PUNPEE(パンピー)のwikiプロフ!高校・大学はどこ?名前の由来は? 

敬礼の真似をしているPUNPEE

人気ラッパーのPUNPEEさんと元AKB48

秋元才加さんが交際中だそうですね。

 

2013年にAKB48を卒業して以来、あまりお名前

を聞くことがなかった秋元さんですが、素敵な

大人の女性になってらっしゃるみたい。

 

2年前からPUNPEEさんのライブによく来ていて、

もうファン公認の仲だったんですってね!

 

とはいえPUNPEEさんって実はよく知らなかった

んです。

名前は不思議だし、ラッパー?なのかな?

 

実は2017年に初の全国ツアー(6箇所)をされて、

『The “Journey into Mystery” Tour』

全会場ソールド・アウトだったとのことなので、

知らぬは私ばかりなり・・・かもしれませんが…。

 

と言うわけで、今日はPUNPEEさんの本名や名前

の由来、活動などについて調べていきます。

スポンサーリンク


PUNPEE(パンピー)さんのプロフィール

本名  :高田智央(たかだともひさ)

【別名】

  • PUN-P
  • Heavy TOMO
  • Sugbabe(シュグベイブ)

*これきっと、山下達郎さんのシュガーベイブ

(SUGAR BABE)からきてるよね!

シュガーベイブ
1973年から1976年にかけて活動していた、メジャー7thや分数コードなどのコード・プログレッションを多用し、コーラス・ワークが特徴でもあるポップス・ロックバンド。

当時大学生だった山下達郎がロック喫茶で知り合った友人に声をかけ、結成。

1975年4月、彼らの自主制作アルバムを聴いた大瀧詠一が、プロデューサーとして活動するために設立した“ナイアガラ・レーベル”から、レーベル作品第1弾として大瀧氏プロデュースで「ソングス」をリリース。
当時はセールス的に低迷していたが、現在でも手本にしているミュージシャンは多い。

メンバーは山下達郎、大貫妙子、村松邦男、寺尾次郎、寺尾次郎、鰐川己久男(1975年まで)、野口明彦(1975年まで)、伊藤銀次(1975年まで)。

 

 

 

生年月日:1984年3月26日(34歳)

巣鴨の一心病院で生まれたそうです。

出身地 :東京都豊島区

(巣鴨の地蔵通りのそば)

*小学4年生のときに東京都文京区より板橋へ転居

血液型 :AB型

ジャンル:ヒップホップ

活動  :2002年-

【職業】

  • プロデューサー
  • サウンドエンジニア
  • ヒップホップMC
  • トラックメイカー
  • DJ

 

学生時代の同級生GAPPERと実弟S.L.A.C.K.(5lack)

の3人からなるヒップホップユニットPSG

地元の友達である原島”ど真ん中”宙芳とのDJコンビ

板橋兄弟としても活動。

映画、アメリカン・コミックス好きなため、制作

でもそれにまつわる作品が多くなっています。

小学生とか中学生の時にX-Menがアニメでやったり、タートルズがやってたりしていた世代なんで、けっこう普通に見ていました。

アメコミ的世界観とヒップホップの融合こそが、

PUNPEEさんの作品のキーワードでもあります。

 

また、宇多田ヒカル好きも公言していて、その縁

DOMMUNEドミューン(川直宏が主宰する渋谷のライブス

トリーミングチャンネル/スタジオ)で放送され

たトリビュート・アルバム『宇多田ヒカルのうた

-13組の音楽家による13の解釈について-』の特番

に出演。

 

彼女の楽曲のみのDJを披露した様子がアルバム

公式サイトに掲載されました。

 

音楽歴

親父が山下達郎さんが大好きで、山下さんがおすすめするレコードを探していて、さらにそのルーツになるレコードを探してたから、家にはレコードがたくさんあったんです。

母親もカバーバンドをやったり、歌を歌ってたので、子どもの頃から音楽の環境はありましたね。

お父さんはビートルズリー・ペリー(現在82歳。

レゲエミュージシャン、エンジニア、音楽プロデュ

ーサー)の世代で、PUNPEEさんが物心ついたとき

には家に大量のレコードがあったそうです。

ビートルズリー・ペリーを聴いてみたい方はAmazonプライム」に行ってみよう!

 

毎朝、レコードがかかっていて、コーヒーの匂いが

混じり合った記憶が残っているといいます。

 

でも子供のころはそれが嫌で、針をずらして音を止

めて怒られていたとか。

 

このお父さんが出ているのが、このPVらしいん

ですよね。

達郎さんは今65歳なので、PUNPEEさんのお父さん

もそのくらいなんでしょうか。

 

PUNPEEさんもそのくらいになったらきっとこうい

う姿になっているかもってくらい、そっくり!

 

このお父さんの影響が、下地になっているのかな。

 

学生時代

中学

最初は「スラムダンク」の影響でバスケ部に

入ったのですが、きつくてすぐやめてしまった

そうです。

 

そしてビジュアル系バンドのサポートメンバーに。

最初はギターから入りました。
その後、バンドにギターやベースで参加するようになりました。
ヒップホップを作る人は、理論は関係なくサンプリングから作る人が多いと思いますが、もしかしたら俺の場合はバンドという基礎があって、そこから長い時間、ヒップホップにハマることになったからかもしれないです。

やがてスクラッチがしたくてレコードを書い始めま

した。

 

テレビでDJ KRUSH(クラッシュ)のプレイを見

てDJプレイに興味をもち、バンドにDJの音を取り

入れようと思ったそうです。

 

また当時は弟と一緒に近所の公園でスケボーをやっ

ていたのですが、そこで年上の人がかけていた音楽

が、SHAKKAZOMBIE(シャカゾンビ)のアルバム

『HERO THE S.Z.』

 

 

気になった二人はアルバムを購入し、少しずつ日本

のヒップホップも聞くようになっていったそう。

 

聴いていたのはミクスチャー・ロックやヒップホッ

プでしたが、それに対してお父さんは「お前が聴い

てる音楽はなんかチャラチャラしてるよな」と。

 

PUNPEEさんはというと、お父さんが聴いてる

ソウルとかレゲエが最初はわかんなくて、

「古い音楽を聴いて何がいいの?」と思っていた

そうです。

 

ところが後に、ヒップホップのサンプリング・

ネタがソウルのレコードなどを使っていると知り、

お父さんのレコード棚を探したら、名盤がそれこ

そごっそり。

見せつけられたっていうか。

 

でもPUNPEEさんの場合、生まれた時からお父さん

のかけるレコードの音が体に入ってたと思うな。

 

スクラッチの機材を買ったのは中3か高1ぐらい。

ターンテーブルを2台買うお金がなかったので、

1台買って、DJミキサーの片方のチャンネルに

CDプレーヤーをつないで、ひたすらスクラッチ

してたんだそうです。

スポンサーリンク


名前の由来

名前って結構大事だと思っていて。
その名前によってその人の方向性って変わると思うんですよね。
スタイリッシュな名前だと結構なんでもその後にできるのかなってね。

PUNPEEさんが通っていた板橋区の中学は相当の

不良学校。

「マッドマックスのような学校は実在した」という

翌週を組まれたことがあるとか。

 

なぜか外にヤシの木があって、それが突然燃えたり

(誰かが火をつけたんだよ!)、自転車に乗って

廊下を走る不良を先生が追いかけるとか、もう漫画

みたい。

名前を言うとみんな知ってる学校だそうです。

 

PUNPEEさんはいじめられっ子グループと仲がよか

ったのですが、『ゲームを持っているから、あいつ

はイケてる』ってことでいじめられなかったそう。

 

そのかわりプレイステーションとか貸すと3台、4台

ぐらいは壊されちゃったとか。

でも、なんかまあ、いい感じでみんなと仲良くできているから、それでいいのかな?みたいな。
で、パンピー的な存在だったから、その名残りっす。

パンピー
一般人のこと。一般ピープルが転じたものである。
1970年代の流行語で、現在はあまり使われない。
オタクがオタクでない人を、ビジュアル系バンドのファンがファンでない人たちを指す場合は今でも使われている。

「スタイリッシュな名前」でもなんでもないじゃん!

 

高校

高校では軽音楽部に入部し「JUDY AND MARY」

のようなバンドでベースとギターを担当していた

のですが、オーディションの日に寝坊してクビ。

 

仕方なく自宅で音楽を作リ始めました。

参考になったのが、Beck(ベック)の

Midnite Vulturesミッドナイトヴォルチャー 」。

これもプライムミュージックで聴けるぞ!
Amazonプライムにいってみよ!

 

サンプリングと演奏を混ぜたスタイルに刺激を

受け、ベースとギターをやっていた経験を活かして

インストを中心音作りを始めていきます。

 

弟と二人でラップを入れたMDも作り、2~3年生

ぐらいの時「ヒップホップを聞いている同級生がい

る」とGAPPER (ガッパー)さんと出会っています。

(後にPSGでグループを組む)

 

デビュー

卒業して大学に進学しましたが、1年で退学し、

2002年(18歳)で板橋録音クラブ(IRC)を、弟と

GAPPER、辞めてしまった他の2名と共に結成。

 

バックDJ、トラックメイカーとして活動を開始

しました。

(同ユニットはその後、自然消滅)

 

その後は板橋区蓮根のビデオLINKでバイトをしな

がら映画をたくさん見て、ヒップホップを始めと

したさまざまな音楽を聞き、ノルマを払っては

ステージに上がり、ライブを行う日々を送って

いたのです。

最初はDJでした。普通のオープンのDJとか。
で、『あの大物アーティストが出る。お前も出ないか?』って言われて、なんかノルマをたくさん払ってました。

 

「ヒップホップ業界(クラブ業界)の闇」として、

『出させてやるからチケットを⚪︎枚売りさばけ』

という習慣があるようです。

 

当時は何もわからなかったので出られるだけで

嬉しくて乗っちゃっていたのですが、今は

ノルマイベントはロクなもんじゃない

とのこと。

 

「業界の健全化」というのも大事かも。

 

気がつくと3年の月日が経っていて、先が見えな

い状況。

コールセンターなどで生活費を稼ぐ毎日でした。

 

このままじゃいけない、変わるきっかけを見つけ

ようと、PUNPEEさんはフリースタイルバトルへ

の出場を決意。

 

最初の大会は2回戦敗退。

2006年、22歳の時にUMBに出場し東京大会で優勝

UMB
ULTIMATE MC BATTLE(アルティメット エムシー バトル)の略。
Libra Records主催のラップのフリースタイルで頂点を決める、2005年から始まったMC BATTLEの大会で、勝敗の全てを観客が決定する、全員参加型のヒップホップイベント。

 

2007年、PUNPEE、S.L.A.C.K.、GAPPERの頭文字

をとった「PSG」を結成。

同年、カトマイラの手売りアルバムで、初めて他の

アーティストのアルバムを全曲プロデュース。

(『三十路の嘆げKISS』)

 

2009年、世界的なサンプラーメーカーAKAIが主催す

AKAI PROFESSIONAL PRESENTS SAMPLER

BATTLE GOLDFINGER’s KITCHEN 2009で優勝。

同年、PSGとしてデビューアルバム『David』

発表。

この作品でPUNPEEさんは広く知られる存在になっ

ていきました。

PSG『David』Amazon プライムの会員になるとプライムミュージックで聞けちゃう!
映画・ドラマや本・雑誌・漫画も見られるし、他にも特典があるよ!
まずはAmazon プライムをのぞいてみよう!

 

2010年、ヒップホップ専門メディアAmebreakの

AWARD 2010 BEST PRODUCERSで優勝。

 

これ以降、楽曲提供やプロデュースの依頼が増え

ていきます。

 

2012年、「Movie On The Sunday Anthology」

発売し、かなりの反響がありました。

 

2014年、「レッドブル」のテレビCMのオファーが

あり、「ナポレオン編 日本版」のラップを担当。

この縁で『水曜日のダウンタウン』 のオープニン

グのラップとトラックを担当。

 

2015年、「加山雄三リミックスプロジェクト」の

一環で『お嫁においで2015 (feat. PUNPEE)』を1

2inchで発売し、即完売。

PUNPEEさんは

自分みたいなダメなラッパーが嫁に来ないか、と言ったら?

と想像して、等身大の自分を投影したラップで

過去の名作をリメイクしたそうです。

 

PVでは加山雄三さんご本人とも共演を果たして

います。

 

また2014年にインターネット放送局「DOMMUNE」

「宇多田ヒカルのうた」というリミックスを

放送したことがきっかけで、

2016年、国内初の3D VR配信番組、宇多田ヒカル

「30代はほどほど。」にDJとして出演。

 

2017年、宇多田ヒカル「光 -Ray of Hope MIX-」

のオフィシャルRemixを担当し、プレイステー

ション用ゲームソフト『キングダム ハーツ HD 2.8

ファイナル チャプタープロローグ』の全世界

共通のオフィシャル・テーマソングとして起用

されました。

 

この曲は全米2位となっています。

 

2017年10月、初のソロアルバム

『MODERN TIMES』を発表し、

ワンマンツアーライブ

「Journey into Mystery Tour 2017」を開催。

 

2018年3月、SPACE SHOWER MUSIC AWARD

「BEST HIPHOP ARTIST」受賞、

CDショップ大賞「準大賞」受賞

 

同月、自ら1stアルバムを解説した

『MODERN TIMES -Commentary-』をストリーミ

ング配信にて発表しました。

この曲もAmazonプライム会員特典で、プライムミュージックで聴けるよ!
いますぐAmazonプライムへGO!

 

同じヒップッホップでも私には聞きづらいものも

あるんですが、PUNPEEさんの曲はなんだか

普通に音楽として聴けちゃいますね!

 

これはおそらく幼いころから培われた音楽体験

なんでしょう。

お父さんのおかげかな?

 

PUNPEEさんはこれから、ヒップホップが

「尖った人」だけじゃなくて、広く一般に受け入

れられていくきっかけになるかもしれないですね。

こういう感覚を持っている人だからかも。

今回PUNPEEさんを知ったおかげで、私の音楽Life

も幅が広がりそうです。

小袋成彬の経歴!家族や彼女は?出身高校や大学はどこ?(動画あり)

まとめ

PUNPEEさんの学校名は全くわからなかったです

が、検討がつく方もいるでしょうね。

 

ところでお母さんもバンドで歌ってらっしゃった

とのことなので、いずれはPUNPEEさんのプロ

デュースで、お母さんのアルバムも出るかも!?

これからの活動に期待大です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です