村岡桃佳の障害と家族の協力!出身高校や大学はどこ?彼氏はいる? 

ストレッチ中の村岡桃佳


平昌冬季パラリンピックのメダル第一号は、

アルペンスキー女子滑降座位の村岡桃佳さん!

日本選手団の旗手を務めた方です。

 

2014年、初出場となった高校3年でのソチパラリ

ンピックでは女子スーパー大回転座位で5位

緊張のあまり 実力を発揮できず、旗門不通過で

失格になってしまったのです。

悔しさでいっぱいだったそうです。

次こそは、私もあそこ(表彰台)に立ちたい

アルペンスキーは自分との闘いですが、だからこそ滑り切ったときの達成感がすごい!

だから、どんなに寒くても、怖くても挑戦し続けたいと思える。

平昌ではメダル獲得を目指していきます。

そして思いが叶いました!

今日は村岡桃佳さんの特集です!

スポンサーリンク


村岡桃佳さんのプロフィール

名前  :村岡桃佳(むらおかももか)
桃の節句生まれだもんね。

出身  :埼玉県深谷市

生年月日:1997年3月3日(22歳)

身長  :150cm

体重  :37kg

ポジション:クラス LW10-2(座位)

得意な種目:ジャイアントスラローム(大回転)

たまの休みには寮でゴロゴロ。

遠征必需品は本。

 

学歴

【中学】
深谷市立川本中学校

【高校】
学校法人智香寺学園 正智深谷高等学校

【大学】
早稲田大学スポーツ科学部
(2015年入学)
トップアスリート入試を受け、障がい者アスリー
トとして初めての合格者
スキー部所属

*大学に通いながら、ワールドカップツアーに
出向いています。

*単位取得にはオンデマンドを活用

 

経歴

桃佳さんは今でも覚えているそうですが、4歳の

夏、家の近くのスーパーに出かけた時に、急に足

が重たい感じに襲われたそうです。

 

帰る時には両足が動かなくなっており、兄の背に

おぶわれて帰りました。

 

原因不明の横断性脊髄せきずいによる下半身まひ。

この日以来、車いすでの日々が始まったのです。

 

こんなことがあるんですね!

事故か何かで障害を持ったのかと思っていました。

聞いただけでもショックです。

 

もともとは外で遊ぶのが好きだった桃佳さんです

が、車いすだと鬼ごっこをしても、友だちは誰も

追いかけてこない。

気を使われるんですよね。

子ども心に、すごい複雑でした

そして部屋にこもるように。

人前に出るのが怖くなってしまった桃佳さんを

変えてくれたのが、スポーツでした。

 

きっかけは小学1年の時、県内で開かれた障害者

の陸上大会に応援に行ったこと。

 

陸上競技を始め、車椅子で競技場を活発に動き回る

彼女の姿に、関係者が障害がある子どもを対象に

スポーツキャンプを開いている団体を教えてくれた

のです。

 

小学2年の時には親子でキャンプに参加。

陸上やテニス、バスケットボールを楽しみました。

 

小学3年の時には、福島県であったチェアスキーの

体験会に出場。

 

怖がらずに滑ったものの、転倒すると大泣き!

でもスキーを続けたかったそうです。

風を感じて一人で滑る感覚がとても楽しかった

 

そして 森井大輝たいき選手(37)らに憧れ、中学で

スキーに本格転向。

当時、チェアスキー競技で世界大会で戦える女子選

手はたった2人しかいなかったため、「桃佳も挑戦

してみれば!世界に行けるよ!」と周囲から期待の

声を掛けられ、甘い気持ちで始めたとのこと。

 

でも中学3年生で初めて海外試合に行き、初めて海外

のトップスキーヤーたちの滑りを目の当たりにして

目の色が変わり、「自分もこんな風になってみた

い」と強く感じたそうです。

 

高校2年でソチ大会に出場し大回転5位、回転9位。

2015年、パラスポーツ選手として初めて早稲田大の

トップアスリート入試に合格しました。

 

主な成績

  • 2014年 ソチパラリンピック スーパー大回転 途中棄権 / 大回転 5位 / 回転 9位
  • 2015年 IPC世界選手権(カナダ) 滑降 2位 / 大回転 3位
  • 2017年 IPC世界選手権(イタリア) 滑降 3位 / スーパー大回転 3位 / 大回転 3位
  • 2017年 IPCワールドカップ(白馬) スーパー大回転 1位 / スーパー大回転 2位 / 大回転 3位
  • 2017年 IPCワールドカップ(韓国) 滑降 3位 / スーパー大回転 3位 / スーパー大回転 2位 / 回転 2位
  • 2017年 IPCワールドカップ(オーストリア)大回転 4位 / 大回転 2位
  • 2018年 IPCワールドカップ(カナダ)スーパー大回転 3位 / スーパー大回転 3位

 

村岡桃佳さんの障害

村岡桃佳さんはシッティングクラススポーツ

LW10-2というクラスです。

 

シッティング(座位)クラスは、 下肢に障がいが

あり、立った状態で滑ることが難しい選手が該当

するカテゴリー。

 

チェアスキー に乗り、ストック代わりのアウトリ

ガーと呼ばれる用具を持って滑ります。

チェアスキー
出典:日本障害者スキー連盟 アルペン協会「アルペンスキーについて」

 

(シートに座って身体をベルト等で固定し、
スキーを操作します)。

 

シッティング(座位)クラス(チェアスキーを使用)

  • LW10-1 下肢および上部腹筋の機能がなく、座位バランスがない選手(例:脊髄損傷・脳性麻痺)
  • LW10-2 下肢の機能障害および上部腹筋に軽度の機能障害があり、座位バランスが 不良の選手(例:脊髄損傷・脳性麻痺)
  • LW11 下肢に機能障害があり、座位バランスが中程度の選手(例:脊髄損傷・脳性麻痺)
  • LW12-1 下肢に機能障害があり、座位バランスが良好な選手(例:脊髄損傷)
  • LW12-2 下肢に何らかの切断がある選手 (例:両大腿切断)

 

それぞれの選手に障がいの重さ(程度)に応じた

係数をもうけ、実走タイムにその係数をかけた

計算タイムで順位を決定しています。

(チェアスキーを)滑る魅力としての一番の醍醐味は、時速100キロにもなるというスピードです。

ダウンヒルでは時速100キロにもなりますので、それはもう、本当に怖いですよ、本番でも練習でもいちいち怖いですから(笑)。

それからもう一つの魅力としては、アルペンには基本タイムとか標準タイムがないというところです。

山も違えば、天候も違います。

その日のその時の自然との闘いが勝負ですので、記録更新や自己ベストを目指すというよりも、どれだけ自分の納得のいく滑りをできるかが勝負だというところが面白いと思います。

当然、自分の納得のいく滑りができた時は、やはり記録も良いですし、滑り終わった時の達成感も格別です。

スポンサーリンク


家族

父・母・姉・兄・妹の六人家族。

ご兄弟の様子はわかりませんでしたが、桃佳さん

がスキーを続けるのには、家族の協力なくしては

有りえなかったでしょう。

 

チェアスキーを始めるにあたって、実のところ

コーチや指導者もいませんでした。

桃佳さんはずっとお父さんに教わってきたのです。

 

お父さんは、村岡秀樹さん(46歳)で、水道関係

の自営業をしていらっしゃいます。

 

お父さんもスキーは趣味程度。

競技に携わっていたわけではありませんでした。

二人で本当に手さぐりの練習。

 

秀樹さんは、見守るだけでなく、娘と同じ目線を

経験しようと、陸上競技用の車椅子「レーサー」

に乗ったそうです。

 

うまく進めず、お互いに「どうすれば速く走れる

か」を真剣に話し合いながらの練習でした。

ゲレンデはめちゃめちゃ寒くて、父と二人で寒さに耐えながら半泣きで練習していました

 

桃佳さんは今でも、「寒いし凍傷になるし、なん

でスキーやってるんだろうな」と思う時もあるそ

うです。

 

でも父とのコソ練(コソコソ練習すること=自主練

習)のおかげで自分でも手応えを感じるほど滑れる

ようになっていき、高校1年の終わりには、トップ

選手たちが「え、どうしたの?」と驚くほどに成長

していました。

 

そして早大に進み、スキー部に所属して寮生活。

日本代表チームの合宿や遠征も増え、自宅で過ごす

のは1年のうちわずかになりました。

 

でも遠征から帰国した時などには秀樹さんが空港へ

迎えに行きます。

車内での会話は競技の専門的な内容が増え、秀樹

さんは「私はもう分からない」と苦笑いしていた

そうです。

娘の成長ぶりが嬉しくてたまらないようですね。

 

今回は銀メダルをとり、大泣きしているのは

お父さんかもしれません。

 

早稲田大学は桃佳さんの入学にあたり、バリアフリ

ーに改装されたのですが、トイレの手すりなどの

チェックを入念にしてきたのは、お母さんのさん

だったそうです。

 

彼氏

全くない!

噂も見つかりませんでした。

オリンピック目指していたんですから、気持ちが

恋愛には向かないよね。

 

それに、アルペンスキーの女子選手って、性格

ははっきり言って「ヤンキー」だそうです。

(言い方が悪くてごめんなさい)

 

男勝りもいいところで、並みの男性では腰が引

けちゃうとか、かつてオリンピックに関わった

ことのある主人は言ってましたけどね。

 

生身で100キロのスピードを出してんです。

そりゃあ、かなり強いと思うよ!

 

倉田秀道さん(監督)

(左から2番目が倉田秀道さん)

当時早稲田大学スキー部の監督だった倉田秀道

んは、入学が決まった時点で、女子寮のバリア

フリー化を提案し、実現してくれます。

 

倉田さんは勤務先のあいおい損害保険株式会社

から出向し、1999年から助監督、2003年から

監督に就任しています(早稲田大学競技スポー

ツセンター客員准教授)。

 

当時は障害者アスリートを受け入れるかどうか、

学内には反対論もあったのですが、部員45人全員

が受け入れに賛成しました。

 

倉田さんも、部員と共にきちんとスキーをしてい

桃佳さんを見て、受け入れる決意をしたそうで

す。

寮の改修費は600万円。

(100万円は匿名の寄付だったそうです!)

 

桃佳さんにとってこれはかなりのプレッシャーに

もなったかもしれませんが、スキーに打ち込むこ

とこそが感謝の表し方だったのでしょうね。

入試前にはスキー部の先輩に受験指導をしていただいて晴れて合格することができ、その後も周囲のサポートに助けられました。

スキー部の卒業生や大学に寄付をしてもらい、スキー部寮のバリアフリーを整えてくださいました。

単位も日本にいる前期にまとめて授業を取るようにして、遠征に出る冬季はオンデマンドの授業でカバーするなどして何とか必要単位を取得しています。

早稲田大学で学業を積みながら、スキーにも打ち込める環境をとても感謝しています。

 

倉田さんは今、あいおいニッセイ同和損害保険

経営企画部で、障がい者スポーツ、パラリンピッ

ク支援のプロジェクトチームリーダーを務めてい

ます。

 

2020年東京オリンピックに向けても、障害のある

選手の社会参加に本格的に取り組んでいらっしゃ

るようです。

 

チェアスキーのパラリンピックメダリストである

大日方邦子さんらとの対話や障がい者選手との交

流を通して、人材活用に思い至ったということで

すが、きっかけをつくったのは村岡桃佳さんかも

しれません。

応援されるだけでなく、選手自身が所属する地域や社内でどんな貢献ができるか、能動的に考え、双方向な関係になることを目指して雇用アスリートの『チームビルド懇談会』を実施している。

単なる障がい者の法定雇用率確保が目的ではない。

人材として障がい者選手を活用しようという試み。

まずは契約社員として競技生活を支援し、将来、現役引退後は正社員として雇用を継続する。

そのためにも社会常識、企業人が必要なスキルを学ぶ仕組みも構築していく。

 

桃佳さんの活躍は、これから日本社会が障害を

普通に受け入れていくきっかけにもなるのかも。

 

「とりえもない私が、少しでも意味のある発信が

できる。それがすごくうれしいんです」

桃佳さん。

 

平昌パラリンピックは、今までにないくらいTVで

紹介されていますが、まだまだ観る人は少ないか

もしれません。

 

でも続けていけば障がい者スポーツがもっと身近

になって、健常者スポーツと同様に見ていて楽し

めるようになっていくと思います。

 

その意味でも、東京オリンピックが楽しみです!

安藤サクラの障害と演技力!学歴や経歴を調査!NHKは託児所で応援?

まとめ

村岡桃佳さんは、開会式で旗手を務めると決まっ

た時、

「行進の一番前で、あの光景を見せてもらえる」

と喜んだそうですね。

可愛い!

ソチオリンピックの光景が浮かんだのでしょう。

今後は

種目は何にでもチャレンジしていきたいので、その先には全種目制覇もやってみたいという気持ちもあります。

 

100キロを生身で体感している人って凄いよ。

滑っている時が一番自由を感じるのかも。

その頑張りを見せてくれることが、きっと社会を

変えていく力になっていくことと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です