永田寛哲(ピクシブ社長)の経歴!結婚は?セクハラで訴えたAさんとは?

永田寛哲のイラスト


strong>『虹のコンキスタドール』を脱退したAさん

当時のプロデューサーであり、現ピクシブ社

社長・永田寛哲さんをセクハラで訴えました。

 

そのAさんに対し、永田寛哲さんは名誉毀損

訴訟を起こしていた?

 

そしてAさんからも、永田さんと当時所属して

いたピクシブ社と、その子会社であるピクシブ

プロダクション社ディアステージ社に対して、

永田さんのセクハラ行為に対して損害賠償を

求める訴訟を起こしています。

 

何がどうなっているんでしょうか?

セクハラの内容は?

 

日本では#metooがなかなか盛り上がりませんが、

伊調選手へのパワハラ問題とか、相撲の土俵に

女性が上がれないとか、日大タックル問題も根底

には日本の社会の問題点が潜んでいると思います。

 

今日は永田寛哲さんと今回の問題について

追ってみたいと思います。

スポンサーリンク


永田寛哲さんのプロフィール

生年月日:1979年1月25日(39歳)

出身地 : 香川県観音寺市

【職業】

  • ピクシブ株式会社代表取締役社
  • 株式会社ユービック代表取締役
  • ディアステージ取締役
  • 女性アイドルグループ『虹のコンキスタドール』プロデューサー
  • 小板橋英一名義で編集者・ライターとしても活動

父親は歯科医でしたが、家庭の都合で幼少時代

は各地を転々としてしたそうです。

 

学歴・経歴

1991年、開成中学校に入学。

ここでpixivピクシブ開発統括となる青木俊介さんと出会っ

ています。

 

1997年、開成高等学校を卒業

同年、東京医科歯科大学歯学部に入学。

 

在学中にモーニング娘。に衝撃を受け、学業そっち

のけでハマる 「モーヲタ」となりました。

 

同時に小板橋英一の名義でフリーの編集者、ライタ

ーとして活動を始めています。

 

始めはアイドルやアニメに関する記事を書いていた

そうですが、やがてインターネットブームが到来、

だんだんとウェブサイトを作るとか、ネットのコン

テンツを作る側にシフト。

ついに大学を6回次で休学。

 

  • 2006年に株式会社ユービックを創業し、代表取締役に就任。
  • 2007年1月、クルーク株式会社(現ピクシブ株式会社)取締役副社長に就任。
  • 2014年、ピクシブ社のアイドル事業を主な事業の一つとして行う「ピクシブプロダクション社」を設立。
  • 同年、サウンドプロデューサーに福嶋麻衣子(もふくちゃん)を迎え、ピクシブ「つくドル!」プロジェクト開始。
    同プロジェクトより生まれた女性アイドルグループ・虹のコンキスタドールの総合プロデューサーを務める。
  • 2018年(平成30年)、ピクシブ株式会社取締役会長に就任、ディアステージ取締役に就任
    (アクアルナ・エンターテイメント代表取締役・ArcJewel総合プロデューサーの桂田誠氏も同時にディアステージ取締役に就任)

 

  • 福嶋麻衣子(もふくちゃん)
    ・・・
    34歳。でんぱ組inc.のプロデューサー。
    萌え系ライブ&バー「秋葉原ディアステージ」、アニソンDJバー「秋葉原MOGRA」を運営していた
    2014年より、虹のコンキスタドールのプロデュースに携わっており、約1年間ぐらいのロードマップみたいなものを作り、そこから逆算する方式でプロデュースを手掛けている。
    2017年現在、合同会社テキトーカンパニー代表社員。

 

つくドル!プロジェクト

ピクシブ株式会社が展開するアイドルプロジェ

クト。

 

2014年、デビュー曲制作チームと選考委員として

作曲に前山田健一(ヒャダイン)さん、

プロデュースに福嶋麻衣子(もふくちゃん)さん、

衣装デザインに人気イラストレーターの岸田メル

さん、振付師の竹中夏海さん、

アニメ監督の水島精二さんが参加。

 

総合プロデューサーにピクシブ社で副社長(当時)

だった永田さんが就きました。

pixiv発!「アイドルになることだけが、夢じゃない!」
声優やイラストレーター、コスプレイヤー、振付師などクリエイターとしても活躍していく。
そんな新しいアイドル「つくれるアイドル」=「つくドル!」

このプロジェクトからは

  • 虹のコンキスタドール
  • 都築かな (現在はフリーでアイドル活動)
  • 白森さわ (イラストレーター)
  • ぴくし部(ピクシブ株式会社が運営するイラスト・漫画・小説の投稿、閲覧に特化した会員制サイト)

などが生まれています。

 

  • ピクシブ株式会社
    ・・・イラストコミュニケーションサービス。
    フジテレビとのTV番組「いらこん」の企画制作や、村上隆さん率いるカイカイキキとのギャラリー・pixiv Zingaroを運営を行うなど、一般的なIT企業とは違ったアプローチによって、様々なカルチャーやクリエイターに関わる事業を行っています。
  • 村上隆
    ・・・
    1962年生まれの56歳。
    現代美術家、ポップアーティスト、映画監督。有限会社カイカイキキ代表取締役、元カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員教授。
    アニメ、フィギュアなどいわゆるサブカルチャーであるオタク系の題材を用いた作品が有名。
  • カイカイキキ
    ・・・
    芸術事業の総合商社。
    アーティストマネジメントを核に、ブランディング、作品の販売等を行っている。

スポンサーリンク


永田さんのアイドル観

アイドルのイラスト

永田寛哲さんのインタビューより。

アイドルって、そんなにスキルがあるわけじゃないんです。
歌だったら 歌手のほうが上だし、ダンスだったらダンサーのほうが上だし、演技だったら女優のほうが上なわけです。
だからこそ、アイドルという存在そのものとして魅力・価値を出さないといけない。
逆に言えば歌やダンスが上手いだけでは駄目で、スキルの習得や上達といった分かりやすい目標がないんです。

 

「人気」なんてあやふやなものを集めたり、達成するためのメソッドなんて確立されていないんですよ。
そんな「人気」を集めるというあやふやな目標に対して、貴重な青春時代を費やすという……。
それはとんでもなく大変なことです。

アイドルになるような子って、一般レベルからしたら当然かわいい。
かわいい女子中高生というのは、人類のヒエラルキーの頂点にいるはずなんですよ?

遊んでいれば人生で一番面白いはずの時代なのに、そんなあやふやなものに対して情熱を傾ける──その脆さや儚さがアイドルの美しさなんですね。
だから、真剣に応援したくなる。

 

フラットに考えるとアイドル卒業後の出口というか、将来像というのがあるはずなのに、そういう道筋を切り開いた人がいないのでみんなどうすればいいのかわからない。

そういった子たちに「他の道もあるんだよ」ってことを教えてあげたいという思いがあります。
それに対して信憑性を持たせるためには、やっぱり成功事例がないといけないので、「つくドル!プロジェクト」ではそれを作りたいです。

 

大もとはモーニング娘。なんですよね。

学業そっちのけでハマったことがあるからこそ、

応援する側の気持ちが分かるのでしょう。

 

で、「アイドル」という賞味期限が終わった女の

子たちの、その後の人生に責任を持って対処して

いこうということなのでしょうか。

 

Aさんの訴えとは

Aさん(22)は「虹のコンキスタドール(虹コ

ン)」に所属していたということです。

 

虹のコンキスタドールは、「つくドル!プロジェク

ト」から2014年に誕生しました。

一部のアイドル好きの間ではカルト的な人気が

あったということです。

 

3つのセクハラ

Aさんは3つのセクハラがあったと訴えています。

  1. 京都旅行に強引に同行し、同じ宿の同じ部屋に泊まることを強要した
  2. アルバイトとして、全身をマッサージさせた
  3. 脱衣所で盗撮行為をした

 

5月7日の第一回口頭弁論で、永田氏側の代理人は

「京都旅行に同行し、同じ部屋の隣で就寝」

「マッサージ」については認めました。

でも「脱衣所での盗撮」については、一部事実と

違うと主張しました。

 

京都旅行

2015年4月頃からグループ脱退を考え始めていた

というAさんは、当時19歳。

 

同年12月、「京都に1人で旅行して息抜きをした

い」と永田さんに申し出たところ、「一人旅は

ダメだけど、僕が付き添いで行くならいいよ」と

言ったそうです。

「なんで?」とは思いましたが、一人旅は許可してもらえないし、付き添いって言っても私が行きたいところに同行するだけだと思いましたし、それよりも、反抗したら逆上されると思い、なにも言えませんでした。

永田さんの怖い面も見てきたので。

 

永田さんは新幹線と旅館を手配。

京都では永田さんがレンタカーを運転して観光し、

その後、高級旅館へ。

そこで用意されていたのは相部屋でした。

部屋には、布団がくっつけた状態で用意されていた

そうです。

旅館の部屋

写真はイメージです

「えっ」と思ったけど、永田さんに生活や仕事で依存している状態だったので、今さら別の部屋にしてくださいとは言えなかったです。
襲われることはありませんでしたが、息抜きどころか気持ち悪かったです。

 

マッサージ

虹のコンキスタドールの活動費補助は月に3万円

ほどで(全員でってこと?)、給料はないに等し

い状態。

 

芸能界はそういうことがほとんどのようです。

ただ、会社はバイトも禁止していたそうなんです。

 

Aさん永田さんに「アルバイトをしたい」と申し

出るも叱責されただけ。

 

そしてその後に「マッサージをしたらバイト代を

あげる」とAさんに提案してきたそうです。

すごく怒られた後だったので、怖くてとても断れませんでした。
そうしたら永田さんが『これをバイトにしよう』と言ってきました。

嫌だったけどお金はないし、親には迷惑を掛けた

くなく、他に方法がなくてやることに。

マッサージ

写真はイメージです

全身のマッサージは週に1~2回程度。

場所は当時メンバーが住んでいた寮か永田さんの

自宅、もしくは作業部屋だったそうです。

しかもマッサージを強要されるときはいつも2人

きり。

 

約1時間のマッサージでバイト代は5000円程度。

期間は2015年9月頃から翌春までの半年間で、

計10回以上はマッサージしたということです。

 

盗撮

虹のコンキスタドールは2018年1月7日、ワンマン

ライブを開き、Aさんと同期メンバーの卒業セレ

モニーをしました。

 

脱退するメンバーから「来て欲しい」と誘われた

そうです。

 

ライブ前日に上京することになり、永田さんに

LINEで寮などに泊まれるか聞いたところ、「僕の

家の客間が空いているから泊まっていいよ」と

返事が。

ホテルなり寮なりが提示されると思っていました。
けれど、奥さんもお子さんもいらっしゃるし、なにかされることはないだろうと。
また、もう脱退したメンバーに宿泊代は出せないと言われると思い、宿泊することにしました。

Aさんは宿泊代に余裕があるわけではなかったと

いうことでしょう。

 

また、永田さんは結婚されていて、お子さん

いらっしゃったことが分かります。

 

自宅は南青山の高級マンションで、6日夜、ゲス

ト用のバスルームもあるのに、永田さんからは

マスターバスルームを使うよう指示があったそう

です。

 

脱衣所にはなんとフック型の「隠しカメラ」が!

壁につけた粘着テープが剥がれたのか、カメラが

落下したことで気づいたといいます。

急いで取り付けたんでしょうか。

 

なんとかカメラに映らないように着替えたAさん

 

7日、今度はカメラは前日とは違う場所に。

浴室はガラス張りで、この日は脱衣所から浴室を

映す位置になっており、どうしても全身が映って

しまう角度にしてあったそうです。

どうしたらいいかわかりませんでした。
奥さんもいるし、私が言ったことによって夫婦間が悪くなったら…とも考えました。
それで逆上されたら、きっと私のほうが悪者にされるのではと思ったので。

親にも申し訳なくて言えなかったです。
LINEで信頼できる友人に相談していました。
一睡もできませんでした。

 

裁判で永田さん側は「一部事実と違う」と主張

していますが、詳しいことは明らかになって

いません。

 

Aさんは?

中村朱里さんが1月8日に虹コンのブログを書いて

いて(RE[set1273/start1274]♡あかり)、そこ

にこのように書かれている部分があります。

大切な仲間、陶山は自分の夢だった声優への道へ進みます。

1部から見にきてくれたしげちーこと重松佑佳

ひよりんもあった瞬間に大丈夫?って心配してくれたりとても優しい子なのです。

この3人のなかの誰かなのでしょうか。

 

陶山恵実里さん

陶山恵実里さんは2017年4月から、「ファンと

会うのが怖くなった」ということで長期療養に

入ったとのこと。

陶山さんは右側

 

重松佑佳さん

2016年9月に卒業した重松佑佳さんは福岡出身。

親戚や両親がお医者さんということもあって、

ずっと医者を目指していたそうですが、学生時代

には不登校になったり人間関係に悩み、もっと

広い世界を見るためにアイドルに。

 

2年間やってきて、20歳になったのをきっかけに

やっぱり医者を目指したいということで卒業した

ということです。

 

木下ひよりさん

2015年10月に、声優になるために虹のコンキスタ

ドールを卒業し、翌年に高校を卒業されています。

 

ブログ「ひよりから大好きなみんなへ」によれ

ば、実は自信を持てないことが本当の理由だった

よう。

 

2018年1月8日のワンマンライブの日に来ていた

卒業メンバーで、名前があるのがこの3人でしたが、

今まで15人も辞めているそうなので、他の方かも

しれません。

 

それにしてもほとんどのメンバーが辞めてるって

普通!?

 

Aさんはこの後、ショックで体重は33kgまで落ち、

フラッシュバックにも悩まされて、大学の試験を

受けられなくなってしまったそうです。

 

でも「#metoo」のムーブメントに勇気をもらい、

やっと声を上げることができました。

 

永田さんがAさんを起訴?

は?

意味がわからないんですが・・・??

 

調べてみたら、永田さんとディアステージは、

Aさんとの間で示談がまとまりかけていたそう

なんです。

 

しかしAさん側が内容証明を送った先が、アニ

メイトピクシブの監査役宛てだったことで、

今回のことがバレて永田さんは関係者からお叱

りを受けることに(当たり前でしょー!)。

 

さらに週刊誌の記者から取材依頼があったこと

で、Aさん側からの情報漏れではないかという

疑いで、「名誉毀損」の訴えを起こしたらしい

のですが、私にはその精神構造が謎です。

 

恥ずかしい仕業がバレてキレたんでしょうか。

個人投資家で作家の山本一郎さんによれば、

Aさん以外にも「虹コン」メンバーで、永田さん

からの性的嫌がらせを受けたと訴え出る動きが

あるとのこと。

 

さらに2017年末、1月よりピクシブ株式会社代表

取締役社長に就任した伊藤浩樹氏に対し、当時

取締役だった永田寛哲さん以下執行役員など幹部

らが取り囲み、伊藤氏に自主的な退任を迫ったと

いう内部混乱。

 

このときの「糾弾5か条」はネット上でも取り沙汰

されていたといいますが、具体的事実は書かれて

いないそうです。

 

結局2017年12月29日に、伊藤氏が代表取締役を

退任し、後任には取締役会長だった永田さんが。

 ピクシブ社の財務・管理を担当していた永田さんは「経理経験のほとんどない、永田さんの中学高校時代の同級生や、ゲーセン仲間、元看板屋など、息のかかった人を次々と経理責任者に抜擢し、また子会社にも『コイタ派』とされる永田さんの息のかかった人を代表にして、自在に経理を操っていたように感じます」(ピクシブ社に詳しい関係者)

出典:『pixiv』という聖域で、代表・永田寛哲氏が仕掛けた人事と混乱(訂正とお詫びあり)

経営を巡る内部紛争?

伊藤さんは子会社だけでなくピクシブ全体の経理状況がおかしいと思って、会計管理の報告を取締役会に行うよう、過去なんども、永田さんに打診していました。(ピクシブ社社員)

出典:同上

 

ピクシブ社の代表取締役である永田氏は、運転中事故ったポルシェカイエンの修理代を会社に回す、永田氏の父親が乗るBMWを会社の経費で落とす、永田氏自身が住むタワーマンションが社宅として支払われる、それでいて役員報酬が1億5,000万円を超えているというなかなか豪快な経営を継続されていらっしゃるようです。

出典:同上

 

せっかく「イラスト専門SNS」という、今までに

ない新しいサービスを立ち上げたのですから、

絵を描く人の活躍の場を保って欲しいと思います。

 

だけどセクハラ問題といい、会社の経営問題とい

い、永田寛哲さんは大変なことになっていきそう。

落合恵子の生い立ちと髪型の秘密!経歴や夫・子供はいるのか調査!

西川加奈子は入浴好きな可愛い温泉ソムリエ!経歴や性格を調査!

まとめ

アメリカ発#MeTooのおかげで、少しづつ女性が

今までのセクハラに対する声をあげられるように

なってきました。

本当に少しづつです。

 

芸能界は特に、こういったことが横行している

特殊な社会だといいます。

それでいて、若い女の子が次から次へと入って

くるんですから、これはもう「悪質タックル」

と同じくらい、大きく取り上げるべき問題の

はず。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です