カルロスゴーンの年収と総資産!ケチなの?妻へのDV疑惑や子供達は?

フェアレディZ

f日産自動車を再建するため、19年前にルノーから
乗り込んできたカルロスゴーン氏。

その後リストラの嵐が吹き荒れましたから、
恨んでいる人も多いでしょう。

 

日産セドリック/グロリアサニーなどの伝統的
な車名も次々に廃止し、販売部署が望むブランド
名変更にも最後まで反対したといいますし、
長年参戦してきたル・マン24時間レースからも
完全撤退。

ルノーF1チームが2005年、2006年と2年連続で
世界チャンピオンに輝いたのに、です。

もちろんゴーン氏はルノーチームの継続的な参戦
には積極的でない、と伝えられていますが。
(年間予算は100億円を超えているそうです)

日産が呼んだとはいえ、面白くない人は多いんだ
と思うなあ。

 

だからなのか、ゴーン氏の逮捕については
日産のクーデターではないか」という声もある
そうです。

ゴーン氏には司法取引を持ちかけているそうだし、
日産の社長・西川廣人氏も取り調べを受けている
と言いますから、本当のところ、なにか別の
大きな目的があるんじゃないの?と勘ぐってしま
いたくもなるよ。

さて、ではカルロスゴーン氏の年収総資産
いったいいくらあるのか、少ないわけはないのに
ごまかしたのはケチだからなのか、前妻が告白
したDV疑惑子供達との関係はどうなのかなどを
調べていきます。

スポンサーリンク


カルロスゴーン氏のプロフィール

生年月日:1954年3月9日(64歳)

両親はレバノン人で、幼少期をブラジルで過ごし、
中等教育は父の母国・レバノンのベイルートで
受けています。

レバノン、ブラジル、フランスの多重国籍を持って
いるそうで、アラビア語・フランス語・英語・
スペイン語・ポルトガル語の5ヶ国語を話せます。
日本語も勉強されていました。

最終学歴パリ国立高等鉱業学校

ここはフランスの工学系グランゼコール(フランス
独自の高等職業教育機関)の一つ。

卒業生は、実業界において経営者などの重要な位置
を占めることが想定されていて、技術者としてだけ
ではなく、経済、経営、社会科学などの分野で高い
教育を受けます。

いや〜、本当に似てるよねえ(^O^)

パリ国立高等鉱業学校を卒業したゴーン氏は
フランスの大手タイヤメーカー・ミシュラン
入社し18年間在籍します。

1985年、30歳の時に、3億ドルの市場を持つ
南米ミシュラン最高執行責任者(COO)に任命
されました。

その後ミシュランでの業績を高く評価されて
ルノー上席副社長として迎えられます。

もしかしたら、家族企業であるミシュランでは
トップに立てないと考えたのかもしれない、と
分析されています。

 

1999年3月、経営と財政危機に瀕していた日産
ルノーと資本提携を結び、同年6月、ゴーン氏が、
ルノーにおけるポジションを維持しつつ、日産
最高執行責任者(COO)に就任。

後に

  • 日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)、
  • ルノーの取締役会長兼CEO(PDG)、
  • ルノー・日産アライアンスの会長兼最高経営責任者(CEO)

に就任しました。

2013年6月〜2016年6月は、ロシアの自動車メー
カー・アフトヴァースの会長も務めていました。

スポンサーリンク


あだ名

「コストキラー」「ミスター調整(FIX IT)」
日産では「セブンイレブン」。
(朝7時から夜11時まで働いていたらしい)

*もっとも、日産にいながらルノーの仕事も
していたのでは?との声もありました。

ゴーン氏自身はこのあだ名を好いていなかった
ようです。

 

コストカット!

日産再建に向けて「日産リバイバルプラン」
作成したゴーン氏は、短期間で日産の経営を
立て直しました。

そのプランは

  • 村山工場など車両組立工場3箇所、部品工場2箇所を閉鎖
    国内の年間生産能力を240万台から165万台へと削減
  • 全世界でのグループ人員を2万1,000人削減
    購買コストを20%圧縮するために、下請企業を約半分に減らした
  • 子会社・関連会社1400社のうち、基幹部分として残す4社を除く全ての会社の保有株式を売却
    (これによって下請企業の合併再編が急速に進んだ)

 

という情け容赦のないもの。

2003年にフォーチュン誌は、彼を
「アメリカ国外にいる10人の最強の事業家の一人」
と称しています。

きっと「彼に無駄とされたものはこの世から
消える」ぐらい言われていたのでは?

 

野球

ゴーン氏は子供の頃から車が好きで、5歳の頃
からクラクションの音で車を聞き分けられた
そう。

もっとも私の弟もそうでしたけどね。

そんなゴーン氏が、日産CEO就任1年目の1999年
夏、第70回都市対抗野球を視察に訪れたのですが、
応援団と観客の盛り上がりにいたく感銘を受けて
しまい、よほど興奮したのか、直後に開いた記者
会見で、当時廃部を検討されていた野球部を存続
させると明言!

都市対抗野球こそが日本の企業文化の象徴である!

でも2009年には金融危機による不況で、
日産ゴーン体制初の営業赤字に転落。

対策として、グローバル人員を2万人削減
野球部
を含む運動部の休止が発表されたので
した。

スポンサーリンク


ケチなの?

世界でカリスマ経営者として崇められていた
ゴーン氏の逮捕は「カリスマが堕ちた」とまで
言われているようです。

アメリカでは真っ先に「ゴーン氏ほどの人物でも
汚職に走る」と報道されたとか。

 

なぜかという疑問にはまだまだ答えは出ないと
思いますが、金遣いに関しては

ケチ。
あまり食べ物とか着る物に派手な使い方はしない。

むしろ蓄財するという感じで、日産社内の噂で
「いずれブラジルの大統領選挙に出るんじゃないか。そのための政治資金を貯めているんじゃないか」
とも言われていた

と関係者が明かしていたとのこと。

もし、お金に困っていたのだとすれば、
考えられるのは「日本の経営者の年俸の低さ」
だと言われています。

国別CEOの平均年俸トップは米国の14億円
2位はドイツの7億2000万円、
3位は英国6億円
4位フランス5億3000万円
日本は1億5000万円で最下位です。

 

海外自動車メーカーのCEOの平均報酬額は2870万
ドル(約32億円4550万円)だそうですが、これは
フィアット-クライスラーCEO年収(8000万ドル
/ 約645億1200万円
を超すとされる分)が入って
いて、かなり押し上げられているらしいとのこと。

プロスポーツ選手の年俸1位のクリスティアーノ・
ロナウド(
8800億ドル/ 約88億円)を獲得した会社
ですもんね。

工場で働く社員たちが「たったひとりの人間が
何百万ユーロも稼ぎ、数千もの家庭が給料では
ひと月の半分も暮らせないのはフェアだろうか?」
としてストライキを起こしたそうですが…。

 

アメリカの有名企業における2017年の役員報酬
ランキングだと、

  • 5位がグーグルCEOのサンダー・ピチャイ氏の約161億円
    インドの貧しいところの生まれだそうです。
  • 4位はテスライーロン・マスク氏で約168億円
  • 3位と2位は同額の約239億円で、ニューヨークを拠点とする投資会社のコールバーグ・クラビス・ロバーツ(Kohlberg Kravis Roberts、KKR & Co. L.P.)のジョセフ・べー氏とスコット・ナットール氏。
  • 1位は『スナップチャット』の運営会社でCEOを務める28歳のエヴァン・シュピーゲル氏で、約566億円
    ミランダ・カーさんと結婚されましたね。

 

ゴーン氏はルノーの会長でもあるので、主にパリ
を拠点としていて、日産関係者によると、今は
日本に来るのは2ヶ月に1度くらい。

となると日本水準の年俸で欧州セレブの生活水準
を保とうとするならば、かなり大変だったのかも。
セレブのお付き合いもあるだろうし。

2018年3月期の「年俸ランキング」では、
ゴーン氏は7億3000万円で14位。
1位なのかと思ってた。

ゴーン氏のおかげで(せいで?)日本の社長の
年俸がグーンと上がったと聞いたんですが…。

もっとも実際には低く見せていたかもしれない
わけね。

かつてルノーでは部下で現在、トヨタ自動車
副社長・ディディエ・ルロワ氏の年俸は
10億2000万円。
う〜ん、確かに不満だったかもね。

 

横浜の日産グローバル本社で開かれた記者会見では
冒頭で西川社長がこう説明しています。

カルロス・ゴーン、(代表取締役の)グレッグ・ケリーの2名につき、内部告発を受けた社内調査の結果、3点の不正行為が確認されました。

(1)報酬金額を有価証券報告書に過小に記載していた

(2)目的を偽って私的に会社の投資資金を使っていた

(3)目的を偽って経費を不正使用していた

ケリー氏は日産自動車の社員。

人事畑出身で、ゴーン氏が日産とルノーのCEO
兼務するようになった頃から側近になったそうで
すが、代表取締役でありながら業務の執行には
関わっていなかったということで、
「なんの仕事をしていたのかよくわからない」
(日産の関係者)とのこと。

「身の回りの世話では?」なんていう声も。
秘書だったのでしょうか。

 

スポンサーリンク


年収は?

アフトヴァース社以外でのゴーン氏の収入は

1.日産自動車:代表取締役会長
2.三菱自動車工業:代表取締役会長
3.ルノー:取締役会長兼CEO

から出ています。

他に株やら何やらあるでしょうけど
それは抜きにして、

  • 2016年度
    日産自動車  :10億9800万円
    三菱自動車工業:約10億円
    ルノー    :9億4000万円
    合計     :約30億3800万円
  • 2017年度
    日産自動車  :約7億3500万円
    三菱自動車工業:約2億2700万円
    ルノー    :約9億5000万円
    合計     :約19億1200万円

 

東京地検によれば、2011年3月期〜2015年3月期の
各連結会計年度におけるゴーン氏の金銭報酬は
合計約99億9800万円であったにもかかわらず、
合計約49億8700万円と記載した有価証券報告書
提出した疑いがもたれています。

 

ちなみに東京商工リサーチによる2017年3月期
役員報酬ランキングではこのように。

  • 1位 ニケシュ・アローラ 元副社長  103.4億円(ソフトバンクグループ)
    2015年6月、ソフトバンク代表取締役副社長およびヤフー取締役会長に就任し、半年間で総額165億5600万円の報酬を得ていたことが明らかになっています。
  • 2位 ロナルド・フィッシャー 副会長     4.2億円(ソフトバンクブループ)
  • 3位 マイケル・リントン 元執行役  11.4億円(ソニー)
  • 4位 カルロス・ゴーン 会長     10.9億円(日産自動車)
  • 5位 クリストフウェバー 社長    10.4億円(武田薬品工業)
  • 6位 平井一夫 社長           9.1億円(ソニー)
  • 7位 加藤修一 取締役          8.9億円(ケーズホールディングス)
  • 8位 岡田和生 会長           8.3億円(ユニバーサルエンターテインメント)
  • 9位 三津原博 社長           8.1億円(日本調剤)
  • 10位 富士本淳 社長           7.4億円(ユニバーサルエンターテインメント)
  • 11位 ディディエ・ルロワ 副社長     6.8億円(トヨタ自動車)
  • 12位 宮内謙 副社長           6.2億円(ソフトバンクグループ)

 

1位と2位の差がありすぎるんですけど、とにかく
上位を占めるのは外国籍の男性なんですね。

 

ゴーン氏の総資産約2300億円だとされています。
世界のCEOの年収を見てくると、もう大したこと
ない額に思えてきた。
感覚がおかしくなっちゃうよ。

 

自宅

日本

元麻布ヒルズ

カルロス・ゴーン氏が日本で住んでいるマンショ
ンは、東京都港区元麻布にある「元麻布ヒルズ」

神田うのさんや嵐の二宮和也さんが住んでいると
噂されていて、家賃は低くても60万円、高くて
250万円はするといわれています。

 

さらに関係者によると、ゴーン会長は世界4か国
● ブラジルのリオデジャネイロ、
● レバノンのベイルート、
● パリ、
● アムステルダム
で会社側に住宅を提供させていたことがわかった
そうです。

 

リオデジャネイロ

コパカバーナビーチ

リオデジャネイロには日産の工場があります。
ゴーン氏の住宅はコパカバーナビーチに面した
豪華なホテルが建ち並ぶ一角にあり、地元の人の
話ではゴーン氏が工場を視察する際に、ここに
滞在していたとか。

そういえば2016年のリオオリンピックでは、
ゴーン氏は聖火ランナーも務めたんですよね。

画像はこちら

 

パリ

パリ、エッフェル塔・セーヌ川

パリの住宅は高級住宅街であるパリ西部にあり、
セーヌ川やエッフェル塔にも近い地区。

同じ高級アパートに住んでいる24歳の男性に
よると、

ゴーン会長本人は頻繁に見かけましたが、家族はほとんど見かけていません。
ここは裕福な人しか住んでいないアパートで、最低でも100平方メートルはあります。

彼のところには多くの閣僚や俳優が食事に訪れていました。

とのこと。

 

アムステルダム

アムステルダム

アムステルダムの住宅は地上3階建・地下2階建。
街の中心部フォンデル公園の近くの閑静な住宅街
にあり、2階部分を提供されていたと見られて
いるようです。

 

こうした住宅の提供についても有価証券報告書
には記載されていなかったのです。

住宅を保有する関係会社には、日産から購入費用や
改築費用などで数十億円が支払われていました。

この会社はゴーン氏に提供している住宅の保有以外
は、ほとんど事業を行っていなかったらしいので、
私的な目的で「投資資金」を支出させていた疑いも
出てきているとのこと。

 

家族について

数千万円の家族旅行の代金や家族の高級寿司店
での食事代金も日産が払っていたらしいとNHK
で報道されましたね。

 

前妻:リタ・ゴーン

画像はこちら

ゴーン氏と同じくレバノン人で11歳年下。
フランスで薬学を学んでいた19歳の時、ミシュ
ランの工場長だった30歳のゴーン氏と出会い、
結婚。

2011年頃には東京の代官山でレバノン料理店
「マイ・レバノン」を経営していましたが、
2008年に閉店。

家族づれの方々にとても人気だったとの
ことですが、残念ですね。

 

DV?

2010年の終わり頃に2人は離婚したのですが、
ゴーン氏の逮捕を受けてリタさんが
「週刊文春」の取材に応じています。

それによると

おカネに関しては、カルロスは正しいことをしたことがありません。
高額な所得を隠すために、色々なことをしていた。
今回の逮捕は、彼のような人間には当然の結果だと思います。

と、なんとも厳しい批判。

実はこの2週間前に、リタさんはレバノンの
法律事務所でゴーン氏と面会し、

黙らないと、賠償命令を4500万ドル(約50億円)に上げるぞ

と脅されたとか。

リタさんは今年5月、ゴーン氏からDVを受けたと
「週刊文春」で告白していました。

それに対して1500万ドル(約16億5000万円)の
賠償金を請求されていたのです。

離婚の際、リタさんに支払われた慰謝料は数十億
円だったとか。

慰謝料が支払われたということは、ゴーン氏に
離婚原因があったとみなされたということですね。

「港・港に女あり」じゃないけど、世界中に関係
した女性がいたとか。

ゴーン氏はこのために、お金に困っていたという
情報もあるそう。

 

 

子供

ゴーン氏とリタさんとの間には、3人の娘と
1人の息子がいます。

長女:キャロライン・ゴーン

画像はこちら

 

次女:ナディー(ネイディー)・ゴーン

スタンフォード大学を卒業。
ジュエリーデザイナーであり、2015年には
ナディーン・ゴーン・ファイン・ジュエリー
設立し、経営者として活躍しています。

 

三女:マヤ・ゴーン

長男:アンソニー・ゴーン

2人の写真はこちら

お子さんたちについてはあまり情報がありません。

 

再婚相手

再婚相手は12歳年下のキャロル・ナハスさんと
いう、やはりレバノン出身の金髪の美人で、
成人した2人の子どもがいらっしゃいました。
現在52歳。

キャロルさんと子供たち、ゴーン氏の画像
(左はじが娘のタラ、ゴーン氏の右が息子の
ダニエル)

2016年5月、キャロルさんが50歳の誕生日を
迎えた日に、ヴェルサイユ宮殿のグランド・
トリアノンにてパーティに参加し、盛大に
お祝いしたと言われています。

ヴェルサイユ宮殿を貸し切った結婚式は75億円
だったらしいので、それくらい払ったので
しょうか。
それも日産持ち?

 

ありえないような逮捕劇で、この後どうなるのか
目が話せませんね!

まとめ

ルノー・日産自動車・三菱自動車3社連合
雇用者は47万人だそうです。

働いている人たちは不安だろうなあ…
またリストラ?
いやそれは経営陣に責任とってもらわないと!
とか、気が気じゃないよね。

私は初代のシーマが好きだったんだけどなあ。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です