齋藤ウィリアム浩幸の嘘!妻や子供はいる?株式会社インテカーとは?

話している齋藤ウィリアム浩幸

この度の一連の問題では大変お騒がせしております。
本件に関しての私の考えなどをブログで述べさせていただきました。
ご心配、ご迷惑をおかけした皆様には、心よりお詫び申し上げます

12月22日にこのようなツイートをされた

齋藤ウィリアム浩幸さんとは、どんな人物なので

しょうか(現在は削除)。

 

「内閣府のショーンK」とも言われていて、それ

経歴詐称してたってことですよね?

サイバーセキュリティーの分野で国際的に活躍し、ダボス会議でもヤング・グローバル・リーダーズに選出されるなど知名度も高い方なので、参与に就任してもらいました。

すでに内閣府の参与を務めていたので信用してしまいましたが、これまで政府や学会、民間企業で多くの役職に就いてきて、なぜ誰も詐称に気づかなかったのか不思議です。(経産省)

う〜ん、なんか大変なことになりそうです。

ではこの齋藤ウィリアム浩幸さんについて、私

自身にもわかりやすく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク


齋藤ウィリアム浩幸(サイトウ ウィリアム ヒロユキ)さんのプロフィール

生年月日:1971年3月23日(46歳)

生誕地 :カリフォルニア州ロサンゼルス

住居   :東京

出身校  :カリフォルニア大学リバーサイド校

著名な実績: 起業活動

*出典:ウィキペディア

 

経歴

参照 :Alchetron  William Saito 

●1969年に両親が日本からアメリカへ移住。

●1971年ロサンゼルスに生まれる。

 

●父親は化学者、母親は獣医で、熱心に数学を教

えたといいます。

 

●小学生の時に大学レベルの数学を理解し学内の

コンピュータを使い、中学生の時点でメリルリン

チなどでプログラムのコーディング作業を始めた

とそうです。

 

●10代で商用ソフトウェアのプログラミングを

始めたということです。

 

●パーソナル・コンピューターの将来性に着目し、

Tas Dieneタス・ディエネス(高校の同級生)と共にアイオー・

ソフトウェア (I/O Software) の名の下、ソフト

ウェアの開発と販売を始めたそうです。

 

●1987年にダミアン高校 (Damien High School)

を卒業(通常よりも1年早い)。

The Laconian: Damien HS – May 2015 

 

●16歳でカリフォルニア大学リバーサイド校 (UCR)

に入学、生体医科学の学位を取得。

 

●大学在学中にI/Oソフトウェアを設立。

*I/O Softwareについては大企業と記されている
ものの、当時I/O Softwareと提携していたネット
マークス社の発表では、2003年の時点で従業員
43名の中小企業であったそう。

 

UCLA医学部を卒業するも医師は1日で辞め

ベンチャー起業家になったとしていました。

*12月22日、ホームページ上で、これまで公表し
いたカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UC
LA)医学部卒
などの経歴が誤りだと訂正しまし
た。

UCLAの医学部を卒業し、医師免許を取得したという事実はございません。ここに訂正をさせていただくとともに、謹んでお詫び申し上げます。

●テレビ会議システムなどで失敗したあと、指紋

認証など生体認証暗号システムの開発で成功。

 

●その後ソニーのために PC ベースの指紋認証シス

テムを開発し、この製品は業界で多くの賞を受賞。

*I/O Softwareの当時のHPによると、この生体
認証システムというのは、ソニーの製品を取り
扱い、要素技術ではなく周辺ソフトの開発を
行っていたに過ぎないようです。

主に取り扱う商品はユーザー認証等に関わるも
ので、セキュリティと言っても一般に想像され
るような防犯に関わるものとは違うということ
です。

 

●すべての製造会社が適応できる生体認証デバイス

の共通プラットフォーム作成の重要性に気付き、

1990年代後半にBAPIと呼ばれるシステムを開発

したといいます。

*このBAPIは過去に存在した非標準の汎用APIで
、現在国際標準となっている
BioAPIとは別物で、
現行の規格では技術的
な系統も異なっている。

 

●1998年、アントレプレナー・オブ・ザ・イヤ

(アーンスト・アンド・ヤング、ナスダック

およびUSAトゥデイ主宰)を受賞。

 

●1999−2004年、アントレプレナー・オブ・ザ

・イヤー賞の審査員及び審査委員長を務めてい

ます。

 

●2000年5月、BAPIとその他アイオー・ソフト

ウェアの技術をWindows OSに組み込む契約交

渉をマイクロソフトと行ったそうです。

 

この技術のライセンス契約は、最終的に世界で

160以上の企業と結ばれ、米国規格協会 (ANSI)

及び国際標準化機構 (ISO) の規格となったと

しています。

*取得したと自称する特許については、日本、
アメリカ両国で、「齋藤 ウィリアム 浩幸」
「I/O Software」の両名義どちらにおいても
確認できない(特許を持たないのであれば、
160社と何のライセンスを契約したのかも
不明)。

 

●2001年、カリフォルニア大学リバーサイド校

非常勤教授となりました。

 

●2004年12月、アイオー・ソフトウェアマイク

ロソフトに買収されたとしています。

*12月22日のブログではこのように釈明していま
す。

当時のI/O社の唯一の事業は、BAPI技術に関連する事業でしたが、かかる事業を構成する特許権、プログラムなどの知的財産やその他のノウハウ等の技術情報をMicrosoft社に有償譲渡し、大多数の技術者にはMicrosoft社に移籍してもらいました。

私はこれまで、Microsoft社にI/O Software社を売却したと説明していましたが、正確な表現を心がけるならば、「事業全部の移転」と申し上げるべきかもしれません。

●2005年、日本に移住。

●2007年、モンテカルロで行われた世界プログラ

の審査員を務めました。


スポンサーリンク


株式会社インテカー

An International Technology Consulting and Advisory Firm

●2007年10月、活動の拠点となるベンチャー支援

コンサルティング会社インテカー (InTecur)

設立。

*情報・通信技術および IT セキュリティ等の分野
における革新的な技術の適切な用途と市場を見つけ
、開拓するための支援を企業に提供している。

*また、既存の技術を世界中の新たなる市場に適応
するよう調整し、経済変動に企業が対応できるよう
支援も行っている。

*ドバイなど世界3カ所にオフィスをもち、有望
なスタートアップ企業14社を育成している。

 

●2010年〜、特定非営利活動法人 日本医療政策機

の理事、j2 Global Japan有限会社の代表者、

The Chertoff Groupのアドバイザーを務めています。

 

●2011年、ヤング・グローバル・リーダーに選出

され、グローバル・アジェンダ・カウンシルとし

て特に女性のエンパワーメントに焦点を当てる

委員会の委員、そしてグローバル・シェイパーズ

・コミュニティ (GSC) 日本ハブ創設責任者

指名されました。

 

(このコミュニティは、個人、コミュニティ、

世界を結びつけ、若者に未来を形作るための

グローバルなプラットフォームを提供することを

目的としている)。

世界経済フォーラムとの関わりは2011年から。同年にフォーラムから「ヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)」、および「グローバル・アジェンダ・カウンシル(GAC)」のメンバーとして選出されました。

その後ボードメンバーにも任命され、ダボス会議はじめ世界経済フォーラムのさまざまなことに関わらせていただいています。

●2011年〜、財団法人日本再建イニシアティブ

評議員を勤めています。

 

アメリカ同時多発テロ事件後、アメリカ国防省

アメリカ連邦捜査局を初めその他の政府機関で、

セキュリティ部門のアドバイザーを務め、安全

保障の分野により深く関わるように。

 

特に、生体認証や暗号認証を含む情報セキュリ

ティおよび、連邦内の境界および国境の警備の

強化に携わり、アメリカ国防省の対テロ特別委

員会技術支援作業部会アメリカ連邦捜査局

の情報技術研究グループインフラ・ガード等

に関わったと自称しています。

 

米国規格協会国際標準化機構アメリカ国立

標準技術研究所(NIST)などの役員を務めたと

のことです。

 

●2012年1月、世界経済フォーラムグローバル

シェイパーズコミュニティのボード・メンバー

に任命されました。

 

●2012年1月、国家戦略室の委員(内閣総理大臣

直属の機関、各省庁間の計画や調整を推進する

ための司令塔)に任命される。

 

●2012年、国会の東京電力福島原子力発電所事故

調査委員会(NAIIC)の最高技術責任者(ITなど

のインフラ設備構築で手腕を発揮)と国家戦略会

議フロンティア分科会「繁栄のフロンティア」

分科会委員を務める。

(#DavosToday:@whsaito、日本政府特別顧問)

 

●2012年〜、財団法人 九州先端科学技術研究所

研究顧問となっています。

 

●2012年、日経ビジネス「次代を創る100人」

選ばれています。

 

●2013年〜、プライスウォーターハウスクーパー

スのアドバイザリーボード、シンガポール科学技

術研究庁 (A*STAR) 顧問、公益財団法人日産財団

の理事を務めています。

 

●2013年12月、内閣府本府参与(科学技術・IT戦略

担当)に就任       *12月13日付で辞任

 

●2013〜2014年、ダボス会議ジャパンナイト

司会を担当。

 

 

●2014年〜、株式会社博報堂DYホールディングス

のアドバイザー、独立作業技術総合研究所の客員

研究員を努めています。

 

●2014年〜、2020年オリンピック・パラリンピッ

ク東京大会の科学技術タスクフォース構成員となっ

ています。

 

●2015年〜、文科省の教育再生実行アドバイザー

パロアルトネットワークス株式会社の副会長を努め

ています。

参照:パロアルトネットワークスの副会長に 齋藤 ウィリアム 浩幸が就任

 

●2016年〜、株式会社ファーストリテイリングのア

ドバイザーを努めています。

 

●2016年10月、紺綬褒章を叙勲

(日本学生支援機構の推薦)。

 

●2016年10月〜、経産省参与に就任する。
*15日付で辞任

 

●2016年、Global Future Councilsメンバー

任命されました。

 

(起業家であり、世界経済フォーラムで活発な#slushasia16のスピーカー@whsaitoを見てください!)

 

●2017年〜、日本アイ・ビー ・エム株式会社

アドバイザー、国際司法裁判所のコミッショナー

に就任。

 

●2017年6月〜、株式会社日本航空の執行役員

(非常勤)に就任。

*本人から申し出があり、22日付で辞任しました
(広報部)。
理由は「一連の騒動で会社に迷惑をかけたため」。

 

他に、総務省、国土交通省、産業技術総合研究所

、情報処理振興事業協会などの機関に対して支援

協力の実績があるといいます。

 

もう何がどこまで本当で嘘なのか、分からなく

なってきますね。

 

2010年頃から、急に政府との関わりが増してきた

感じです。

 

*自民党のトーク番組「CafeSta」内のコーナー、「山本一太の直滑降ストリーム」。今回は、全世界を騒がせたランサムウェア「WannaCry」を長尾俊介氏、齋藤ウィリアム浩幸氏が解説します。

 

 

文部科学省のホームページより

今後の高校教育の在り方に関するヒアリング(第1回)齋藤ウィリアム浩幸氏(株式会社インテカー代表取締役社長)意見発表から抜粋(太字にしたところがあります)

私はアメリカのカリフォルニア州で生まれ育ちました。親は日本から1980年ぐらいに移民して、もうアメリカの生活の方が長いのですが、そこでやはり子供をのんびりした環境の中で育てたいということで、私をロスで生みました。

親は英語が全然できないということで、何か別のものをと思い、私に数学を教えたんですね。数学を教えてくれたのはいいのですが、私もだまされまして、小学校のときに日本の中学生用の本を使われて、教えられました。そういった経緯もありまして、アメリカの学校の先生が、もう数学は教えられないと困ってしまったんですね。

そこで、その学校の先生が私の両親を呼んで「数学はもう教えられないけれども、パソコンというものがあるので、ぜひそのパソコンを買ってあげて、それを教えてあげたほうがいいのではないか」と勧めました。

先生のアドバイスに従い、親は家を担保にして、ローンを組み、そのお金でパソコンを買いました。しかし私は、その次の日にパソコンを分解してしまいました。これはさすがにもとに戻さないと大激怒されるのではないかと思い、初めて分解したパソコンをもとに戻しました。そのおかげで、パソコンの中身をOJTで勉強することができました。

当時のメリルリンチ――今はバンクオブアメリカに吸収されてしまいもうない会社なんですけれども――証券会社のソフトを書いて欲しいという依頼を受けることになりました

当時、小学校5年生だったのですが、そこからビジネスというものを学び始めました。週末になると、父親が2時間かけて、お客さんのところまで運転してくれて、私はお客さんと打ち合わせを行いました。その次の週の放課後にそのプログラムを組んでいました。そこでパソコンというホビーでお金が儲かるという感覚が身に付いたんですね。

ただ、親の夢としては私に医学部に行って医者になってほしいということで、私はアメリカ西海岸のUCLAという大学の医学部に一応入ったんですね。ただ、アメリカの大学の場合ですと、医学以外にもいろいろな勉強をしなければいけなかったので、その中でやはり医学もいいのですが、コンピューター分野に興味もあったので、結果的に、お医者さんとしては1日しか働かなく、コンピュータービジネスのほうに進みました。親は2年ぐらい口をきいてくれなかったのですが、そういった中で、会社を始めました。

この会社というのは、実際大学の寮の中で始めました。空いている部屋を事務所かわりに使い、会社を大きくしていきました。寮を事務所がわり使うという例はよくある話なのですが。

何をしたかというと、まずうちの会社が当初開発していたのは、日本はちょうどバブルの時代で、タイミングよくウインドウズが発売する数年前の話だったので、あの当時のマイクロソフトのOSで日本語をどう表示するかという仕事をやったんですね。

その次に、どうやって日本語を印刷するかということで印刷機器のドライバを開発し、そして、周辺機器――プリンタ、CD-ROM、その他のいろいろ周辺機器のドライバを日本の会社と一緒に開発するようになりました。またカメラや動画関係のソフトウェア開発も行いました。

そんな中、私が19歳の時に、日本のNECさんから仕事をいただきました。ある日、NECさんがうちの事務所を見に来たいという連絡をもらいました。 寮の中に会社があるのはまずいだろうと思いまして、4日間の間に、場所を借りて、そしてパソコンやその他の機材を教室から借りたりして、会社を外に設立しました。

その後カメラから指紋認証の技術に集中していきました。指紋認証技術をその当時の通産省から補助金をいただいたりして、日本で標準化をして、またアメリカの政府のANSIやIEEEという組織からもお金をいただいて、アメリカで標準化しました。その結果、スイスのジュネーブのISO世界規格にもっていくことができました。今でも覚えていますが、22歳の若者がとよく皆さんにばかにされたんですけれども、IBMやHP、マイクロソフトと等と戦って、世界標準にできたおかげで、その後その生体認証の技術を160社以上とライセンス契約を行うことができました。

いろいろなご縁もあって、日本ともつながっていましたし、大学は医学部だったので、ビジネスもコンピューターサイエンスの授業もメインではとらなかったのですけれども、結果IT会社をつくった。様々なバックグラウンドや人とのつながりがあってできたことだと思います。

その後、5年ほど前に、会社をマイクロソフトに売却しました。当初は、日本で引退生活を送るために来たんですけれども、それはなかなかうまくいきませんでした。

先ほど池田先生がおっしゃったように、日本の若い人たちを見ていて、あまり元気がない。私がここまでこれたのは、日本の会社の方が10代、20代の私に仕事を与えてくださったおかげだと思いますし、大変感謝しています。その恩返しとして、日本の20代の皆さんとどのようにこれからのベンチャーやentrepreneursをつくるかということをミッションに、今までの5年間活動してきています。

今日この場を借りて、日本の教育や大学に入るまでの課程について議論ができればと思っています。

 

【参照】

DIAMOND ONLINE「日本企業は海外の後追いをやめない限り勝機はない」
齋藤ウィリアム浩幸 [内閣府本府参与] 【第22回】 2016年6月30日

山本一太の直滑降ストリーム@Cafesta ゲスト:武貞秀士 拓殖大学特任教授に関するイベントや講演会、インタビューの記事
スピーカー自民党 参議院議員 山本一太 氏
起業家/内閣府本府参与 齋藤ウィリアム浩幸 氏
長尾俊介 氏

 

スポンサーリンク


疑問点と謝罪または訂正

経歴について

12月22日、齋藤ウィリアム浩幸さんは自身の

ブログでこのように謝罪の文面を載せています。

ITの世界に魅了され、追求する中で医師の道を中途で断念したというエピソードを披露することを繰り返すうちに、事実と異なる経歴を語ってしまったことは私の過ちでした。

UCLAの医学部を卒業し、医師免許を取得したという事実はございません

 

世耕弘成経産相は22日、斎藤氏の起用について

知見や人脈に期待した

とし、氏が在任中に、省内の重要情報に関わった

ことはいないと釈明しました。

 

経済産業省ホームページ

世耕経済産業大臣の閣議後記者会見の概要

平成28年(2016年)10月18日(火) 閣議後記者会見

昨日10月17日付で、サイバーセキュリティ分野で国際的に活躍をされ、知名度も高い齋藤ウィリアム浩幸氏を経済産業省参与に委嘱をいたしました。
昨日は、私も入ってサイバーセキュリティ担当の幹部たちと早速意見交換をしてもらいました。サイバーセキュリティに関する課題の解決における官民連携の重要性や我が国におけるサイバーセキュリティ産業育成の必要性などについて御意見をいただいたところであります。
今後も、各種国際会議への対応やIPAに今設置準備を進めております産業系サイバーセキュリティ推進センター、この設立に当たっての海外有識者の招聘などについて幅広く御助言をいただく予定であります。

 

12月、投資家で作家の山本一郎氏がネット上で

UCLA医学部への在籍や、マイクロソフトによる買収が確認できない

と指摘しました。

 

またマイクロソフトの日本法人で会長を務めた

古川享氏がフェイスブックでこの記事を紹介し、

ホラ吹き男爵と呼ばれていて、私もマイクロソフトも被害にあった、私の知る限り最低のペテン師の真実が今暴かれる

と書き込んでいます。

 

ツイッターのフォロワー数について

山本一郎氏は、齋藤氏が近年、安倍政権の重要閣

僚も集まる政策勉強会で、ご自身について

 

Twitterで100万人のフォロワーがいるサイバー

セキュリティ専門家は世界広しと言えども私ぐらい

ではないかと思います」

 

という趣旨の発言をしたことに関し、このフォロワ

ーは買ったものではないか、との疑問も投げかけて

います。

 

これに対しては、齋藤氏は22日のブログで

一部では、私が、Twitterのフォロワーを「買っている」と批判されていますが、そのようなことは一切行っていません。
私は、2008年4月からTwitterを始め、その後、徐々にフォロワーが増えていくようになりました。基本的には、地道に投稿を繰り返し、講演の際に私のアカウントを紹介するなどしていたことが実を結んでいるものと理解しています。自らのツイートをより多く読んでもらいたいとの気持ちがあったため、Twitter社のプロモツイートを利用してプロモーションしていたことはありますが、フォロワーを買ったことなど、ありません。
なお、一部には、私からインタビューした結果について、フォロワーを買うための費用を支払った事実を認めたかのように紹介するものもありますが、事実関係は上記のとおりです。

と反論しています。

 

国会事故調査委員会CTOについて

国会事故調とは

東京電力福島第一原発事故の原因を究明するため、国会固有の国政調査権を背景に、政府からも事業者からも独立した調査委として衆参両院が2011年12月に設置。12年7月に約600ページの報告書をまとめ、事故を「自然災害ではなく、明らかに人災」と断定した。政府が設けた政府事故調査・検証委員会とは別組織。
出典:コトバンク

国会事故調CTO(最高技術責任者)の任命に関して

は、法的な裏付けが全くないということです。

 

国会事故調の委員長は黒川清さんです。

*1936年生まれ、医学博士(東京大学・1967年)。

勲等は旭日重光章

  • 内閣官房健康
  • 医療戦略室健康
  • 医療戦略参与
  • 東京大学名誉教授
  • 政策研究大学院大学アカデミックフェロー
  • 特定非営利活動法人日本医療政策機構代表理事
  • 認定特定非営利活動法人Teach For Japan理事
  • 一般社団法人HLAB理事
  • 医療法人社団松和会理事長
  • 東海大学医学部学部長(第3代)
  • 東海大学総合医学研究所所長
  • 日本学術会議会長(第22・23代)
  • 内閣特別顧問

 

などを歴任しています。

 

齋藤ウィリアム浩幸さんは委員でも事務局長でもな

く、正式には「調査員」であって、国会からの正規

の任用でもなく、調査業務の実務を担っていなかっ

たと見られるということです。

 

関係者によれば

最高技術責任者という役職もない」

そうです。

 

 齋藤ウィリアム浩幸さんの日本国内キャリアにおいて、当初は文部科学省の高度人材育成プログラムに齋藤ウィリアム浩幸さんが有識者としてヒヤリングを受けたとされる09年6月ごろ が公文書に出ている一番古い経歴ではないかと思います。これはヒヤリングを受けただけとみられます。何らかの役職についたり、大きな予算のついている部門の責任者や委員であったという話ではありません。

そして、2011年12月、突然、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(NAIIC 以下、国会 事故調)の委員に指名され、最高技術責任者(CTO)として着任したという内容が本人公式サイトや関係先のプロフィールによって公にされており、実際に彼の世界経済フォーラム(ダボス会議)の経歴書、CVにもそのように記述されています。

彼の日本国内キャリアは、実質的にここからスタートしたと言えるでしょう。

出典:YAHOO JAPAN ニュース「紺綬褒章、ダボス会議、経産省参与。齋藤ウィリアム浩幸氏の虚像と嘘」山本一郎  | 個人投資家・作家 12/9(土) 1:25

 

国会事故調元関係者の証言①

ある日突然、齋藤ウィリアム浩幸さんが来ました。国会事故調の委員長である黒川清さんから『PCなどに詳しい』と言うので、まあそうなのだろうということで、当時は誰も彼を見咎めたりはしませんでした

国会議事堂事務局関係者②

誰が入り誰がどういう役割なのかも分からないまま、80名以上の皆さんを受け入れるということで、非常にセキュリティチェックが甘かったようにも感じていました

国会事故調元関係者③

事務局長がタイトルを検討決定し、事務局が名刺を作りましたが、齋藤ウィリアム浩幸さんのCTO名刺をみたことはあります。実際に齋藤ウィリアム浩幸さんが国会事故調で何をしたかというと、パソコンの設置と(携帯電話端末である)ブラックベリーの手配です。それ以上のことは彼は何もしていないと思います

 

ところで齋藤ウィリアム浩幸さんは本当に

「サイバーセキュリティ専門家」なのでしょうか。

内閣府本府参与として、経済産業省参与として、

サイバーセキュリティ専門家として各種公的会議

に参画し、これらを通じて極めて高度な国家機密

に触れることができた立場にいたわけです。

 

専門的な知識がどこまでのものなのかは、本当の

専門家にしかわかりませんよね。

 

自由民主党の各議員や大物大臣だって、サイバー

セキュリティの技術的面に明るくない・・・・と

いうか、明るい訳がないでしょ!(多分です)

 

うまく取り入って、一度入り込んだらもう肩書き

ができる世界なのかもしれません。

サイバー攻撃がどうのとかいう前に、そっちの

方が怖いですね!

 

家族

辻田(齋藤)眸さん

画像はこちら。 

 

奥様の経歴がすごいです。

経歴

  • 2006年[お茶の水女子大学] 理学部情報科学科卒業
  • 2007年同大学院人間文化研究科数理情報科学専攻修士課程修了(短縮修了)
  • 2010年同大学院博士課程修了(短縮修了)。
  • 2006年にIPA「未踏ソフトウェア創造事業」に採択
  • 2009年より日本学術振興会 特別研究員DC [ヒューマンコンピュータインタラクション]の研究に従事
  • 2010年より米国[ジョージア工科大学]客員研究員
  • 2011年より日本学術振興会 特別研究員PD東京大学 [暦本 純一]研究室(この研究成果「笑わないと開かない冷蔵庫は、2012年の[グッドデザイン賞]ベスト100を受賞)
  • 2014年に株式会社[シンクフェーズ]を設立。
  • 2015年4月~ [津田塾大学]非常勤講師

 

プロフィール

コミュニケーション円滑化のためのプラットフォームの提供。
その他、経済産業省のIT人材ワーキンググループの委員や情報処理学会会誌編集委員、各種研究会の運営委員など。
2010年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科数理情報科学専攻博士課程修了(短縮修了)。
2006年にIPA「未踏ソフトウェア創造事業」に採択され、「遠距離恋愛支援システム」の開発を行う。
日本学術振興会 特別研究員DCとしてヒューマンコンピュータインタラクションの研究に従事、米国ジョージア工科大学客員研究員の後、日本学術振興会 特別研究員PDとして東京大学暦本研究室にて研究に従事。
この研究成果「笑わないと開かない冷蔵庫」は、2012年のグッドデザイン賞ベスト100を受賞。
出産を機に今後のキャリアについて考え、2013年に株式会社シンクフェーズを設立。

出典:ダボス会議にようこそ 第3回 妻が体験した「初めてのダボス会議」2015.03.20

 

株式会社シンクフェーズのページはこちら。(写真あり)

 

お子さん

辻田(齋藤)眸さんのプロフィールに

「出産を機に」とあるので、お子さんが

いらっしゃるようです。

このような写真があるので、女の子がいらっしゃ

るんでしょうね。

 

さてさて、この問題はいったいどういう方向に

転がっていくのか、まだ地上波では大きく取り上

げられてはいませんね。

 

これからの動向を見守るとしましょう。

野村沙知代の経歴と息子たちは?昔の名前や画像も調査!

2017.12.09

まとめ

”内閣府のショーンK”とされている

齋藤ウィリアム浩幸さんとは、本当はどういう

方なんでしょうか。

 

究極の詐欺師なのか、それともやりたいことを

やるためにより大きな力を利用しようとしたの

か、あるいは勘違い人間なのか・・・

どれでもないのかもしれませんし。

 

国会が大荒れになりそうかな。

(なぜかそうでもないみたいですね)

スポンサーリンク


2 件のコメント

  • アメリカのハイスクールでは、飛び級して、大学に早期入学すると、通常は卒業せずに大学に入学します(アメリカの大学の多くが高校卒業資格を要求していないため)。16歳飛び級入学が仮に事実ならば、彼の高校卒業というのは中卒であることを隠すための虚偽でしょう。反対に、高校を卒業しているのであれば、飛び級入学自体が虚偽で、普通に入学したのではないでしょうか。

    ショーンさんは高卒でしたが、この方は高校卒業証書を示さないかぎり、中卒の可能性が高いです。高校でも、大学でも、卒業資格を示す場合「クラスオブ何年」という風に年代を示します。それをしていない限り、高校も卒業していない可能性が大です。大学もそうですが。

    ちなみに、この私は90年代にWestLAで土曜の補習校も併設された学習塾に大学院生をしながら務めておりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です