一力遼(囲碁棋士)は河北新報の御曹司!出身高校・大学や年収を調査!

一力遼


天才囲碁棋士・井山裕太七冠にいま一番迫って

いる若き囲碁棋士・一力遼いちりきりょう 八段

 

囲碁といえば、うんと小さな頃、母の実家に

ひいお爺ちゃんの碁盤があって、五目並べをやっ

たことはありますが、本当の囲碁陣取り合戦

ですよね。

 

その後は漫画『ヒカルの碁』(少年ジャンプ1999

〜2003連載)を読むまで、囲碁とは縁が無かった

んですが、さらにその後の「AlphaGo」には

驚かされました!

 

これから囲碁の世界はどうなっていくんでしょう

か。

 

今日は棋聖戦・王座戦・天元戦の最年少挑戦記録

など、最年少記録を多数お持ちの一力遼さんを

調べてみたいと思います。

スポンサーリンク


一力遼さんのプロフィール

  • 名前  : 一力遼(いちりきりょう)
  • 生年月日: 1997年6月10日(20歳)
  • プロ入り: 2010年
  • 出身地 : 宮城県仙台市
  • 所属  :日本棋院東京本院
  • 師匠  : 宋光復
  • 棋士段位: 八段
  • タイトル獲得合計: 5

 

【七大タイトル】

  • 棋聖 : 挑戦者(2018)
  • 王座 : 挑戦者(2017)
  • 天元 : 挑戦者(2016・17)

 

【世界タイトル】

  • 獲得数 1回

 

【タイトル】

  • グロービス杯世界囲碁U-20(20歳未満の若手棋士による国際棋戦) 優勝 (2014)

【棋風】

早見え早打ちの天才肌、いわゆる本格派で、

一気に攻めたてる切れ味があります。

優れた大局観と柔軟な発想を持ち、序盤から

意欲的に勝負を仕かけていきます。

 

【性格】

自分では「おとなしい性格」とのこと。

でも対局では一変して、目つきが鋭くなります。

気持ちの切り替えは得意。

課題は集中力を途切れさせないこと。

 

学歴と経歴

  • 5歳の時、お父さんに囲碁を習いました。
  • 2005年仙台市立片平丁小学校2年で、少年少女囲碁大会全国大会に出場し、3位になった参加者に敗れ、2勝1敗でリーグ敗退
  • 2008年、小学5年の4月に「もっと碁を学びたい」と、母と共に都内に転居。

 

  • 2010年、都立中高一貫校である東京都立白鴎はくおう高校付属中学に入学し、夏季棋士採用で6月の棋士採用試験入団試験とも言い、囲碁のプロ棋士を採用する試験)にて院生順位1位により入段(棋士に採用されること)を果たしました。
  • 同年9月、初段となります。
    (棋士として採用されるのは男女共に採用時に23歳未満)

 

  • 2011年、第8回中野杯U20選手権 3位。

 

  • 2012年1月、二段(賞金ランキング)
  • 同年10月、第9回中野杯U20選手権 優勝
  • 同年11月、第7回若鯉戦 準優勝

 

  • 2013年1月、 三段(賞金ランキング)
  • 同年4月、東京都立白鴎高校に進学。
  • 同年5月、第4回おかげ杯(30歳以下の棋士により行われる囲碁の棋戦)で優勝
    (棋戦 → プロの囲碁大会)
  • 2013年8月、第20期阿含・桐山杯 準決勝進出。
  • 同年9月、16歳3カ月16日で第52期十段戦 本戦入り十段戦本戦入りの最年少記録)。
  • 同年11月、第8回若鯉戦で初の公式戦優勝

 

  • 2014年1月、四段(賞金ランキング)
  • 同年3月、第39回棋聖戦リーグ入りし、規定により16歳9カ月で七段昇段(井山裕太さんの17歳10カ月:2007年棋聖戦リーグ を抜き、三大リーグ入りの最年少記録)となりました。
  • 同年5月 、第1回グロービス杯世界囲碁U-20で、韓国の羅玄ナ・ヒョン 、中国の連笑Lian Xiaoといった次世代最強と言われる棋士を下し、決勝で日本(台湾出身)の許家元Hsu Chia Yuanを破り、国際棋戦 優勝
  • 同年5月16日、第5回おかげ杯 二連覇
  • 同年9月、第39期新人王戦で、17歳3カ月で史上最年少新人王となりました。
  • 同年11月11日、第1回イベロジャパン杯(非公式戦)で優勝

 

  • 2015年、第62回NHK杯では準優勝
  • 同年10月、第17回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強(韓国、日本、中国の3国の、各国5名のチームによる勝ち抜き戦)の第1-3戦で、依田紀基よだのりもと以来10年ぶりとなる3連勝を達成(賞金ランキングは 9位)。

 

  • 2016年4月、早稲田大学社会科学部に入学。
  • 同年9月、第42期天元戦で優勝し、井山裕太 天元への挑戦権を獲得。
    (現行の七大タイトル戦史上、10代の挑戦者は2008年の名人戦に19歳で登場した井山に続き2人目)
  • 同年9月、第26期竜星戦の決勝で井山裕太を下し、優勝。
  • 同年9月27日、第18回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦の第1戦、棋界の第一人者・李世乭イ・セドルを撃破した。
  • 棋道賞きどうしょう(年間で活躍した囲碁棋士に贈られる賞)最多勝・最多対局賞受賞。
  • 賞金ランキングで自己最高の3位。

 

  • 2017年、中国の団体戦「中国囲棋甲級リーグ戦」に重慶チームのメンバーとして参加
  • 同年8月25日、第65期王座戦本戦決勝で芝野虎丸七段に勝利し、井山裕太七冠への挑戦権獲得。
  • 続き8月31日、第43期天元戦本戦決勝で山下敬吾九段を破り、2年連続で井山裕太七冠への挑戦権を獲得。
    挑戦手合計十番勝負を行うことになった)
  • 更に11月9日、棋聖位挑戦者決定戦山下敬吾九段に勝利しアドバンテージの1勝を合わせて2勝となり挑戦権獲得。
    20歳7カ月での棋聖位挑戦は史上最年少記録

 

*これで史上初の3棋戦連続同一カード「十七番勝負」となった。

  • 11月10日、三大タイトルの挑戦権獲得にて規定により八段に昇段
  • 20日、王座戦挑戦手合井山裕太王座(七冠)に3連敗し敗退
  • 24日、天元戦挑戦手合井山裕太天元(七冠)に3連敗。

  • 2018年棋聖戦挑戦手合井山裕太棋聖(七冠)に4連敗

 

*これで王座戦・天元戦・棋聖戦と続いた対井山との挑戦手合は一力の10連敗と完敗になりました。

 

河北新報社とは?

仙台市に本社を置く新聞社で、東北地方のブロッ

ク紙(販売地域が複数の都府県にまたがる地方紙

のこと)である河北新報を発行しています。

スポーツ・文化事業や出版事業も行っています。

 

東日本大震災で被災し、本社のサーバーは倒壊、

多くの支局も販売網も津波で壊滅しました。

 

その模様を綴った『河北新報のいちばん長い日』

が2011年10月30日に文藝春秋より刊行され、

「震災で困難に直面しながら、地元新聞社として

の役割と責務を果たした」として、2011年に

第59回菊池寛賞を受賞しています。

 

家族

祖父は、元河北新報社社主一力一夫さん、

父は河北新報社代表取締役社長一力雅彦さん、

叔父(一力雅彦の弟東北放送代表取締役社長

一力敦彦さん。

 

祖父・一力一夫さん 1925年(大正14) 9月8日〜2014年(平成26) 7月20日

河北新報社元社長である一力次郎氏(一力健治郎

の次男)の長男。

*一力健治郎氏 → 河北新報社創業者(社主)

 

日本相撲協会横綱審議委員会委員(1988年-2001年)と

しても著名であり、第8代の横綱審議委員長(1999年

-2001年)も歴任しています。

囲碁、将棋、空手、柔道、剣道、弓道、全て高段者

オレがもう少し早く社主になっていれば仙台場所が本場所になっていた

というのが口癖だったといいますから、さぞ

おっかないおじいさんだったろうなあ。

 

父・一力雅彦さん 1960年5月14日 – 

一力一夫氏の長男。

河北新報社代表取締役社長であり、東北放送社外

取締役

仙台経済同友会代表幹事

公益社団法人ACジャパン副理事長

 

叔父・一力 敦彦さん 1962年6月23日 –

一力一夫氏の次男。

中央大学理工学部卒業後、河北新報社に入社。

電通出向等を経て、2010年に東北放送代表取締役

社長に就任。

 

大学に入ったわけ

一力遼さんは一力雅彦氏の一人っ子なので、将来は

家業を継がなければならないため、プロの囲碁棋士

であり若手のエースでもあるのに早稲田大学へ入学

したとのことです。

 

棋士がプロになってから大学に入るのは、極めて

異例なこと。

 

ご本人としては、

大学で学び、さまざまな人と交流することで、価値観を広げたい

という思いがあったとのこと。

 

「社会科学部」を選んだのは、政治やメディア論

など幅広い領域を対象にしているため。

新聞社の社長になるんでしたら、もっともな選択

ですね。

年上の人と接することが多い囲碁界と違い、大学では同世代と付き合える。

生活も規則正しく、碁にプラスになる。

確かに、囲碁に専念してほしいという声はたくさん聞きましたし、私自身も葛藤はありました。

しかし、大学に行くことで棋士としての自分に対してマイナスになることはないと判断しました。

対局等の棋士の務めと学業の両輪となりますが、時間が限られるからこそ集中できるということもありますし。

とのことです。

 

年収は?

日本の給与所得者全体の平均年収は300万円~

400万円だそうですが、囲碁棋士の年収ってどの

くらいなんでしょうか。

まずは囲碁の大会の奨金額から見てみましょう。

 

囲碁の優勝賞金

【7大タイトル戦】 (男女共通) 

  • 棋聖戦(第41期) :4,500万円
  • 名人戦(第42期) :3,200万円
  • 本因坊戦(第72期):3,000万円
  • 王座戦(第65期) :1,400万円
  • 天元戦(第42期) :1,300万円
  • 碁聖戦(第42期) :800万円
  • 十段戦(第56期) :700万円

 

井山裕太七冠はこれらを独占してるんですよね。

ってことは、全部足すと1億4900万円!

 

でもプロ野球なら、あまり驚くほどの額では

ないですよね。

う〜ん、高いのか低いのか・・・。

ただ野球選手よりは選手生命(?)は長いか…。

 

【準タイトル戦】

  • 阿含・桐山杯        :1000万円
  • 王冠戦(第58期) :200万円
  • NHK杯(第64回)   :500万円
  • 竜星戦(第25期) :600万円
  • マスターズカップ (第6回 フマキラー):500万円(準優勝150万円)
  • 若鯉戦 (第11回 広島アルミ杯)     :300万円
  • 新人王戦     :200万円

 

【女流棋戦】

  • 扇興杯女流最強戦 :800万円
  • 女流立葵杯    :700万円
  • 女流本因坊戦   :550万円
  • 女流名人戦    :500万円
  • 女流棋聖戦    :500万円

 

【現在の七大タイトル保持者】(2018年十段戦挑戦手合終了時)

  1. 棋聖 :井山裕太    6連覇
  2. 名人 :井山裕太       –
  3. 本因坊本因坊文裕   6連覇
  4. 王座 :井山裕太    3連覇
  5. 天元 :井山裕太    3連覇
  6. 碁聖 :井山裕太    6連覇
  7. 十段 :井山裕太    3連覇
  • 本因坊文裕 → 井山裕太(1989年5月24日・28歳)の号(本因坊としての名前)。
  • 「文裕」は知恵を授ける文殊菩薩の「文」、自分の名前から「裕」をとった。
  • 「本因坊 」→ 昭和になって創設された、囲碁の棋戦の一つである本因坊戦に優勝した棋士に贈られるタイトル

 

囲碁棋士の平均年収は、将棋のプロ棋士を上回っ

ていて、約1000万円程度だそうです。

一力遼さんは間違いなくここに入ってますね。

 

でもプロ棋士で年収1000万円にとどいている人は

1割もいないとの噂も。

 

囲碁棋士の初段の基本給は3万円だとか!

囲碁だけでは生活ができなくて、アルバイトや

囲碁教室などの指導料も大事な収入源なようです。

 

それでもやっていけなくて、辞めていく棋士も

いるとか。

プロ棋士生活を下支えするのが『参稼報償金』だ。

「これは毎月の手当に相当する“基本給”のようなものです。

ある引退したプロ棋士のブログによると、《順位戦のクラス・各棋戦の実績・棋士年数によって参稼報償金は査定され、下位のフリークラスの報償金は、B級1組の4分の1》と記されています。

クラスは、上から順にA、B、Cに分かれ、BとCはそれぞれ1と2に分かれ、C2の下がフリーです。

推測ですが、フリーは10万円以下ではないでしょうか」

出典:Woman excite 一流と下位層に大きな開きが…意外に少ない「プロ棋士の年収」

勝負の世界は厳しい!

スポンサーリンク


AlphaGo(アルファ碁)

Google DeepMind(イギリスの人工知能企業)が

開発したコンピュータ囲碁プログラム。

2015年10月に、人間のプロ囲碁棋士を互先たがいせん

(ハンディキャップなし)で破った初のコンピュータ

囲碁プログラムとなりました。

 

2016年3月15日の勝負はニュースでも大きく取り上

げられましたね。

 

李世乭イ・セドル(35歳・2000年代半ばから2010年代前半に

おける世界最強の棋士とされている)との五番勝負

で3勝(最終的に4勝1敗)を挙げ、韓国棋院に名誉

九段を授与されました。

また、2017年5月には、柯潔コ・ジェ(20歳・ニックネーム

は「大帝」)との三番勝負で3局全勝を挙げ、中国

囲棋協会にプロの名誉九段を授与されました。

 

一力遼さんはあの勝負を見て、どう思われたんでしょうか。

やはり李世ドル九段が敗北したこと自体の衝撃はありました。

しかし、一方で「AlphaGo」が囲碁の可能性を掘り起こしてくれた、という気持ちも強いです。

棋士もそれぞれの捉え方をしていますが、大筋では前向きに捉えている人が多いように思います。

やはりショックはショックですよね。

 

その後、Google DeepMindAlphaGoを人間

との対局から引退させると発表しました。

 

ところが!

2016年末~17年始め、ネットの囲碁対戦サイト

「Master」を名乗る打ち手が出現し、世界の

トップ棋士を相手に60戦60勝という驚異的な

戦績を挙げて話題を集めたんです。

 

その後、開発者のデミス・ハサビス氏がツイッタ

ーで、「Master」「AlphaGo」の新バージョン

であると明かしました。

ずるいよ!

いや、気持ちはわかるけどさ。

 

一力遼さん、今度は?

「Master」の碁はかぶりつきでずっと見ていました。

国際戦で活躍している世界のトッププレイヤー達が軒並み負かされていて、しかも内容で圧倒していました。

囲碁のテクニックという狭い意味合いで言えば、「Master」こそが衝撃だったと言えるかもしれません。

他の棋士も、「Master」に影響を受けている人は多いと思います。

「Master」にはちょっと勝てないかな・・・と感じてしまいました。

ああ、そうなんだ〜・・・。

勝てないかな」って、思っちゃった?

韓国では囲碁が盛んなのですが、AlphaGoが人間を

超え韓国・中国・日本のプロに60連勝するほど強く

なっていることで囲碁人気が低下していると、朝鮮

日報が報じたそうです。

無理もないか・・・。

 

では日本の状況はどうなってしまうんでしょうか。

だって人間がやる意味あるのかなって、ちょっと

思っちゃったんですけど・・・。

同じ形を見ても、これまで人間が捉えていた認識と違う解釈を見せられたようで、そういう考え方もあるのかとハッとさせられました。

そういう意味では自由度が増したと言えますが、やはり今までの常識や考え方というものも確かにあるので、囲碁AIの打つ手をすぐに理解するのはなかなか難しいです。

棋士としては、こうなったら囲碁AIのいいところを吸収していこうという感じですね。

 そりゃ、前向きに捉えていかないと、この先

碁を打てなくなっちゃうよね。

 

「コンピューターは固定観念が無い」というのが

人間との違いとしては大きいみたいです。

 

だけど「そこでどうしてその手を?」というのに

コンピューターは説明がないんだよね。

一力さんには理解できるのかな。

自分で納得する前にただ真似をするというのはちょっと・・・。

ただ、先ほど言ったとおり、今までにない概念が現れたので、可能性が広がったとは言えますね。

一力さんでもそうなのか〜…。

 

井山裕太七冠「Master」との勝負に敗れたと

言われています。

【AlphaGo(アルファ碁)】masterVS井山裕太の棋譜!秀策のコスミが炸裂!【囲碁解説】

強いの一言。

中央のとらえ方で、人間との感覚の違いを感じた。

とおっしゃていたそうです。

またNHKのインタビューに、

コンピューターの打ち方は参考になる

とも。

 

そのAlphaGo「Master」が、新しく開発された

AlphaGoZeroに早くも負けました。

もう、どうなっちゃうんでしょうね、一力さん!

AIの登場以降は顕著になったことですが、既存の「棋士としての在り方」というものが変わったような気がします。

今までの棋士は棋力と言うものさしが非常に大きなウェートを占めていたのですが、AIが登場してからはそのように単純な図式では考えることができなくなると思います。

 えーと、具体的にはどういうこと?

すでに囲碁では人間を超えたという事実がある以上、他の分野・職業でも遠からずAIが人間を超えてくる状況は当然考えられますし、想像よりも早い可能性ももちろんあるでしょうね。

棋士について言えば、仕事がなくなるということはないと思っていて、人間同士で打つことに意味があると思っています。

将棋もAIに勝てなくなっている状況は囲碁と同じですが、藤井聡太四段が出てきてすごいブームになっていることを見ると、やはり人間同士の戦いは人を惹きつけることができると感じています。

棋士も含めて、囲碁をどのように調理してファンの皆さんに提供するか、さらには既存のファンだけでなく、囲碁を知らない人にどのように認知してもらうかということを考えるのが本来的に大事だとも思います。

 確かに、将棋の人気は高まっていますね。

 

一力さんは、もっと囲碁ファンを増やすために

どうしたらいいのかを日々考えているようです。

 

そういえば新聞だって、この先は今まで通りの

やり方では生き残っていけないでしょうし、

跡を継ぐ前に考えないと大変そう。

ただ碁を打つだけではなくて、発信する側としての活動も鍛えるという意味があります。

棋士は特殊な職業なので、上の世代の方との交流が多くなる一方で、学校に行かないと同世代の人たちがどういうことを感じて、何をしているのかを知る機会が比較的少ないです。

なので、私は世間一般の感覚を取り入れるようなイメージで囲碁以外のことに取り組んでいますね。

大学に進んだのは、そういう意味もあったんで

すね。

 

彼女に関しては何の情報もなかったんですが、

これでは恋愛どころではないのかも。

彼女のイメージ

コンピューターには、恋愛は今のところできない

けど、それが囲碁に生かされるかどうかは謎?

というか無いかな・・・。

 

囲碁の人気は、将棋に比べて今ひとつどころか、

かなりかけ離されてる感じです。

 

どうしたら人気が出るんですかねー。

囲碁は、お金はかからなそうだし、ルールも

4つぐらいだっていうし、それなのに難しそう

に見えるのはなぜなんでしょうか。

 

でも韓国みたいに盛んじゃ無いぶん、望みは

あるのかもしれないですね!

脳トレのためにやってみるのもアリ!

 

 

子供のうちからやっていれば、そうとう頭が

よくなるかも!?

森内俊之はカレー好き!嫁や弟子がいる?伝説やかつら説はガセか調査!

2017.11.02

筥崎宮おはじきの値段と買える場所を調査!放生会と白彫会とは?  

2018.03.13

まとめ

囲碁の世界も若手が出てきていますね!

一力遼さんはその筆頭!

 

井山裕太七冠という化け物が、いい目標に

なりますよね。

 

AlphaGoZeroというとてつもないお手本も

あることだし、もしかしたら日本の囲碁世界

の未来は明るいのかも!?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です