筥崎宮おはじきの値段と買える場所を調査!放生会と白彫会とは?  

筥崎宮はこざきぐう で製造中止になった放生会ほうじょうや おはじき」

に代わり、今年から新たに「筥崎宮おはじき」

発売されることになりました。

 

写真を見たら、とっても可愛い!

これは欲しがる人がたくさんいると思います。

 

でも私は今回ニュースで初めて知ったので、何で

製造中止になったのかとか、なんで神社でおはじき

を売るのかもわからなかったので、調べてみること

にしました。

スポンサーリンク


筥崎宮って?

筥崎八幡宮はこざきはちまんぐう とも呼ばれる日本三大八幡の一つ。

八幡宮とは、八幡神(日本で信仰される武家の

神様)を祭神とする神社で、八幡神社八幡社

八幡さまとも呼ばれています。

起源となった総本宮は宇佐神宮(大分県宇佐市)

だそうです。

 

日本三大八幡宮は、宇佐神宮石清水八幡宮

(京都府八幡市)、筥崎宮のこと。

 

筥崎宮「戦勝の神様」とも言われているそうで

す。

 

博多湾沿いの福岡市東区箱崎にあり、「君が代」

の歌にある「さざれ石」がありました!

*画像はこちら

パワースポットになっているようですね。

 

(もっとも「君が代」の歌詞の由来となった

さざれ石は、岐阜県揖斐川町春日にあり、岐阜県の

天然記念物に指定されていて、周囲は「さざれ石

公園」で、伊吹山の登山口にもなってます)

 

放生会

春の博多どんたく・夏の博多祇園山笠、秋の筥崎

宮放生会は博多三大祭りと言われています。

 

「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実り

に感謝する」お祭り。

千年以上続く神事だそうです。

 

期間は9/12〜9/18の1週間。

人は他の生き物の生命のおかげで生かされていると

いうことに感謝の気持ちを捧げ、あらゆる生き物の

霊を慰め、さらなる商売繁盛、家内安全を祈る神事

だということです。

 

放生会おはじき

毎年放生会の初日に限定販売されていたもの。

「厄をはじく」とされる縁起物で、昭和初期に

いったん途絶えたのですが、1980年に復活。

 

最近は1箱25個入り3千円で、祭り初日に

1200箱が売り出されていました。

 

人形師が手作りした丁寧な仕上がりと「和食」

「九州旅めぐり」など、毎年テーマを変えると

いうのも評判で、即日完売。

 

希少性の高さから人気が沸騰し、神社周辺で徹夜

組が順番などを巡って争ったり、騒音や駐車待ち

の車に周辺住民から苦情が出たりするトラブルが

続出。

 

対応のために神事などに支障が出ることもあった

上、発売直後にインターネットのオークションに

出回ることも多く、問題視されるように。

 

白彫会はくちょうかい

「放生会おはじき」を作っていたのは博多人形師

団体「白彫会」で、昭和23年に発足した、個性尊

重と内面の表現を課題とする博多人形師の作家集

団です。

 

博多人形は、経済産業大臣指定、福岡県の伝統

工芸品の一つ。

⇨博多人形 白彫会

可愛くて色が綺麗で、面白いものもたくさんで、

見ているとついつい欲しくなるものだらけ!

博多に行ってみたくなりました。

 

ただ白彫会では、人形師が1人で2千個以上の

おはじきを作らなければならないことで「本来の

人形作りができない」との声が上がっていました。

 

更に会員の高齢化が進む中「10年後も今のように

作るのは無理」との指摘も。

 

伝統工芸の世界はどこも、後継者が育っていない

という問題がありますね。

 

でもこんなに美しいものが途絶えるのは残念すぎ

るし、日本の伝統工芸として、海外でも人気が

出そうですけど…。


スポンサーリンク


筥崎宮おはじき

加熱しすぎの「放生会おはじき」に代わり、新た

に作られたのが「筥崎宮おはじき」です。

 

「放生会限定」販売をやめ、デザインは固定し、

「敵国降伏」と書かれた楼門の扁額へんがくや、国指定

重要文化財である黒田長政建立の一之鳥居いちのとりい

千利休が奉納した石灯籠いしどうろう放生会の露店など、

筥崎宮ゆかりのデザインがなされた20種。

 

種類は少なくなった分、一つずつが少し大きめで、

彩りも豊かになりました。

 

今までと同じく「白彫会」の手作りで、計20個が

1セットで、2種類あります。

 

  • きり箱入り(税込 3千円、2千個)
  • 額縁入り(税込 1万2千円、200個)

 

あらかじめ入荷日がホームページで告知され、通年

で販売されるなど、誰でも購入できます。

 

どこで買えるの?

今年は3月21日に販売が始まりますが、初回は

混雑が予想されるため、前日に配られる整理券

必要とのこと。

 

初回の21日分は、筥崎宮20日午後7時から整理券

を配布し、21~31日に、お守り授与所で引き換え

形で販売するそうです。

 

次回の販売は6月頃の予定で、在庫がそろえばお守

り授与所で常時販売するんだそう。

 

急がなければいつでも買えるようになりますね。

年数回の販売予定だそうですから。

 

お土産にもいいし、部屋に飾っておくのも、華や

かでいいですね!

https://moonliver.club/7305.html

まとめ

こんな素敵なおはじき、ぜひ欲しいです。

「厄を弾はじく」なら、全国の神社で真似して

売り出しそうな気もしますね。

でも人形師がつくっているというのが、さすが

筥崎宮おはじき

人気が落ち着くには、しばらくかかりそうです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です