中林大樹は性格もイケメン?wikiプロフと出演作!結婚や元カノも調査! 

皿に乗った焼き鳥の写真

竹内結子さんとの「焼き鳥デート」が報じられた
俳優の中林大樹さん、なかなかイケメンです。
ディーン・フジオカさん似と言われてるんですね。

言葉通りの美男美女。
目立つよねそりゃ。

お二人はこれまでなんども共演しているそう。
それに同じ事務所の先輩後輩の間柄です。

同じマンション住まいということもあり、帰りに
焼き鳥屋さんに寄ったのかもしれませんが、男女
2人でというのはやっぱり特別な関係なのかな?

中林大樹さんはこれからぐんぐん人気が出てきそ
うなんですが、どんな性格の方なのかな?

これまでの経歴学歴彼女情報なども調べて
みます。

中林大樹さんのプロフィール

本名  :中林大樹(なかばやしたいき)
*本名を芸名にされてます。
愛称  :ウッディー(ウッディ)

生年月日;1985年1月6日(34歳)
出身地 :奈良県吉野郡大淀町

身長  :180cm
血液型 :A型

趣味
スノーボード、バスケ

スペシャルスキル
スキューバーダイビング(PADI アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー)
殺陣、サーフィン、乗馬

事務所 :スターダストプロモーション

 

学歴

高校:智辯ちべん学園高等学校
大学:大阪学院大学法学部卒業。

智辯学園は私立の全日制中高一貫教育なので、
中学校もここかもしれませんが、高等学校から
入学した外部進学生徒もいるので、違うとこ
かも。

大学では中国語専攻だったそうです。

なぜ俳優に?

中林さんは司法書士を目指していて、大学2年生
のころまでは、法学の勉強をしていました。

でも3年生になって就職活動を始めるうちに、
自分が本当に生涯をかけてやりたいとこは何かを
考えるようになり、その時俳優業が頭に浮かんだ
そうです。

なぜかというと、昔から映画やテレビドラマを
見て感動したり泣き笑いすることが大好きだった
から。

自分でも見ている人をそんな風に感動させること
ができたらいいな、と思うように。

もちろん最初のうちは漠然とした夢だったため、
ここで今まで学んだ法学の知識を無にするのは
どうなのか、悩んでいました。

それで大学の友人に相談してみると、
「今やりたい事をやってみろよ!」
と応援してくれたことで決心できたそうです。

とはいえ中林さんはそれまで、自主制作映画への
出演歴などはあったものの、芸能プロダクション
に所属しているわけでもないアマチュア。

それでいきなりどうやって俳優になろうと?

 

俳優歴

実は中林さん、かなりのラッキーボーイ!

2007年に伊東美咲さん主演で『めぞん一刻』
ドラマ化されたのですが、管理人の音無響子
一目ぼれする五代裕作役は、オーディションで
選ばれることになったんです。

原作は『うる星やつら』『らんま1/2』『犬夜叉』
などで有名な高橋留美子さんによるラブコメ漫画。

 

 

”時計坂”という町にある「一刻館」という名の
古いアパートに住む五代裕作と、そこに管理人
としてやって来た若い未亡人・音無響子を中心
としたラブストーリー。

若い男性が夢に見るようなシチュエーション
だよね、きっと。

 

 

当然、全国から応募が殺到したのですが、
総数3200人の中から選ばれたのが中林大樹さん。
当時は大阪学院大法学部の4年生(21歳)でした。

その頃からイケメンぶりは有名で、アルバイト先の
飲食店に女性ファンが詰めかけるほどだったそう。

オーディションでは内山聖子プロデューサーに

第一印象が決め手。
美咲さんと並んだときに周囲の空気が変わる。

と準主役(ほぼ主役だけど)に抜てきされ、
デビューとなったんです。
岡田建史君みたいだね。

 

 

コメントを残す