好きな食べ物:寿司

 

所属  : 森永製菓

フェンシング種目:フルーレ
(フェンシングにはフルーレ、エペ、サーブルの
3種の武器があり、そのまま種目名になっている。
フルーレは一番軽い剣だが、フェンシングの技術
が集約されている)

 

経歴

高校時代にフェンシングをしていた父の影響で、

小学校3年生からフェンシングをはじめる。

親が言うから「仕方なくやる」という子どもでした

とのことですが、末っ子で負けず嫌いな性格で、

負けないためならいくらでも練習をしたそうです。

 

小、中学と共に全国大会で優勝。

平安高校(京都府)時代には、史上初のインターハイ

3連覇を達成。

高校2年生で全日本選手権優勝。

 

大学は同志社大学商学部

卒業後は就職せずに、フェンシングに打ち込んで

いました

 

2004年、アテネ・オリンピックでは9位。

2006年、カタールのドーハで開催されたアジア競技

大会で優勝。

これは日本人選手としては、28年ぶりの優勝でした。

 

2008年、北京オリンピック銀メダルを獲得!

日本フェンシング史上初の五輪メダルです。

日本でも大いに盛り上がり、私もTVの前でドキ

ドキして観ていました。

 

帰国してからのインタビューで「就職先募集中」

と語っていたんですよね。

それまでは本当にマイナーなスポーツで、スポン

サーなんて付くわけもなかったんです。

 

”ニート剣士”と呼ばれましたが、複数のオファー

が舞い込み、森永製菓に入社。

ウィダー事業本部に所属し、製品開発や改良、PR

を担当しているそうです。

 

2009年、森永製菓に所属のまま、フェンシングの

母国フランスのクラブチーム、エクス・アン・プロ

ヴァンスフェンシングクラブに期限付きで在籍して

います。

フェンシングの試合

メダルを取ったあと、ちょっと日本を離れたかったのもあって。

それで自分のことを誰も知らないフランスに行き、「競技を楽しむ」ということをもう一度思い出すことができました。

すごいフィーバーでしたもんね。

急激な環境の変化にとまどい、自分を見失いそう

になったのでしょうか。

フランスの選手たちは、チャラチャラ遊んでいても練習時間の集中力では日本では得難いものがあったり、逆にこんなに? っていうくらい抜きどころが多かったり。

でもこれをうまく融合させられれば、フランスよりも上に行ける、良いとこ取りをしよう、と。

大事なのは結果を出すことで、「自分はこれだけやったのだから評価されるべき」というような考えは彼らにはなかった。

勝つためだけの練習ができれば一番効率がいい。

それを意識している人と、していない人で差が出るんだと思います。

こうして情熱に効率を取り入れた太田選手は

「ルブニュー・チャレンジ」で優勝。

日本人選手として初めて、国際フェンシング連盟

ランキング1位に!

 

2010年、パリで行われた世界選手権では3位。

日本人選手で個人としては初めて、世界選手権の

メダルを獲得したんです。

 

2012年、ロンドン・オリンピックの日本代表に

なり、個人では3回戦敗退となったものの、団体

銀メダルを獲得。

日本史上初の、フェンシング団体でのメダルでし

た。

 

2009年より、「太田雄貴杯」を自ら企画・開催。

2012年にはフェンシングの普及を目的とする

「SUPER FENCING」プロジェクトを立ち上げ、

今では講演会ねどでも精力的に活動しています。

 

2013年、FIE国際フェンシング連盟のアスリート

委員に選出。

東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員

会の招致アンバサダーに就任し、開催決定に大きく

貢献しました。

 

現役引退後のプランとして、

どうしたらフェンシング界に必要な予算をもってこられるかなどといった、国とのパイプになるところで活躍することが、メダリストにできることではないかとも思うので、自分が必要とされ、力を発揮できる立場に就きたいと思います。

との考えを持っておられたので、今の活動は意にか

なったものなのでしょうね。

 

「フェンシング」と言っても「フィッシング?」

なんて問い返されていた時代を考えれば、まさに

月とスッポンの待遇!?

 

またこの時は「結婚は?」と問われて

まだ無理ですね。

自分の可能性をもっと広げたい。

と答えていましたが、ようやく落ち着く気持ちに

なったんですね。

 

スポンサーリンク


仕事と年収

太田雄貴さんは今年、日本フェンシング協会

会長に就任しています。

東京オリンピックに向けて、これは当然といえば

当然でしょう。

ただあまり裕福な協会ではないとのことですので

こちらは肩書きみたいなものでしょうか。

 

また講演会も行なっています。

講演料というのは人気に左右されますから、収入

となると一概には言えませんね。

 

でも東京オリンピックに向けて、ますます忙しく

なるでしょう。

 

さらに「WIN3株式会社」を設立し、代表取締役

に就任されています。

こちらは個人事務所ということです。

 

グルメ

OMG!!😳 I ate piranha first time🌲🐟🌳🌴 ピラニアを初めて食べました🐟 #amazon #piranah #restaurant

YUKI OTA. 太田雄貴さん(@yuki_ota_fencing)がシェアした投稿 –

あのアンジャッシュの渡部建が

日本で一番うまいモノ食ってんじゃないかな

と語るほどグルメ志向だという太田雄貴さん。

 

確かにTwitterやInstagramにもそのような写真

がたくさんあります。

 

食生活は「基本毎日が外食」だそうで、年間200件

も新規店舗に行くとか。

 

普段でも店に1年から半年前に予約を入れて、来

店までに何度も店に訪れて食材の確認や挨拶、

店主との信頼関係を築くようにするそうです。

 

予約日当日は朝食はプロテイン1杯のみにして、

さらにお腹を空かせるために、必ずジムでトレー

ニングをしてから行くといいますから、かなりの

熱の入れようです。

いかにお腹を空かせて、お腹ペコペコで挑めるかっていうのがものすごく大切

だということです。

 

フランスでグルメになったのかなあ。

もともと食べることが好きだったのかも。

 

渡部建曰く「ド変態メダリスト」だそうです。

 

モデルの元カノがいる?

太田雄貴さんは過去にモデルの檀原彩だんばらあやさんと交際

していたということです。

こっ・・・これは可愛い!

 

知人の紹介で、2009年頃から付き合い始め、

両親にも公認されて2011年には同棲を初めていた

のですが、2012年に別れています。

 

なんでもロンドンオリンピックを前に、檀原さん

に夢中になりすぎて練習にも身が入らなくなって

しまった太田さんが、別れを切り出したと。

 

檀原さんは泣く泣く身を引いたのでしょうか。

お互いのタイミングが合わなかったのでしょう。

「人生はタイミング」ですよね・・・。

 

でも檀原さんもその後出会いに恵まれて、2015年

に結婚されています。

 

筋肉

このTシャツ姿だけでも、筋肉の盛り上がりが

わかりますね!

 

筋肉がよくわかる画像はこちら。

筋肉①

筋肉②

 

脚の筋肉がわかる写真はみつからなかったんです

が、これは筋肉がつくわけだ!っていうのがよく

わかる映像がありました。

フェンシングの面白さがよく伝わります。

 

東京オリンピックでは裏方に回るのでしょうが、

太田雄貴さんのおかげで、フェンシングはます

ます盛り上がるでしょう!

 

まずは結婚おめでとうございます!

川内優輝の引退説と両親を調査!練習方法(メニュー)や場所が気になる!

2017.11.23

まとめ

太田雄貴さんを調べていたら、車椅子フェンシン

グもあることを知りました。

Lightning touch!!!! #nttdocomo #futurex #viobebe

YUKI OTA. 太田雄貴さん(@yuki_ota_fencing)がシェアした投稿 –

日本でもようやくパラリンピックの選手が注目

されてきています。

 

ゴールデンタイムにもテレビ放映すればいいのに

と、思っていましたが、東京オリンピックでは

それが叶うかもしれません。

 

太田雄貴さんはパラ選手の競技も取り上げて

いらっしゃいますね。

ぜひともこれからは、パラリンピックの方も

盛り上がってほしいと思います!

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です