ヨシダナギは写真も可愛い!彼氏や夫はいる?経歴と個展情報まとめ!

ヨシダナギのプロフィール画像


カメラが嫌いなフォトグラファー、ヨシダナギ

嫌いなことまでして生きたくない、という彼女の

姿勢に惹かれて写真を見たら、今まで見たことの

ないアフリカの部族の人たちの姿がそこにありま

した。

 

「なんかポーズとってる?でも不自然じゃなくて

かっこいい・・・」

 

『ナショナル・ジオグラフィック』みたいな現地

の写真じゃないのに、なぜかリアルな「今の部族」

の力強さを感じて、それを撮るヨシダナギさんの

ことを知りたくなりました。

スポンサーリンク


ヨシダナギさんのプロフィール

* 【 VOGUE×資生堂 】 * どうも、こんにちは。 モーター系の乗り物を運転すると人格が変わることが判明したヨシダです。 * VOGUE×クレ・ド・ポーボーテ(資生堂)さんの特設サイトにて、“新次元”というテーマでインタビューに答えさせていただいた記事が公開されました。是非、いつもとはチョット違う資生堂風のヨシダをご覧くださいませー。 * 記事はお手数ですがプロフィールに記載してあるHPからBLOGに飛んでご確認くださいませ。 * #ヨシダナギ #nagiyoshida #資生堂 #voguejapan #クレドポーボーテ #メイクって凄い #いつもより控えめな前歯 #クレイジージャーニー #makeup #cledepeau #shiseido

nagi yoshida / ヨシダナギさん(@nagiyoshida)がシェアした投稿 –


名前  :吉田 凪(ヨシダ ナギ)

芸名  :ヨシダ ナギ

生年月日:1986年7月6日

出身地 :東京都

身長  :160cm台
RIP SLYMESUさんと並んでる写真があり
ます。それからすると165,6cmくらいかな)

活動期間:2009年 ー

事務所:株式会社LIG

 

生い立ち

5歳の時テレビでマサイ族を見て、セーラームーン

や仮面ライダーに憧れるのと同じ気持ちで憧れ、

大人になったらアフリカ人になると思っていた

そうです。

 

子供の頃から基本的にあまり人と戯れるほうではなかったですね。

家にいるとお母さんが怒るので、団地の外で野良猫と遊んだり、いろんなもの拾って食べたりして遊んでました。

そのとき住んでいた団地の周りが結構面白くて。

裏山があったり、ザクロを拾って食べたり、木登りなんかもして楽しかった。

お父さんは無口な人で、家にいる時はプロレスば

かりして遊んでくれたそうです。

 

10歳のとき、両親にアフリカ人には慣れないと諭

され「すべて終わった」と思ったとか。

 

さらに両親が千葉県に家を買い引っ越すと、いじ

めに遭うようになりました。

 

中学に進学してからも続き、14歳、中学2年生の

ときに両親が離婚、父親に育てられるようになり

ます。

 

ついには「行ってきます」と家を出た後に、父の

通勤路を避けて時間を潰し、出勤後を見計らって

帰宅して引きこもり生活をするように。

 

でもお父さんは「しばらく休んで、また学校に行

きたくなったらいけばいい。」とパソコンを買っ

てくれました。

 

ネットアイドルに

2000年、14歳の彼女は、ネット上で小説を投稿す

るようになったことがきっかけで、出版社の男性

に自身のH.P.を作成してもらい、男性の依頼もあ

ってプロフィール画像を掲載しました。

 

するとそのプロフィール画像が可愛いと噂になり

、芸能事務所からグラビアアイドルとしてデビュ

ーすることになりました。

 

でも引っ込み思案で対人関係が苦手な彼女は、

すぐにアイドルをやめたいと思うように。

 

この頃までの彼女は、自傷行為や自殺未遂をくり

返し、両親には20歳までに自殺してしまうのでは

ないかと心配されていたそうです。

 

イラストレーターに

アイドルをやめるためにはどうするか。

「この仕事を辞めても就職先はないよ」と反対

されるも、やめて飲食のアルバイトをしてみま

したが、やはり馴染めずに首、の連続。

 

その後自分が得意なことは何かを考え、幼い頃

から絵はいつも褒められていたことを思い出し

て、イラストレーターを自称して活動を始めま

した。

 

この辺りが、引きこもっていたおかげなんだな

あと思います。

普通はこの行動力を奪われてしまうんですよね。

 

彼女は雑誌や絵本の挿絵の仕事などをしていた

ようです。

 

19歳頃にはガングロギャルになっていました。

マサイになれないなら、ヤマンバになってやる!

と考えたんだそうです😂

21歳の時には、一人暮らしを始めました。

そのためにずっとお金を貯めていたのだそう

です。

 

すべて親まかせの生活だった彼女は、手探りで

一人暮らしをはじめ、それが自分を立て直して

新たに生き直すきっかけになったようです。

生きることは死ぬまでの暇つぶし

 

フォトグラファーに

写真を撮り始めたのは21~2歳頃。

再婚したお母さんの子どもがフィリピンに留学

することになり、ヨシダナギさんも一緒に行く

ことになりました。

 

なんとなくカメラ持って行き、現地のスラム街

に入ってしまって子どもたちの笑顔に惹かれ、

その写真を撮ってブログに載せたら「写真うまい

ね」と言われ、絵を描くより楽だと思ったそうな

んです。

モデルさえいれば生み出す力は何もいらないと(笑)。

 

でも彼女の中で思ったほどの驚きが得られなかっ

たことから、お金を貯めて23歳の時にエジプト

エチオピアに向かいました。

もちろん最初から上手くはいきませんでした。

料理に虫をいれられたり、空港でパスポートを

投げられたり、アフリカ人にいじめられることも。

 

でも彼女はめげませんでした。

肌の色が黒いだけで、国籍がアフリカというだけで、彼らは白人たちからひどい差別や屈辱をうけてきた長い歴史があります。

私がやられたことは、彼らが白人たちにやられてきたことと同じ。

ある意味しょうがないことなんですよ。

日本でいじめを受けてきたヨシダナギさんには

彼らの気持ちがわかるのかもしれないですね。

スポンサーリンク


裸の写真家

幼い頃から憧れていたアフリカの各部族と会え

たのに、彼女はフラストレーションが溜まって

いきました。

 

彼らは以外にもビジネスライクで、「写真を撮

ったらさっさと帰れ」という態度でしか接して

くれなかったのです。

 

2012年、3度目のアフリカ渡航でカメルーン

山岳地帯に暮らすコマ族との撮影で、ナギさん

はついにある行動に出ました。

 

コマ族の女性は上半身裸で、下半身は葉っぱで

隠しているのですが、彼女も同じ格好になった

んです。

 

着替えを手伝ってくれた長老の4人の妻たちに

反対されながらも上着もパンツも脱いだところ

、皆が歌いだし、歓喜の舞で歓迎。

長老からも「わしの5番目の妻として迎えたい」

とプロポーズを受けました。

返事は

来世でお願いします

 

彼らは、同行していた通訳の男性が嫌らしい目で

見たりすると怒ったそうです。

普段パンツを履いて過ごしている人がそれを脱ぐ

というのは、恥ずかしいことなのだと理解してい

るんだそうです。

多くの日本男性より素敵かもよ!?

 

現地の部族に溶け込む方法ではあったでしょうが

、彼女にとっては幼い頃の夢が叶った瞬間なので

しょう。

 

2015年、TBSの番組「クレイジージャーニー」

エチオピアスリ族との撮影の様子が紹介され、

「裸の写真家」として有名になりました。

(そのことで)父親にアフリカ渡航を認めてもらえるようになりました

 

2016年3月、スリ族の写真集

『SURI COLLECTION』を発表

 

2017年5月、その写真集と、紀行本『ヨシダ、

裸でアフリカをゆく』が第48回講談社出版文化賞

の写真賞を受賞しました。

 

 

 

さて、ヨシダナギさんは裸になるだけではなく、

少数民族の食事も一緒に食べます。

虫とかは、よく世界の珍しい食べ物の紹介でも

ありますよね。

 

 

ヨシダナギさんにとってのアフリカ

  • 最近は(アフリカの)嫌な側面にも目を向けるようになって、嫌いなところも含めて見ることができるようになりました。
  • アフリカ人は常に自分が最優先。
  • アフリカ人は考えすぎない。5分くらい考えて答えが出なかったらそこで諦めちゃう!私も同じタイプだから気が合うのかも。
  • スリ族は世界一おしゃれな民族として有名。おしゃれをする時に他人の目というものは全く気にしていない。常に自分がいいと思ったファッションをしている。
  • アフリカに恩返しがしたい。彼ら彼女らの写真を撮っていなかったら一生引きこもりニートになってた。こんな私でも食べていくことのできるフォトグラファーという職業をくれたアフリカにはどんな形であれお返ししていきたい。
  • アフリカ人って基本的に頭を使わない。「貧乏だから金が欲しい」って言うから仕事を紹介しても、「何で俺が毎日8時間も働かなきゃいけないんだ」と言ってやらない。
  • 「頭を使わないとこのままだよ。もうちょっと考えてみようと」と言っても「それなら身体を売った方がいい」という感じで安易な稼ぎ方や、努力せずに棚からぼた餅を期待している人が圧倒的に多いんです。最初はそれが物凄く嫌でした。エゴかもしれませんが、こちら側がどんなに彼らのことを考えて何かを与えようとしても、大半の人が面倒なことは放棄するという手段に出てしまうので。
  • 現地に行って思ったのは汚職が酷いのと、子供たちが本の扱い方を知らないんです。教育が一切行われていないので、本は開いて読むものということすら分からないんですよね。
  • 昨日一緒に過ごした子供が死んじゃって、原因はもちろん分からなくて。お母さんが狂ったように泣き崩れていて、みんな付き添うんですけど、翌日にはそのお母さんが笑って踊っているんですよ。命の重みというか考え方が全く違い過ぎて、私には理解できないというか、正直キツイなって思いました。

結婚や彼氏は?

理想の男性は格闘家の蝶野正洋さんということです

が、彼女の周りには、噂になるような男性の影も

ありません。

* 【 TV appearance/TV出演のお知らせ 】 * Nagi will be appearing on the program “Crazy Journey” airing on TBS on Aug 16. Check it out! ——————————————— * 8月16日(水)20:54~ TBS「クレイジージャーニー」ゴールデン2時間SPにて、ヨシダナギが出演いたします。私自身、初となるアマゾン撮影取材の様子が放送となりますので是非、ご覧いただけたら嬉しゅうございますー!(恐らく全国放送だと思われます) * 放送日:8月16日(水)20:54~ 番組名:クレイジージャーニー(TBS) ※地域によって放送日が異なります。 * #ヨシダナギ #nagiyoshida #クレイジージャーニー #爬虫類ハンター #加藤英明 さん #アマゾン #少数民族 #amazontribe #photographer #tribe #africaamazing #beautifulpeople

nagi yoshida / ヨシダナギさん(@nagiyoshida)がシェアした投稿 –

加藤秀明さん、お似合いだと思いますが・・・。

情熱も話も合いそうですし。

 

これからのヨシダナギ

  • アフリカ人になりたいという思いは年々なくなってきました。見た目を変えることはできないし、国籍を変えても意味がないので。今は日本人としての発信力を活かして、アフリカ人の魅力を伝えていきたいと思っています。
  • 「空気が読める」日本人はすごい。
  • 原始的なアフリカはずっと残っていたらいいなとは思います。でもそれは私のエゴで、彼らが生活水準を上げたいと思えば、その文化はいつか廃れていってしまうだろうなとも思っていて、複雑な気持ちです。だから少数民族が残っているうちに写真を撮りたいです。
  • (アフリカ人と結婚したいとかは)ないですが、子供を養子にするのはいいかなと思います。
  • 最終的にやってみたいのは、アフリカの人たちが自力で生計を立てられる基盤を作りたいんです。都市化の影響で少数民族が持っている文化がどんどん失われていますが、彼らの文化こそ実はお金になるんじゃないかと思うんです。
  • 最初にやりたいのはエチオピアかな。過去に10回行っていっていることもあり、思い入れも強いので、とりあえずエチオピアで試してうまくいったら他の国で。
  • やりたいことは・・・、特にないですね!お仕事的な言い方すると、今度はブラジルの少数民族に会って見たい。

 

アフリカで写真を撮っているヨシダナギさんて、

以外におっとりしているというか、マイペース

なんですよね。

 

引きこもりの少女がまさかこんな大人になると

は、親の想像も超えすぎ!

お父さんは、子供の頃ナギさんにバックドロップを

しすぎたからこうなっちゃったと思っているらしい

です。

 

これから彼女の活動がどのように広がっていくのか

とても楽しみです。

 

個展情報

*この記事を書く時点でわかっているもの

デジタルインスタレーション「Tribe Walk」

【会期】
2018年2月3日(土)~2月25日(日)

【会場】
Kanzan Gallery(東京都・馬喰町)

【時間】
12:00-19:30(20:00閉廊)
日曜17:00まで(17:30閉廊)

【休廊日】
月曜(2月12日は開廊)、2月13日(火)

*入場無料

*来場者が定員を超えた場合入場制限あり

*2018年4月発売のベスト写真集「HEROES」
掲載予定のパプア・ニューギニア作品のお披露目と
各種オリジナルグッズの先行販売もあり

URL
http://www.kanzan-g.jp/nagi_yoshida_tribe_walk.html

 

「Tribe Walk」無料トークイベント

【日時】
2月10日(土) START:20:00 – 21:00

【会場】
Kanzan gallery|東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

【予約申込】
http://ptix.at/C5dF3W

【参加費】
無料(先着35名様)

※当日は19:30よりギャラリーにて受付開始。
(直接ギャラリーの入り口横のカウンターまで)

「Tribe Walk」無料トークイベント

【日時】
2月18日(日) START:17:30 – 18:30

【会場】
Kanzan gallery|東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

【予約申込】
http://ptix.at/dsK3ag

【参加費】
無料(先着35名様)

※当日は17:30よりギャラリーにて受付開始。
(直接ギャラリーの入り口横のカウンターまで)

 

まとめ

いろんな人を調べていて思うのは、人生って

その時点ではまだまだ答えが出ていないんだって

こと。

いつでも途中。

めげそうになると、そのことを思い出します。

「大丈夫、この先どうなるかわからないんだから

まだあきらめるのは早い」って。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です