斧を振り回す男が!恐怖の新幹線車内の様子と犯人

新幹線のぞみ

走行中の新幹線の中で、突然斧を振り回す男が

現れたら・・・!!!

 

2018年6月9日22時ごろの夜9時50分頃、東海道

新幹線のぞみ265号内の男性から、社内電話で

110番があったとのこと。

新幹線は小田原駅で緊急停車。

 

駆けつけた警察官により犯人は逮捕されましたが、

一人が死亡、二人が重症とのこと。

一体何が!?

事件のあらまし

犯人は若い男性でした。

(後に小島一朗(22歳)と判明)

小田原署の調べに

むしゃくしゃしていた。誰でもよかった。

と容疑を認めているといいいます。

  • 名前:小島一朗
  • 年齢:22歳
  • 住所:愛知県岡崎市蓑川町
  • 職業:無職

 

すべてが「自称」であり、調べるにはまだ時間が

かかるそうです。

 

この男はとつぜん斧を振り回して次々と乗客を

襲い始め、女性などが「助けて!!」「怖い!!」と

叫びながら車内を逃げ惑ってパニックになって

いたとのこと。

 

恐ろしい…

信じられなかったでしょう。

 

男性1人が首の右側を切られて死亡、20代らしき

女性2人(26歳、27歳)が頭や肩に重傷を負った

そうです。

 

犯人は女性に対しても、何の躊躇もなく攻撃して

いたらしいです。

 

動機

むしゃくしゃしていた

殺意をもって刺した

誰でもよかった

 

殺害をしようと計画して東海道新幹線に乗り、

無差別殺人をするのが目的だったと判明。

斧

 

この「のぞみ」には約880人が乗車していた

そうです。

 

16両編成で、ツイートでは事件の現場は10号車

となっていますが、上り列車の乗客によると、

県警は新幹線の12号車の乗客を11号車と13号車に

移動させ、12号車を調べていたそうです。

 

小島一朗容疑者は、初めは12号車に乗っていた

のかもしれません。

 

斧をそのまま持込はできないでしょうから、大きな

バッグなどに入れていたのでしょう。

そしておもむろにバッグの口を開け、斧を取り出し

・・・・

 

現場の様子

床には血が滴っていたそう。

 

犯人の服装

メガネをかけていて、茶色いズボンを着用。

ズボンに大量の血痕が付着していた。

 

逮捕時の様子

発見された時、小島一朗容疑者は男性(梅田耕太郎

さん・38歳)に馬乗りになり、顔を下に向けてい

たそうです。

 

署員が「やったのか」と聞くと、「やりました」

と答え、抵抗しなかったといいます。

 

午後10時過ぎ、大人数の警察官に取り押さえられ

、手錠をかけられて連行されていきましたが、

その最中も動揺する様子は全くなく、余裕の態度

に見えたそうです。

続いて担架に乗せられた被害者らしき3人が

運ばれていったようです。

スポンサーリンク


目撃者の話


小島一朗容疑者は男性に馬乗りになり、メッタ刺し

にし、男性がグッタリしても刺し続けていたといい

ます。

 

凶器は斧ですから、なんども振り下ろしていたので

しょう。

 

逃げ惑う乗客たちは、他の車両に逃げるしかありま

せんが、狭い車内で我先に走ることもできず、近く

にいた人は早く逃げたくてもなかなかその場を離れ

られなかったかもしれません。

 

恐ろしすぎます。

 

3年前にも

2015年6月30日のことですが、やはり東海道

新幹線で、神奈川県の新横浜-小田原間を走行中の

東京発新大阪行きのぞみ225号の車内で、71歳の

男性がガソリンをかぶって自ら火をつけ、車内約43

㎡を焼損した事件がありました。

 

この男性の他に乗客1人が死亡し、28人が重軽傷を

負ったのです。

 

私は「誰でもよかった」の言葉に、別の事件を

思い出しました。

 

秋葉原通り魔事件

秋葉原の街

それは2008年6月8日。

昨日、ニュースで「あれから10年たちました」と

言っていたのを見たばかりでした。

 

この事件は、犯人がトラックで歩行者天国に侵入

して、次々に通行人をはねたあと、今度は刃物で

殺傷し、結果7人が死亡、10人が負傷したもので

す。

 

犯人の加藤智大死刑囚(当時25歳)はサバイバル

ナイフを使用していました。

 

犯行後に彼が言った言葉が

誰でもよかった

です。

 

以後、無差別殺人が起こると、犯人は

この言葉を使うことが多いように思います。

 

危険追い越しも、結局誰でもいいに違いない

でしょう。

 

日本全国で「誰でもよかった」無差別・通り魔

事件が増えているような…。

「正しい世界なんてない」から想像力で暖かい世界を作る!

まとめ

これから事件の背景が明らかになってくるで

しょうが、新幹線の車内で、というのが想像でき

すぎて、この事件に対する恐ろしさが倍増するん

です。

 

被害に合われた方は本当にお気の毒に思います。

もう二度とこんなことが起こりませんように。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です