電子マネーとクレジットカードの弱点!停電で使えない?現金はまだ必要!

電子マネーのイメージ図

2020東京オリンピックに向けて、電子マネー

もっと普及させようと、国をあげて頑張っていく

みたいです。

 

世界の中でもキャッシュレス後進国になって

しまったことで、観光業にも影響が出ている

らしく、2018年4月にはこのような計画も出して

います。

経済産業省「キャッシュレスビジョン」

 

確かに田舎に住んでいる私でも、スーパーの

電子マネーカードは持っていて、「ポイントを

考えるとお得かな?』と、少しづつ使うようには

なってきました。

 

ホリエモンさんのような方々にはバカにされちゃ

いそうですけど、田舎では電子マネーの普及率

なんて微々たるものだと思います。

使えるとこが少ないんですもん。

 

でもこれからは増えていくんだろうな〜と思って

いたら、今回の北海道地震!

 

そして、現時点での電子マネーの弱点が明らかに

なったのでした!

スポンサーリンク


電子マネーとは

まずは電子マネーについて。

電子マネーというのは、お札や硬貨といった現金

の代わりになる、目に見えないけど数字でわかる

お金です。

 

あらかじめチャージ(入金)または自動チャージ

できるカードやクレジットカード、スマホに、

自動引き落とし(後払い)ができるよう設定して

使います。

 

自分であらかじめ使いたい金額を入金するので

クレジットカードみたいに使いすぎて困ること

は今のところありません(自動チャージが進化

して、クレジットカードみたいになるかも)

 

また小銭を払うことがなくなるので、レジで

財布から小銭を出そうとして時間がかかること

も無くなりますね。

(仕方がないとわかっていても、カバンの中を

手探りで財布を探すお年寄りの後ろに並んで

しまうとイライラしちゃいますから…)

 

使った金額に応じてポイントがたまり、それが

現金と同じように使えるので「ポイント生活」

を謳歌している人もいます。

 

知り合いには、自動販売機のジュースを買うに

もポイントがたまる自販機を選んでいる人が

いますけどね。

電子マネーの種類

  • プリペイド型 ➡︎ チャージの必要があるカード
  • ポストペイ型 ➡︎ チャージの必要が無く後払いのカード

 

単体で使うものと、クレジットカードに付帯

している一体型のものがあります。

プリペイド型 楽天Edy nanaco WAON Suica PASMO Tマネー
ポストペイ型 iD QUICKPay Pitapa

 

交通系IC Suica PASMO ICOCA PiTaPa TOICA manaca Kitaca SUGOCA nimoca はやかけん
商業系系プリペイド 楽天Edy nanaco WAON
買い物系ポストペイ iD QUICPay

 

  • スマホなどに付随させているタイプ(おサイフケータイ)
アプリケーション型 スマートフォンに対応
腕時計型 A apple社が開発したスマートウォッチ
腕時計型 B  電子マネーが搭載されているリストバンドに、好きな時計を付け替える

 

スマホの電池が切れたら?

電池が切れても少しの間ならば使えます。

でもバッテリーがまったくないと使えません。

 

おサイフケータイ機能に使う電力は、バッテリー

から直接補給されるので、電源を切っていても

利用できます。

 

ただしICカードロックを設定している場合は、

利用する際に暗証番号の入力が必要なので

電源が入っていないと使えません。

 

通信料は?

対応アプリをダウンロードする時や、ネット接続

で入金(電子マネーチャージなど)する場合には

パケット通信料がかかります。

 

おサイフケータイをかざして使う時は、

パケット通信料はかかりません。


スポンサーリンク


電子マネーの弱点

ズバリ、「停電時に使えない」です。

 

東日本大震災の時、私が住んでいる地区では

3日間、停電となっていたのですが、その間

電子マネーのみで現金を持っていなかった友人は

えらい困っていましたっけ。

 

でもその時は電子マネーなんて遠い話だったので

忘れていました。

 

余談ですが、オール電化の家に住んでいる方々も

かなり困っていましたね。

 

ただ東日本大震災の際、アメリカン・エキスプレ

ス・カードの会社は、直後にカード会員全員に

電話をかけて、安否確認&必要なものの聞き取

りをしてくれたそうです。

 

ありがたいですね。

電話が全員に繋がったのかはふめいですが…。

 

これはそのカード会社の対応次第なので、

おまけと考えておくべきでしょう。

 

電気は私たちの生活にとって、水の次に

無くてはならないほどのものになっている

みたいです。

北海道地震:避難所・給水所・充電場所!防災アプリや無料WIFI・ランプとトイレまとめ!

2018.09.06

避難勧告が市内全域に!どこに逃げればいいの!?夜中でも逃げるの!?

2018.07.08

まとめ

思わぬところで電子マネーの弱点が露呈して

しまいました。

まだまだ現金は手放せませんね!

 

ところで、札幌の大通り公園に為すすべもなく

集まっていた外国人旅行者の方々は、その後

どうなったでしょうか。

情報が届いていればいいんですが・・・

 

もし海外旅行中に災害にあったら、困ってしまい

ますね。

今まで考えたことがなかったので、怖い状況だと

つくづく思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です