鶴木良夫の人柄や経歴を調査!日本ボクシング連盟との関わりは? 

ボクシングのイメージ画像

日本ボクシング連盟の不正を告発した

「日本ボクシングを再興する会」鶴木良夫会長

って、どんな方なんでしょうね?

 

今まで山根明会長が怖くて、誰もできなかった

ことをやってのけた人です。

なんて勇気がある人!

 

どんな経歴があるのか、なぜ告発するに至ったの

か、山根明会長とはどんな関係だったのかなど、

鶴木良夫さんについて調べたくなりました。

スポンサーリンク


鶴木良さんのプロフィール

名前  :鶴木 良夫(つるき よしお)

生年月日:1949年10月14日(68歳)

出身地 :新潟県新潟市

家族  :お孫さんがいるらしいとだけ

 

学歴

● 新潟南高校 卒業

入学してすぐ、15歳でボクシングを始めています。

● 法政大学 卒業

 

経歴

  • 1964年 新潟南高校入学 ボクシング入部
  • 1967年 法政大学入学
  • 1968年 メキシコ五輪のボクシング日本代表候補になる
  • 1975年 新潟南高校 監督就任
  • 2012年 全日本ユースの監督
  • 2011年4月 日本ボクシング連盟の理事に就任
    (2015年4月との説もあり)
  • 2018年4月 日本ボクシングを再興する会発足
    (2017年7月との説もあり)
  • 2018年5月 日本ボクシング連盟の理事を辞任

 

*山根明氏は2010年に日本ボクシング連盟副会長、

2011年2月に日本ボクシング連盟会長に就任し、

2012年10月より現在まで終身会長になっています。

 

役職(所属)

  • 日本ボクシングを再興する会
  • 新潟県ボクシング連盟理事長
  • 新潟市ボクシング教室指導者
  • 北信越連盟理事長
  • 日本連盟監事

 

母校でボクシング部の監督に

リングロープに結ばれたボクシンググローブ

鶴木良夫さんは「新潟県スポーツ界が全国に誇る

指導者」として紹介されています。

 

特にボクシングは新潟のお家芸なのですが、

新潟南高校ボクシング部鶴木さんが監督として

就任して43年。

 

1975年、25歳で母校の新潟南高校ボクシング部

監督になったのですが(家業と平行しながらと

書かれていましたが家業が何かは不明)当初は

部の改革で手一杯だったそうです。

 

練習のために学校の玄関に入り、ボクシング場に

着くまで先生方に何度も呼び止められては

「ボクシング部の生徒がタバコを…」。

 

当時ボクシングは『不良のスポーツ』と見られて

いました。

部員の喫煙、飲酒、ケンカなど日常茶飯事。

 

そんな堕落した雰囲気を変えるためには、なんと

言っても「強くなることだ」と鶴木さんは考え、

指導を行なっていきます。

強くなろうとすると、練習に取り組む姿勢が良くなる。
そして生活態度も向上します。

 

鶴木さんは法政大学時代の1968年に、メキシコ

五輪の代表に選ばれる寸前までいきましたが、

結局代表にはなれませんでした。

 

でもボクシングを本当に愛していたんですね。

それによく「名選手必ずしも名監督ならず」って

言います。

 

まだ25歳と若かった鶴木さんは、選手と同じ

メニューをこなしながら部員を圧倒。

 

かなり反発もあったようですが、敢えて自身が

「強いとはこういうこと」という見本になること

で彼らに道を示し、自分を超えることを求めなが

ら鍛えていきました。

 

そうして30歳を過ぎる頃には、教え子たちが教員

として県内各地の高校に赴任し、ボクシング部を

作り始めました。

スポンサーリンク


新潟方式

「新潟方式」を実行し始めたのはこの頃。

高校の垣根を取り払って頻繁に合同で練習し、

夏季には県出身の大学生も参加して、大規模な

合宿を行いました。

 

ある高校の監督やコーチが他校の選手を指導した

り、大学生の選手が母校以外のボクシング部の

ミット打ちのパートナーを務めたりするように。

 

1990年代に鶴木さんが新潟県連盟強化委員長と

なると、この方式は確立されていきました。

 

やがてこの「新潟方式」は全国で認知されていき

ます。

 

そのうち鶴木さんは市内のボクシング教室で、

一般の人向けにもボクシングの指導を行うように。

 

今では女性もボクシングをやるようになっていま

すが、もしかすると鶴木さんのおかげかもしれま

せんね。

 

高校の指導後、ボクシング教室がある信濃川対岸

の新潟市陸上競技場まで、季節、天候を問わずに

徒歩で移動しているそうです。

 

新潟方式をさらに高めたい鶴木さんは、競技間の

垣根も取り払いたいとおっしゃっていました。

他競技から学ぶことはたくさんありますし、新潟には素晴らしい指導者が多い。
そういった人たちと協力し合うことでレベルを上げたいですね。

日本ボクシング連盟の理事になられたのも、

ボクシングというスポーツをもっと広めていきた

いとの思いからだったのでは。

告発にかける想い

私が一番思うことは、選手がかわいそうだということ。
山根会長の息の掛かった審判がジャッジを下す。
当然、山根会長好みの選手でなければ勝つことはできない。
アマチュアボクシングは判定にもつれることがほとんどで、(実力では)勝っている選手が負けて涙する。
勝った選手も心から喜べず、見ていられない。
もはやこれはスポーツではない。

今回の告発をするに至った思いを、鶴木さんは

このように答えていらっしゃいました。

 

山根会長が奈良県連の選手に有利な判定をするよう

圧力をかけている現場もなんども見たそうです。

 

審判の配置などについても、最終責任は審判長で

あり、山根会長がどれだけ関わっているか分からな

いとしながらも、こうはっきりと言い切りました。

私が聞くところによると、最終確認は会長に見せ、GOサインを出していると。
ストップを出すこともあると思います。

審判控室で怒鳴りつけている。
その辺に座らせたり…何回も見ています。

実際、なぜそんな審判をするのかと審判員に聞いた

ところ、「逆らえないでいるうちに感覚が麻痺して

しまった」という人もいたそうです。

 

日大の殺人タックル事件と変わりありませんね。

社会の構図も同じだとも言えます。

 

自分だったらと考えると、一人で逆らう勇気は

ないと思う。

 

審判はA級からC級までランク分けされていて、

最上級のA級になると全国大会で審判が出来るそう

ですが、逆らうと呼ばれなくなったりも。

 

帰らされた人もいたとか、無給にされたりとか、

交通費も出されなかったりとか、いやはや

やりたい放題。

 

でも「良心を捨ててまで審判をやりたくない」と、

辞めていく人もいたと言います。

 

ボクシングが好きな人ほど辞めざるを得ない…

あまりにひどい状況に、ついに鶴木良夫さんは

自分が立ち上がろうと決めたのでしょう。

 

山根明会長と鶴木良夫理事の関係は?

では鶴木さんが日本ボクシング連盟の理事だった

頃、山根会長との間はどんなだったんでしょうか。

会長と(自分は)一理事でスーパーバイザー。
私は怒られたことはないです。
気持ちはきちんと伝えてきたので、もの(おもてなし)はないです。

 

またこのような証言もされていました。

会長からは40代になってボクシングを始めたのだと聞いており、選手としての実績があるわけではないようだ。
前会長が体調不良で退く際、別の人物が有力視されていたが直前になって何者かに降りるよう求められた。
降りた人は体にアザを作っていた。

会長になる時点で既に黒い影が…。

「何者かに」って、「ヤ」のつく稼業の方とか?

 

鶴木さんであれば、山根会長に対してもはっきり

自分の意見をおっしゃっていたような気がします。

 

山根会長の方も、たぶん堂々としている鶴木さん

に対しては恫喝できなかったんじゃないでしょう

か。

 

山根会長の息子との間にも確執が?

山根会長の息子は山根昌守氏。

  • 日本ボクシング連盟の副会長 兼 専務理事代行
  • 女子ボクシング委員会副委員長(相談役)
  • アンダージュニア(UJ)委員会委員長
  • 専門委員会特別強化執行役

出典:日本ボクシング連盟 JABFについて

となっていますが、ボクシングの経験は

ありません。

 

それなのにロンドンオリンピックで優勝した

村田諒太さんの決勝戦で、いきなりセコンドに

ついたのです。

もちろん山根会長の指示で。

 

その時の様子がこちら。

セコンドなのに、選手と会話もしないし目すら

合わせませんね。

村田選手の方が合わせなかったかも。

 

鶴木さんが昌守さんについて何か証言している

ことは見つかりませんでしたが、ボクシングを

愛するものとして、ロンドンオリンピックでの

ことは許せないんじゃないのかな、と思います。

 

今後の活動

まずは1人でも多くの人に日本連盟の現状を知ってもらう必要がある。
その後、改革が進んでいくことに期待したい。
具体的には山根会長の解任と、その取り巻きには自ら去ってもらう必要がある。

鶴木良夫さんはこのようにおっしゃっています。

 

2020年東京オリンピックに日本チームは出られな

い恐れすらあります。

開催国なのに。

 

アマチュアボクシングはマイナースポーツですか

ら、今後オリンピック競技から外される恐れは

十分にあるでしょうね。

 

ようやく第三者委員会が設置されて疑惑を調査

するようですが、そのメンバーに誰がなるのか

も、よく見ておかないと危ないです。

会長側の人間がなったら元も子もないし。

 

ここまで騒がれると、さすがに今のままでは

いられないでしょうが、権力の根が完全に断ち

切られることは難しいかもしれません。

山根杯(ボクシング)とは?山根明やオリンピックとの関係を調査!

2018.08.13

山根明会長のボクシング歴とヤクザ歴を調査!家族や韓国との関係は?

2018.08.04

木村悠は世界チャンプの商社マン?出身高校・大学やwikiプロフを調査!

2018.08.03

まとめ

鶴木良夫さんの経歴を見てきたら、本当に

ボクシングをまっすぐに愛する人なんだな、

と思いました。

 

不良と言われていた教え子たちが、やがて先生に

なって帰ってきて、ボクシング部を作り、それが

新潟県全体に広がっていく様は、映画にしたら

きっとものすごく感動的な話になるんじゃないで

しょうか。

 

そして今回の騒動がどうなっていくかはまだわか

りませんが、この様子だって克明に記録しておく

べきです。

 

アカデミー賞でも取れそうな映画ができるよ、

きっと。

 

鶴木良夫さんは新潟だけじゃなくて、日本の宝の

ような方に思えてきました。

こんな大人でありたいと思います。

(怖いけど)

スポンサーリンク


1 個のコメント

  • 鶴木さんの稼業は、洋服の仕立て屋さんでありますよ^^

    。。。少なくとも1980年代前半は

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です