津川雅彦の芸歴と代表作!妻や娘との関係やデヴィ夫人との過去を調査!

津川雅彦の顔写真

ついに亡くなられてしまいました。

最後の昭和の名優・津川雅彦さん。

 

奥様の朝丘雪路さんを亡くされてすぐ、本当に

後を追うようにですね。

 

時代が違うと言われればそれまでですが、もう

このクラスの俳優は出てこないような気がして

しまいます。

 

芸能一家に生まれ、出演作品は膨大ですし、

映画監督も芸能プロモーターも評論家もこなし、

オモチャ屋さんまで開いてしまうという幅広い

活動は、とても今日だけでは追い切れません。

 

ですので、代表作と言われているものや、私が

気に入っていたもの、そしてかつての恋愛や

奥様・娘さんとのことなどを少し調べてみよう

と思います。

スポンサーリンク


津川雅彦さんのプロフィール

本名  :加藤 雅彦(かとう まさひこ)

別名義 :マキノ 雅彦(映画監督の時の名前)

生年月日:1940年1月2日〜2018年8月4日(78歳没)

出身地 :京都府京都市中京区

身長 171cm

血液型 O型

活動期間:1945年 – 2018年

配偶者 :朝丘雪路(1973年 – 2018年)

デビュー:1956年

デビュー作:狂った果実 (映画・日活)

 

【代表作】

  • マルサの女2 (映画・東宝)/1989年
  • プライド・運命の瞬間 (映画・東映)/1998年
  • 葵・徳川三代 (NHKテレビ)/2000年
  • 白い影 (TBSテレビ)/2001年

 

経歴

  • 中学:洛星中学校
  • 高校:同志社高校早稲田大学高等学院編入・中退、
    明治大学付属中野高等学校卒業
  • 文化学院(2018年閉校)卒業

 

子役として数本の映画に出演していましたが、

(本名の加藤雅彦〈幼児期は澤村マサヒコ〉で

活動)本格的な銀幕デビューは16歳。

 

1956年の日活映画『狂った果実』(中平康監督)

です。

 

石原慎太郎が原作小説を書き、映画化にあたって

主演の弟・石原裕次郎の弟役を探していたのです

が、一目で津川さんを気に入り、名付け親にも

なって強引にキャスティング。

 

 

本人は新聞記者に憧れて早稲田大学高等学院

在学中だったのですが、夏休みだったので

「1本くらい出てもいいか」と軽い気持で引き受け

たところ、映画が大ヒットして一気にスターに

なりました。

 

でも人気絶頂の時に、役柄を広げようと日活から

松竹に移籍して、大島渚監督「日本の夜と霧」

などに意欲作に出演したものの、ヒットに恵まれ

ず、フリーに転身してテレビなどに活動の場を

求めていくことに。

 

デヴィ夫人との不倫騒動

ちょうどこの頃(1969年)、元インドネシア大統

領夫人で“東洋の真珠”と讃えられたデヴィ・スカ

ルノさんとの不倫騒動がありました。

(これをきっかけに仕事が激減したのです)

 

2017年にデヴィ夫人が自ら暴露。

私は津川雅彦さんとお付き合いしていたことがありましたのよ。
あのころ、あの方おきれいだったんですよ。
今はあんなですけど…

本当におキレイですね。

二人は同い年でした。

 

出会いは1965年5月。

「デヴィ夫人を慰める会」の場でした。

すぐに意気投合したそうです。

 

津川さんは独身でしたが、デヴィ夫人はまだこの

頃はスカルノ夫人だったのです。

 

スカルノ大統領は実権を失い、インドネシアで

”国父”としての地位は保ったまま軟禁状態。

 

デヴィ夫人は亡命状態にあり、かなり心細い状態

だったと思います。

 

同年6月には結婚説が報じられ、二人が会見する

という騒動になってしまいました。

 

先に会見したのは津川さんで、

惚れあっているのは事実ですが、まだプロポーズもしていないんですよ。

僕はもともと女性の美しさは優雅な生活から生まれると思ってました。
その点、彼女はぴったりの人だと思っていますね。

デヴィ夫人への“愛情”を公に告白。

 

翌日にデヴィ夫人も会見し、

夫ある身で、ほかの男性を愛していることは世間で許されないでしょう。
でも、津川さんから大切にされ、心をひかれてしまいました。

離婚をしていないのに、どうして(結婚が)ありうるでしょう。
2人の間に“結婚”という言葉は出ていません。
愛しているとは言っていないし、言葉で言うことはできません。

そして二人はスイスに逃避行。

でも半年で破局に至りました。

 

理由ははっきりしませんが、デヴィ夫人

「大統領が亡くなった後、再婚するならそれ相応

の方と、という思いがどこかにあった」とも。

 

それに周りが「一介の俳優」との結婚を許さなか

ったかもしれません。

 

その後のデヴィ夫人は、フランスでサブラン公爵

と7年暮らし、英国ではパトリック伯爵(エリザベ

ス女王のいとこ)とお付き合いしていたとのことで

す。

 

朝丘雪路さんとは以前から家族ぐるみの付き合い

がありました。

スカルノ大統領が(浅丘さんの父親の)日本画家である伊東深水さんの絵がお好きで、ジャカルタに呼んで私のポートレートを描いてもらったことがありますし、雪路さんは私が娘のカリーナを産んだ時にニットのおくるみを編んでプレゼントしてくれた

また、日舞の深水流家元だった朝丘さんに師事し、

ずっと道場に通っていたとも。

 

津川さんとの結婚後も、3人で銀座のゲイバーに

操り出したりしていたとおっしゃっていました。


スポンサーリンク


役者として復活

この後役者として低迷していた津川さんですが、

当時朝日放送でディレクターとして活躍していた

親友の松本明さんからの熱心な誘いを受けて、

1972年開始のテレビ時代劇『必殺仕掛人』に悪役

としてゲスト出演したことが転機となります。

 

それまでは正統派二枚目俳優でしたが、イメージを

覆して個性的な悪人を演じたのです。

 

仕置される時に妙な奇声をあげて殺られる演技で

ブレイク。

https://twitter.com/AKINA4488/status/1026851875822268416

以降も初期の必殺シリーズ(第2作『必殺仕置人』

〜第7作『必殺仕業人』)の常連悪役に。

第24作『必殺橋掛人』で主人公へ昇格しました。

 

叔母の女優・沢村貞子(1908年11月11日〜1996年

8月16日・87歳没)さんからは

雅彦、お前は顔がいいんだから、芝居は4倍うまくならないと認めてもらえない

と若い頃に繰り返し忠告されていたそうです。

 

津川さんは忠告を守って鍛錬を続けました。

 

1984年に「お葬式」に出演して以降、伊丹十三

監督映画の常連となり、1987年の「マルサの女」

で、毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。

 

 

 

40代となってからは、太ってきた外見も利用して

アクの強い役柄で印象づけていきます。

本領を発揮したのは好色な中年男性役。

 

芸能界きってのプレイボーイとして知られていた

ことが十二分に役立っていたようです。

 

テレビでは2000年のNHK大河ドラマ

『葵 徳川三代』家康を演じるなど、好演が続き

ました。

 

時代劇では三英傑織田信長豊臣秀吉徳川家康

をすべて演じています。

 

私は2006年の『戦国自衛隊・関ヶ原の戦い』

演じた、最も後年の家康が好きでした。

 

もう、憎たらしくていやらしい、それでいて迫力

のある政治家・家康でしたね。

 

 

1982年、『マノン』第24回ブルーリボン賞助演

男優賞を受賞。

 

2006年には監督にも進出し、マキノ雅彦名義で

「寝ずの番」など3作を撮っています。

同年には紫綬褒章も受賞しています。

 

 

2014年には旭日小綬章を受章。

 

ご自分について、津川さんはこのように

おっしゃっています。

自分はうまい役者だとは思わない。
長門裕之、朝丘雪路、身近に役者持ってると、とても叶わない。

 

でもその裏で、実は病気を抱えていました。

 

40年ほど前に、肺に風船のような大きな嚢ができ

るという病気にかかって手術をして以来、肺炎や

心筋梗塞を繰り返し、18回の入院と13回の手術

を受けていたのです。

 

鼻チューブの写真にショックを受けた人も多かった

ようです。

この写真は2017年の11月くらいのようです。

でも翌2018年1月にドラマ出演。

この後、4月に奥様を亡くされました。

そして2018年8月4日、心不全のため死去されまし

た。

スポンサーリンク


著名な家族

娘・真由子(1974年3月18日生まれ・44歳

女優で、グランパパプロダクションに在籍。

 

津川雅彦長女誘拐事件

真由子さんは1974年8月15日の午前3時、東京都

世田谷区の自宅の2階から、生後5カ月の時に

誘拐されています。

 

身代金500万円が要求され、警察の指示に従って

津川さんが150万円を指定の口座に振り込んだ

ことで犯人は逮捕され、真由子さんは犯人宅で

発見されました。

 

(犯人は23歳の男性で、当初は佐川満男・伊東

ゆかり夫妻の長女を誘拐する予定でしたが、住所

がわからなかったため、津川夫妻の長女に変更

したということです)

 

当時『東京新聞』の紙面に「子供が産まれた事を、

自分の宣伝に使ったのが悪い」と書かれ、津川さん

が直接抗議したにもかかわらず一切謝罪をせずに

対立を続けたため、津川さんは以降ずっと、ジャー

ナリズムへの不信感を抱き続けることとなります。

 

この事件は誘拐事件の際、報道各社が一斉に掲載を

控えるきっかけともなったそうです。

 

津川さんは事件の後、「日本一の役者になる前に

世界一のパパになる」と決心し、娘と過ごす為に

夜の銀座やマージャン、週末の競馬場通いを

きっぱりやめました。

 

そして事件のトラウマを真由子さんに一切残さず

育てたと言います。

 

それは一人娘の真由子さんの溺愛という形にも

なり、もし彼女に恋人ができたとしても、

(娘の彼氏という立場の男を)好きになれるはずがない!

と、娘の恋人を拒否し続けていました。

 

真由子さんもパパっ子で、大人になっても一緒に

入浴していたといいます。

 

妻・朝丘雪路(1935年7月23日〜2018年4月27日・82歳没)

https://twitter.com/hoocean19601204/status/998005953533390848

本名は加藤雪会かとうゆきえ (旧姓:勝田)

宝塚歌劇団月組娘役で、父は日本画家の伊東深水

日舞の深水流家元としての名は深水美智雪しんすい みちゆき

 

津川さんは1979年に玩具販売会社「グランパパ」

を設立。

これも娘の誘拐事件が影響しています。

 

体に害のない安全で優しい天然の木のおもちゃを

娘に与えようと、ドイツからおもちゃを輸入する

会社を作ったのです。

 

しかし「デフレ」の影響もあり、業績は悪化して

2008年に6億円を超える負債を抱えて倒産。

 

借金の返済のため、朝丘さんは世田谷区内にあった

自分名義の自宅を売却したのです。

(これが元で一時二人は別居)

 

浅岡さんはアルツハイマー型認知症のため、今年の

4月27日に82際で亡くなりました。

 

4、5年前から症状が悪化していたそうですが、

津川さんが献身的な介護をしていたそうです。

 

津川さんは

妻には感謝しかないです。
出会ったこと、結婚したこと、娘が生まれたこと、事業の失敗も受け入れてくれて泥をかぶってくれたこと……。
これまでいろんなことがあったけれど、全てが彼女のおかげで、本当に感謝しています。
彼女と出会ってなかったら、全く違った人生になっていたでしょうね。

とおっしゃっています。

 

津川さんの破天荒を受け入れてきた

おもちゃ会社倒産の後も津川さんは、北海道に

サンタクロースに関するテーマパークを作りたい

と、スコットランドのお城(ロックハート城)を

購入し、それを移築するという壮大なプランを

たてたりしました。

 

計画は、もちろんというか、途中で頓挫。

その話を聞いた群馬県の石材会社が計画を受け継

ぎ、群馬県にお城を持ってきています。

津川さんはこのお城の名誉城主となりました。

 

それは超お嬢様で天然だからできたこと!

朝丘さんは新婚旅行の時から「もっと遊べ」と

津川さんにおっしゃっていたそうです。

 

津川さんは

1人の女性を何十年愛し続けるってのは、男には無理なの。

と公言するくらいプレイボーイだったのですが、

雪会の感情としては、半分は諦め、半分は僕への信用だったんだと思います。
雪会はこれまで、僕の言うことに反対したことがないんです。

とも。

 

反面、仕事の面では焼きもち焼きだったそうです。

津川さんにいい仕事がくるとむくれて、一時間も

マネージャーに「何でもっといい仕事がとれない

の」と説教したり。

 

そういうところもぜんぶ可愛かったと津川さん。

 

この二人、どちらも芸能の世界に生まれていて、

外の世界を知らずに育っているので、一般人には

考えられないような自由な考え方をします。

 

朝丘さんはに至っては、結婚するまで自分でお金

を払って買い物をしたという経験が全くない!

 

それで結婚してからの買い物はすべて1万円札で

支払っていたのです。

 

ある日薬を探していた津川さんは、引き出しから

小銭の山を発見して仰天!

 

朝丘さんは硬貨がお金とは知らなかったんです。

当然金銭感覚なんてないので、相手に言われる

ままに多く支払っても気づかず、付き人がいつも

一緒にいて注意を払っていたそうです。

 

家事もできるわけがないのでした。

「火が怖い」ので料理はダメ、洗濯機は使えない、

掃除はしたことがない、娘のオムツ替えもできな

いので家政婦任せ。

 

生涯、家事全般は事務所のスタッフと家政婦さん

が代行していたそうです。

 

津川さんが

我が家には主婦がいないんだねぇ

と呟くのを聞いた朝丘さんは

私も家事の出来る奥さんが欲しいわ

と一言。

 

そうそう、朝丘さんは低血圧で朝が苦手だったら

しいんですが、ホテルの部屋でモーニングコール

に驚いて気絶したとか。

 

昔、私が働いていたホテルに彼女が止まったこと

がありましたが、やはりコール禁止。

 

朝食を持っていくと、バスローブを着た朝丘さん

がベッドの上に斜め座りしていて「ありがと」と

気だるそうにおっしゃったのですが、とにかく

色香が凄かったんです。

 

女性の私でもムンムンムラムラと当てられて、

ぼーっとなっておかしくなりそうでした。

 

『11PM』でもキャッチフレーズとしてご自分で

「朝弱い朝丘雪路」と名付けておられたとか。

スポンサーリンク

Sponsored Link

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});



 

祖父・牧野省三

牧野省三の上半身写真

 

日本最初の職業的映画監督で「日本映画の父」と

呼ばれています。

 

300本以上の時代劇映画を製作しました。

映画製作者、脚本家、実業家でもありました。

 

1908年 『本能寺合戦』を撮影
1912年 日活設立、関西撮影所所長に就任
1919年 ミカド商会設立
1921年 牧野教育映画製作所設立
1923年 マキノ映画製作所に改組
1925年 マキノ・プロダクション設立

 

父・澤村国太郎(1905年(明治38年)6月1日 – 1974年(昭和49年)11月26日)

澤村国太郎の顔写真

 

歌舞伎役者から映画俳優に転身した大スター。

七代目澤村宗十郎の門下で、1926年

(大正15年)、四代目澤村國太郎を襲名。

以後、若女形で舞台をつとめていました。

 

母・マキノ智子(1907年1月29日〜1984年10月20日・77歳没)

マキノ智子の写真

 

「日本映画の父」といわれた牧野省三の四女。

父の映画の子役からスタートし、大スタアと

なりました。

本名:加藤 恵美子(出生名)/牧野恵美子

別名義:マキノ輝子/てるこ 牧野智子ともこ/藤野 智子/

   牧野 輝子/ マキノ 恵美子/ マキノ笑子/

 

兄・長門裕之(ながと ひろゆき、1934年1月10日〜2011年5月21日・77歳没)

本名加藤晃夫かとうあきお、妻は女優の南田洋子。

(桑田佳祐が年取ったらきっとそっくりだと思う)

 

弟の津川雅彦さんとはずっとライバル関係でした

が、1982年度のブルーリボン賞最優秀助演男優賞

津川さんが取った際にその実力を認めて和解。

 

子供はなく、妻の南田洋子さんに先立たれて

いたため、喪主を津川さんが務めていました。

 

津川雅彦さんのご冥福をお祈りいたします。

加藤剛が男前!息子も役者?CD朗読付き日本国憲法の本も出版!

2018.07.09

吉田栄作が内山理名と熱愛!子供がいない訳は?歌と病気説も調査!

2018.06.30

緒方敦(陸王デビュー)の私服と髪型がステキ!出身中学や性格も調査! 

2017.10.15

まとめ

津川雅彦さんが亡くなったのは、お年とはいえ

寂しいです。

 

今の若手俳優で、この先、家康や総理大臣とか、

人としての迫力や人間性が感じられるような役を

演じられるような人が出てくるでしょうか。

 

タレントばかりに頼っているような映画が多い

日本の映画界は、この先スケールの大きな作品

を作っていけるでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です