田中志穂の使用ラケットや出身高校・大学を調査!彼氏はいる?

田中志穂の優勝時の写真

スポンサーリンク


田中志穂・米元小春ペア、スーパーシリーズ

ファイナルでの初優勝おめでとうございます!

世界ランクがまた上がるかもしれませんね!

 

ヨネタナペア、タカマツペアなどバドミントン

女子も強い人たちが続々出てきて、東京オリン

ピックではメダル独占も夢じゃない!・

 

今日はヨネタナペアの片割れ、田中志穂さんを

取り上げていきます。


田中志穂さんのプロフィール

生年月日:1992年9月5日(25歳)

私、37歳じゃないです

*世界バドミントン連盟の公式サイトで田中志穂

んの生年月日がずっと「1980年1月1日」と

誤記されていたそうですね。

今回の優勝でやっと伝えられて、さっぱりしたで

しょう。


田中志穂さんは写真左側です。

出身地 : 熊本県

身長  :161cm

体重  :58kg

利き腕 :右

血液型 :A型

所属  :北都銀行

最高世界ランキング:6位(女子ダブルス)

 

学歴

中学校

八代市立坂本中学校
  • 2007年
    全国中学校大会(福島県) シングルス8強
 

高校

青森山田高校

ペアの相方の米元小春さんと同じですね!
  • 2009年
    全日本ジュニア選手権大会(鳥取県) ダブルス8強
    インターハイ(大阪府) シングルス4強/ダブルス8強
    全国高等学校選抜大会(新潟県) ダブルス8強
  • 2010年
    インターハイ(沖縄県) ダブルス優勝
    全国高等学校選抜大会(埼玉県) ダブルス優勝
 

大学

法政大学 国際文化学部
  • 2012
    全日本学生選手権大会(兵庫県) ダブルス優勝/シングルス4強
*この時の画像はこちら
  • 2013
    全日本学生選手権大会(千葉県) ダブルス優勝/シングルス4強
  • 2014年
    全日本総合選手権大会(東京都) ダブルス8強
    全日本学生選手権大会(愛知県) シングルス・ダブルス優勝
 

実業団

北都銀行
  • 2015
    全日本総合選手権大会(東京都)・ダブルス4強
    チャイニーズタイペイOP GPG・ダブルス2位
  • 2016
    7/6~ US OP GPG・ダブルス優勝
    11/28~ 全日本総合選手権大会(東京都)
    ・ダブルス2位

スポンサーリンク



使用ラケット

ボルトリック70 E-チューン

●シリーズ:ボルトリック(VOLTRIC)

●商品コード:VT70ETN

●価格  :22,000円(税込23,760円)

●メーカー:ヨネックス

●グリップの太さ:G4,G5

●カラー :ホワイト

●長さ  :675

●重量  :3U,4U

●シャフトの硬さ・打球感:硬め

●生産国 :日本

●ヘッドバランス:ややヘッドヘビー
  • 推奨張力
    4U:19~24
    3U:20~25
  • フレーム素材
    高弾性カーボンフレーム
    +ナノメトリック
    +タングステン
  • シャフト素材
    高弾性カーボンシャフト
    +ウルトラPEファイバー、
    新内蔵T型ジョイント
    +T-アンカー
  • フレーム形状
    アイソメトリック
 
 

彼氏は?

やっぱり、というか全く情報なしでした。

田中志穂さんの情報自体が少ないのでなんとも

言えませんが、今はバドミントン一筋というとこ

ろでしょう。

 

相方の米元小春さんが誰かに向かって「いいなあ」

とつぶやいていましたが、田中志穂さんも同じ

気持ちでいるのかも。


今は二人で頑張って❤

 

ということで、田中志穂さん情報でした。

山田高校では、米元さんと田中さんは先輩後輩

の間柄だったんですね。

高校でもペアを組んだのでしょうか?

最後に田中さんのインタビュー映像をどうぞ。



米元小春の彼氏と結婚説や使用ラケットを調査!双子の姉と兄も選手?


まとめ

レシーブ力が北都銀行バドミントン部一という

田中志穂さんの試合の様子をゆっくり見たいと

言う方はこちらをどうぞ。



バドミントンの試合って、あらためてすごいな

と思ってしまいます。

よくあんな速い球(羽根?)が見えるよね。

女子シングルスのスマッシュ速度ランキングがあった

ので、のせておきます。
(2015年9月以降)
  1. ラチャノック・インタノン(タイ) 372km/h
  2. タイ・ツーイン(台湾) 360km/h 
  3. ワン・イーハン(中国) 359km/h 
  4. サイナ・ネワル(インド) 357km/h 
  5. カロリナ・マリン(スペイン) 356km/h 
  6.  山口茜(日本) 352km/h 2015年352km/h
  7. P・V・シンドゥ(インド) 349km/h
  8. 奥原希望(日本) 347km/h 347km/h
  9. ブサナン・オンバンルンパン(タイ) 343km/h 
もし喧嘩してビンタされたら首がもげるかも。

 

ヨネタナペア、東京オリンピックで活躍してね!

Print Friendly, PDF & Email

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です