アニータアルバラードと千田郁司(夫)の現在!子供はモデル?14億は?

札を持つ外国人女性

「日本のみなさん、コンニチハ。アニータです」
て、あのアニータ!?
14億円を貢がせたアニータ!?

アニータ・アルバラード
覚えている方は30歳以上でしょう。

そういえば夫の千田郁司氏はもう出所したんです
よね。

今どうしているんでしょうか。
アニータさんの方はバリバリ元気みたいです。
どんな暮らしをしてるんでしょうか。

そういえば14億円はどうなったんでしょうか。
思い出したついでに、調べてみます。

スポンサーリンク


14億円横領事件って?

青森県住宅供給公社巨額横領事件あおもりけんじゅうたくきょうきゅうこうしゃきょがくおうりょうじけん

長い・・・

2001年に発覚した横領事件。

青森県住宅供給公社の元経理担当主幹・千田郁司
(逮捕当時44歳)が、1993年2月から2001年まで
に約14億5900万円を横領。

勝手に理事長印を押して引き出ししていたらしい。

2001年度仙台国税局税務調査を切っ掛けに発覚
したんですが、あまりにもズサンな管理の方に
腹が立ったよ。

だってこのお金、税金なんだからさ。

青森県住宅供給公社
1958年財団法人青森県住宅協会として発足。
地方住宅供給公社法に基づき1966年に青森県住宅供給公社に組織変更。
分譲住宅事業及び宅地分譲事業等を行ってきたが、民間住宅や住宅ローン制度が充実したことにより公社の存在意義が薄れ、2009年3月31日をもって解散した。

横領が始まったのは1993年2月からでしたが、
公訴時効のため最終横領額は不明となり、
1994年10月以降の約14億4600万円に対し
横領罪で起訴されました。

千田郁司氏は青森市の飲食店で知り合ったチリ人
女性アニータ・アルバラードさんと1997年に
結婚。

その頃から横領額が急増し、約11億円アニータ
さんに渡ったとされています。

だけど地元のスナックなどでは、千田氏の金遣い
が荒くて有名だったっていう話だそうです。
札をばら撒いていたとか…

舞っているお札

 

アニータ・アルバラードさんとは?

名前:アニータ・アルバラード(Anita Alvarado)
(Anita Ester Alvarado Muñoz)
生年月日:1972年12月25日(45歳)
出身地 :チリ サンティアゴ

夫・千田郁司氏の逮捕当時、ワイドショーや
週刊誌などで、チリにプール付きの豪華邸宅を
建てた「チリ人妻」として、それはそれは盛んに
報道されていました。

14億円だからね!

夫が逮捕された時、アニータさんは
「不正なお金とは知らなかった」と繰り返すばか
りで、日本中からバッシングを受けました。

悪いことをした夫は許さなくてもいい
でも私は許して

なんて言うもんだから。

でも負けなかったね。

スポンサーリンク


なぜ夫はそんなに貢いだの?

みつぐくん」なんて言葉を知っている人は何歳以上
だろうか。

千田郁司氏はアニータさんと意思疎通ができな
かった、つまり言葉が通じなかったのね。
チリはスペイン語。

それで何とかアニータさんの気を引くために、
札びらを切ったというわけだ。

アニータさんは貢がれた金で、サンヂエゴにプール
付きの8億円の大豪邸を建てたと言われていました
が、病院も経営していたらしいね。

当時『週刊ポスト』の編集長だった海老原高明氏が
アニータさんのヌードを袋とじで載せたらしいです
が、まったく売れなかったとか。

「史上最悪のヘアヌード」と言われたとご本人が
回想しているそうです。

アニータさんはというと。本を出していました。

 

 

お金は戻ったの?

2002年、千田氏は懲役14年の実刑判決を受けて
山形刑務所に服役し、2016年に満期出所してた。

住宅公社千田氏に対して民事訴訟を起こし、
1993年2月以降の横領額全額の賠償を命じる判決が
出たんです。

公社はアニータさんの豪邸や2人の青森の自宅を
売却して回収に努めたのですが、裁判費用や弁護士
費用がかかって、最終的に回収できたのは5300万円
だったとか。

11億円のうちアニータさん名義のものは豪邸だけ
で、取り返せるとすれば、望みはそれを売ること
だけ。

「婚姻中に妻が取得した財産は夫のものである」
定めるチリの法律により、この豪邸はあくまでも
夫の物であったことになり、青森県住宅供給公社
これを差し押さえて競売で売った。

7000万円で売れたけど、裁判費用などに7600万円
かかったので600万円の赤字になったそうだ。
ホントにおマヌケな話。

 

千田郁司氏の現在と横領金は?

千田氏はもう出所した訳だけど、現在どこにいるか
は不明。

あとで書くけど、アニータさんとは手紙のやりとり
をしていて「出所後は山奥でひっそり暮らしたい」
と書いてあったそう。

ただし現在は青森県に引き継がれているという、
横領した約14億円は、あくまでも返さなきゃ
ならないんです。

自己破産すればいいのでは?と思ったけど、
「面積不許可」というのがあって、彼の場合は
自己破産はできないらしい。

故意にやった犯罪なので、免責はできないのです。
返しきれないとは思うけどね。

スポンサーリンク


アニータさんはなぜ日本に来たの?

アニータさんが日本で働こうと思ったのは、
現在28歳の娘さんが生まれてすぐのこと。

多分、アンジーさんのことかな?
その娘が病気になったので治療費を稼ぎたいと
思ったことと、なんたって貧しかったから。

その頃19歳のアニータさんはチリの首都サンチ
アゴにあるナイトクラブで働いていました。

そこで出会った日本人ブローカーに
「日本に行かないか」と誘われたそうなんです。

借金は300万。
売春をするのもわかっていました。

だけど、お客さんの前でS◯Xするとは思わなかった。

最初、彼女はスト◯ッパーとして日本全国の
劇場を回っていたそう。

成田空港に降り立って最初に連れて行かれたのが
名古屋のスト◯ップ劇場。

1990年代のスト◯ップ劇場では、フィリピンや
南米の女性たちがたくさんいて、いわゆる
「なま◯ショー」をさせられていたようです。

彼女たちは300万円から500万円の借金を背負い、
観光ビザでの不法就労を承知したうえで日本に
やって来ていたと言います。

すごい恥ずかしかった。
だけど娘と家族のためだと思ってがんばった。

泣いて拒む女の子もいたそうだけど、たぶん
無理やりさせられたんだろうな。

日本の男性たちは彼女たちの涙を知っている
んだろうか。
というより、考えたことあるんだろうか。

その後29歳の時に、当時勤めていた青森県
青森市内のパブで、青森県住宅供給公社
勤めていた千田氏と知り合って結婚に至ったこと
から人生が変わったんですね。

たくましくもなるわけです。

 

事件後のアニータさん

昔は『日本でもっとも有名なチリ人』なんて呼ばれていたけど、いまではチリでも私を知らない人はいないのよ。
タレントとして、テレビに引っ張りだこなんだから

とおっしゃっているアニータさんですが、事件後
チリに建てた8億円の豪邸や財産は全部差し押さ
えられ、無一文に。

でもその強烈なキャラクターが人気になり、TVに
出られるようになったんです。

チリでも彼女のキャラクターは強烈なんだ!

日本のメディアが押しかけてきたおかげで、近所
で有名になってしまったアニータさんの元に、
地元のテレビ局から取材依頼が来て、それから
テレビに出るようになったそう。

『カーサ・デ・アニータ(アニータの家)という
冠番組まで持ち、平均視聴率は驚異の30%超えだと
いいます。

チリはカトリックの国なので、表面上は売春がない
ことになっていますが、本当はあることをみんな
知っている、というのは日本と同じだね。

ところがアニータさんは性的なサービスを奉仕する
仕事を、チリでも日本でもしていた、とカメラの前
で堂々と話したんですね。

それは相当にセンセーショナルな出来事で、反発を
感じる人も多かったそうです。

でも『カーサ・デ・アニータ』を見たら、(当時)7人の子どもを育てて、真っ当に母親をやっている。
そこでアニータ・アルバラードという人間の評価が逆転したワケよね。

番組内では汚職政治家に直撃取材をしたり、
スラム街の子供たちへの支援活動を行ったり、
わりと社会派な彼女。

政治家にならないかとの出馬要請もあったよう
ですが、1番下の子どもがまだ4歳だったので
断ったとのこと。

ただ政治にはとても関心があるそうです。

「右」か「左」かで言えば、私は「右」だと思う。
というより、私は「左」が嫌いなのよ。
だって彼らは、革命を起こそうという意志がないんですもの。
チリの現状に不満を抱いている国民の感情を無視した政策で中身がない。
それにキューバやベネズエラが大変な状況なのに、彼らは一切同じ社会主義の同志を助けに行こうとしないのよ。
私は、行動が伴わない思想を支持しないの。

チリではテレビ番組や映画「ハッスル!」
(スペイン語版)
に出演。

2002年には音楽CDアルバム
『Anita La Geisha Chilena』(アニータ、チリ人
ゲイシャ)を発売し、チリ国内で3万7000枚を
売り上げたそうです

ラベルにアニータさんの写真が入った
ゲイシャワイン」も発売したらしい。

事件から5年後に日本の記者がアニータさんを
訪ねた時に暮らしていたのは、郊外の住宅地。

千田氏がアニータさんと出会った翌日に渡した
1000万円で購入したものだそう。
これは競売に掛けられなかったのね。

当時は黒人系やスペイン系など、様々な人種が
入り混じった5人の子供がいたそうです。

お父さんはみんな違うのよ。
いろんな肌の子どもが欲しかった。
日本人の子どもも欲しかったけれど、できなかったのよ。

そうか、千田氏との間には子供はいないんだ。

テレビの娯楽番組に時々出演していて、売春婦役
で出演する映画も6月に公開予定だとおっしゃっ
ていたそうなので、それが「ハッスル!」なんで
しょう。

 

チリで誰かとお付き合いは…

日本を離れてからたくさんのボーイフレンド
と付き合ってきたんだそうです。

ただDV癖があったり浮気性だったりで、男運が
なかったと。

親友から不動産詐欺にもあったしね……。
ただそれでも、私はめげないわ。彼氏は絶賛募集中よ!

アニータさんのチリ国内での愛称は、“ゲイシャ)”。
毎日を力強く楽しく生きているアニータさんへの
親しみがこもった言葉なんだそうです。

性欲もいまだ旺盛だとも。

なんて逞しいんだろう。
これでは日本の男が敵う訳ない。

 

子供達

家族の写真 ⬇️

アニータさんのお子さんは9人になっています。
8億円のうち、3億円を養育費に当てたのだと
いうことです。

父親はチリ人、キューバ人、カナダ人などなど。

一番上の男の子養子でもう38歳。
まだ5人の子どもと一緒に暮らしてるとか。

 

長女

2010年5月に、20歳の長女アンジーさんが訪日
しているので、現在は28歳ですね。

アンジーさんはモデル・タレントで、チリの
人気恋愛ドキュメンタリー番組(日本の「テラス
ハウス」の様な番組)にも出演してました。

左がアニータ、右が娘のアンジー
瓜二つだよね!

 

三男

三男のアブラアムさんはプロサッカー選手として
クルブ・ソシアル・イ・デポルティーボ・コロコ
( Club Social y Deportivo Colo-Colo)という
サンチアゴを本拠地とする強豪クラブで活躍して
いました。

今はサッカーを引退して、大学で公認会計士に
なるための勉強をしているそうです。

 

来日して夫に会っていた!

アニータさんは2007年2月に訪日し、服役中の夫と
山形刑務所で面会していたそう!

日本のテレビ各局はアニータさんの肩書きを
「お騒がせ女の」として報じていたようだけど、
そのことは知らなかったなあ。

日本の法律では被疑者でもないんだけど、
アニータさん」と敬称付けで呼ぶと、反感を
持っている人も多いことだし配慮したようです。

この時から千田氏との手紙のやり取りが
始まったそうです。

最初は千田氏も妻になかなか会おうとしなかった
ようですが、なんども行くうちに会えたとか。

彼はただ私に『すまなかった』と言うばかり。
顔もやつれちゃって。
でもその時に刑務所の住所を聞いたので、手紙を書いたの。
そして、彼はお金がないから、返信用のスタンプ(切手)も同封したわ。

1カ月くらいして、日本語で返事が来たそうです。
友達に訳してもらうと、アニータさんに対する
謝罪の言葉がたくさんと、刑務所での仕事の話が
書いてあったそう。

いろんな小物を作っているんだ、という話とか。
それから年に1回か2回、ずっとやり取りをしていたのよ。
その手紙は大切にとってあるわ。

 

再来日もしてた?

2017年7月にまた来日。
「橋下徹&NEWS小山 実録!世界怒りの法廷」
というテレビ番組に出演しています。

驚いたのは、今でも夫と婚姻関係が続いていた
こと。

去年、彼から来た手紙で出所したことを知った
けれども、そこには出所した後の住所が書かれて
いなかったそうです。

手紙には、どこか誰も知らない山奥でひっそりと1人で暮らす、ということが書いてあったの。
そして今後、手紙は、まだ服役中の彼の友人宛に送ってくれれば、時々、刑務所まで受け取りに行くから、とも。

懲役14年という長い刑を受けた彼は、ついに罪を償って出所した。
もう彼を責めることは誰にもできない。
彼は堂々とこの後の人生を送っていいはずなのに、隠遁生活を決め込んでいる。
それっておかしいじゃない? 

確かに彼は悪いことをしたけれど、貧乏な売春婦だった私の人生をすくい上げてくれたのは、他ならぬ彼なのよ。
でも、手紙の感じだと、隠遁生活をしたいという彼の意思は固いみたい。
だから、とにかく1度でいいから彼に会って、話だけでもしたいのよ。

 

でも現在は結婚したい恋人がいるので離婚したい
と、弁護士でもある番組MCの橋下徹氏に、
離婚手続きの協力を要請!

橋下氏は、事件の詳細を問い詰めています。

この時もアニータさんは事実を知らなかったと
主張。

彼を愛してはいない
お金だけが目的だった

と告白しましたが、反面、

彼には感謝している
だって彼のお陰でチリに住めるようになったから

と。

橋下氏は青森県民に対し謝罪するように言うと

私、疲れた。
日本で悪い女として見られて、その気持わかる?

と号泣したんです。

事件がわかった時、チリでディスコや病院経営
がうまくいっていたので、本当はお金を返せた
というんです。

でも誰もお金の返し方を教えてくれなかったと
主張。

本当かなあ?
そこはちょっと信じられないけど。

あの事件のことは、未だに、本当にビックリしている。
ただそれだけです。

私はお金持ちと結婚したと思っていた。
ところが、彼はお金持ちではなく、そのお金は横領したものだった。
そして、逮捕されてしまった。

チリに帰っていた私のところにまで関係者がやってきて、ハーバード大出身の弁護士を雇い、私からも何とかお金を取ろうとした。
でも結局、大したお金は取れなかった。
弁護士費用が莫大にかかったと聞いているわ。
バカみたいな話よ。

おいおい…

でも

ごめんね。ごめんなさい。
本当に初めて私、話できる。
だからありがとう

と謝罪の言葉を述べたのです。

それで橋下氏も
「本当に離婚の手続きが必要なら、ウチの事務所
で協力します」と約束していましたが、その後
どうなったんでしょうか。

恋人は?

現在はウィリアムさんというカナダ人の地理学者
の恋人がいるとのこと。

こんなに愛した人は初めて。
もちろんお金持ちよ。

今までのパートナーは全員、チリ人ではないとの
ことでした。

それでいて

できれば私は日本で彼(千田郁司氏)を説得して、チリで一緒に暮らしたいと思っている。
そして、私の9人の子どもたちを見守っていて欲しい。
最後まで一緒に暮らしたい。
心からそう思っているの。

彼がチリに移住してきたら、今のパートナーが嫉妬するんじゃないかって? 

それはないわ。
だって彼はカナダ人だもの。
嫉妬深いチリ人とは違うから

だそうです。

 

現在のアニータさん

いまの私の願いはたった1つだけ。
できるだけ早く日本に行き、正式に離婚したい。

実はいまも住経理担当だった夫と婚姻関係が解消されていいないの。
それが原因で、直近の彼氏(カナダ人の地理学者)と子供の親権で揉めて裁判中。
仕事にも育児にも、なかなか手が付かない状況なのよ。

じゃあ橋下氏に依頼した件は、うまく行かなかっ
たか引き受けてもらえなかったということ?

もしあの人がこのインタビューを見ていたら、連絡が欲しい。
判子が押された離婚届を送って欲しいわ。
私がサインをするために、日本に行ってもいいしね!

それでチリで一緒に暮らしてたい、という件は
どうなったんだろう…

まとめ

たくましすぎて訳がわからなかったけど、
アニータさんとならエネルギッシュに生きて
いけそうでもあります。

ウィリアムさんに、アニータさんことを聞いて
見たい気もしますが、お国柄もあることだし、
日本人には理解できないかもしれない。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です