三浦瑠璃がワイドナショーでスリーパーセル炎上!根拠がヤバい?動画あり! 

整列している陸上自衛隊員たちの後ろ姿

三浦瑠璃さんという可愛い国際政治学者
各TV局に引っ張りだこです

名前も可愛いし、見ただけではまさかだなんて
思いもしない方。

ですが、ファンも多いけどアンチもやたら多い
印象です。

ワイドナショーで発言されたという
スリーパーセルってなんでしょうか?
なんだか寝具の名前みたいだけど…

スリーパーセル(Sleeper Cell)発言

寝具の名前みたいだなんて、とんでもない
思い違いでした!

「スリーパーセル」というのは北朝鮮の工作員
ことらしい。

それが特に大阪に潜んでいる、と三浦瑠璃さんが
断定したことが問題になっているようです。

 

2018年2月11日、『ワイドナショー』において、
朝鮮半島をテーマに発言した内容。

(前略)・・・実際に戦争が始まったら、テロリストが仮に金正恩さんが殺されても、スリーパーセルといわれて、もう指導者が死んだ、っていうのが分かったら、一切外部との連絡を絶って、都市で動き始める、スリーパーセルというのが活動される、活動すると言われている。

(同席者)普段眠っている、その暗殺部隊みたいのが・・・

テロリスト分子がいるわけです。
それがソウルでも、東京でも、勿論大阪でも。
いま結構大阪がヤバいって言われていて。

(同席者)潜んでいるって事ですか?

潜んでます。
というのは、あの、いざというときにその最後のバックアップですよ。
そうしたら首都を攻撃するよりかは、正直他の大都市が狙われる可能性もあるので。
東京じゃないからという風に安心はできない。
というのがあるので、正直我々としては核だろうがなんだろうが戦争して欲しくないですよアメリカと。

これを受けてTwitterでは「根拠がない」とか
「在日コリアンに対する憎悪や差別を煽りかねな
い」との声が上がっているのです。


瑠璃
さんのブログ「山猫日記」「朝鮮半島をめぐるグレートゲーム」の中の
”スリーパー・セルの危険”の全文を載せておきます。
(改行を加えてます)

スリーパー・セルの危険

安保専門家の間で危機感をもって語られるのがスリーパー・セルの存在です。
スリーパー・セルとは、文字通り有事が起きるまでは眠っていて、相手国の民間社会に浸透して暮らしている敵性エージェントのことです。
これらが、例えば、金正恩氏が殺されたとの報に接したならば、あらゆる外部との連絡を絶ってテロ行動を開始せよと指令されているということです。
ターゲット候補となるのは、空港・駅・橋・港湾施設などの交通インフラ、発電所や変電所などの電力インフラ、通信施設やデータセンターなどの通信インフラでしょう。
あるいは球場やコンサート場、東京銀座や大阪梅田や福岡天神などの日本を代表する繁華街となるでしょう。

実は、2月11日(日)放送のワイドナショーにおいて、スリーパー・セルの存在について発言したところ、ネット上で大きな反応を頂きました。
具体的には、

「実際に戦争がはじまったら、テロリストが仮に金正恩さんが殺されてもスリーパー・セルと言われて、指導者が殺されたのがわかったらもう一切外部との連絡を絶って都市で動き始める(中略)テロリスト分子がいるわけです。それがソウルでも、東京でも、もちろん大阪でも、今結構大阪ヤバいと言われていて・・・。
(中略)
というのはいざという時に最後のバックアッププランですよ。
でそうしたら、首都攻撃するよりは、正直、他の大都市が狙われる可能性もある」
との発言をしました。

正直、このレベルの発言が難しいとなれば、この国でまともな安保論議をすることは不可能です。
私自身、政治家や官僚との勉強会や、非公表と前提とする有識者との会合から得ている情報もあるので、すべての情報源を明らかにすることはできませんが、本件は、専門家の間では一般的な認識であり、初めてメディアで語られたことですらありません。

国民にとって重要なことですので、どのような状況か、公開情報となっているものを紹介していきましょう。

まず、下記(韓国の情報源に基づく英国の記事)では、北朝鮮から、ラジオを使って暗号が流されたことを報道しています。
記事を通じて、スリーパー・セルの存在や、連絡手段のあり方が明らかになっている他、スリーパー・セルは、「各国にいる」とも表現されています。
日本は、韓国に次いで北朝鮮にとっての重要な工作先ですから、日本にも存在すると想定することは当然でしょう。

また、日本でも読売新聞が、大阪府朝鮮総連傘下の商工会の人間が1980年の拉致事件に関わっていたということを過去に報道していますから、その当時大阪にテロ組織があったことはわかります。

当然、この状況は日本の治安組織もつかんでおり、平成元年には、当時の警察白書において、
「我が国に対するスパイ活動は、我が国の置かれた国際的、地理的環境から、共産圏諸国であるソ連北朝鮮等によるものが多く、また、我が国を場とした第三国に対するスパイ活動も、ますます巧妙、活発に展開されている。」
と断言しています。

直近の平成二十九年版の警察白書では、北朝鮮をめぐる拉致問題をはじめとするテロ活動について、
「諸情報を分析すると、拉致の主要な目的は、北朝鮮工作員が日本人のごとく 振る舞うことができるようにするための教育を行わせることや、北朝鮮工作員が日本に潜入し て、拉致した者になりすまして活動できるようにすることなどであるとみられる。」
としています。

秘密工作という分野は、公開情報を基に行われる研究者の間では扱いにくいテーマです。
スリーパー・セルについて扱ったものではありませんが、北朝鮮に対する制裁の専門家である古川勝久著の『北朝鮮核の資金源』新潮社においては、日本に贅沢品や軍需品を密輸する会社があることを詳細に綴っていらっしゃいます。
ただ、これだけでも北朝鮮の工作が日本国内において日常的に行われていることはわかるでしょう。

スポンサーリンク


スリーパーセル発言の根拠がヤバい?

「根拠を示すべき」という批判の声に対して
すべての情報源を明らかにすることはできませ
」と断った上で紹介した「公開情報」が
”韓国の情報源に基づく英国の記事”
という「デイリーメール」の記事だったことが
火に油を注いだ形に。

デイリーメールは右翼的かつエンターテイメント
性が売りの、イギリスの大衆紙またはタブロイド
紙。
芸能人のゴシップや星占い、宇宙人の存在など、
読んで面白いかどうかが記事作りの重要点で、
情報源の信頼度に関しては問題ありとされている
ようです。

「いま結構大阪がヤバいって言われていて」
と、
大阪をテロ対象として例をあげた理由は
「全面戦争を避けるため」とのこと。

東京を狙ったら全面戦争になるから?
その国の首都を狙ったら、そりゃあ…
だからって大阪?
十分ヤバいと思うんだけど…

大阪は在日コリアンの方々が多く住んでいるらし
く、「在日コリアンへの差別・偏見を助長するの
ではないか」という批判も。

瑠璃さんはハフィントンポストの取材に対して
私は番組中、在日コリアンがテロリストだなん
て言っていません。逆にそういう見方を思いつい
てしまう人こそ差別主義者だと思います」と反論
しているようです。

日本は最近ずいぶん他人に対して不寛容になった
という本や記事を多く見かけるようになりました。

瑠璃さんみたいに目立つ人がテレビであんな発言
をしたら「そら、いいネタがきたぞ!」みたいに、
あとでどう言ったところでツッコんで下さいって
言ってるようなもの。

作家で批評家の東浩紀氏は
「テレビの地上波でそんなこと不用意に言ったら
ヘイトの口実に使われるに決まってる」
とおっしゃっています。

 

瑠璃さんはスリーパーセル発言に対し、
このようにおっしゃっていました。

でも、私は自分の発言に後悔はしてないんです。
スリーパーセル発言についても、言葉の選び方についての反省はあります。
「ヤバい」っていう軽い表現は使わないほうがよかったとか、「大阪」ではなく「大都市」って言えばよかったとか、「スリーパーセル」というカタカナ語を使わずに「工作員」と言えばよかったとか。
でも、スリーパーセルの懸念について発言したこと自体は全く後悔してないです。

なぜなら、あのとき松本人志さんたちは、若干運命論的に、アメリカの先制攻撃も仕方がないのかと思いかけていると感じたからなんです。
彼らに「開戦説」の恐ろしさを納得してもらうためには、無力感に打ちひしがれていただく必要があったんです。
核ミサイルが飛んできたら100万人死ぬ。
その現実感もないでしょう。
でも、もし仮に核弾頭を米軍が全て破壊できたとしても、まだ日本はスリーパーセルの脅威を受けるよ、と指摘したことで、スタジオは無力感に包まれましたが、それこそが私が意図したことでした。

 

スポンサーリンク


スパイ(スリーパーセル)は本当にいるの?

この世界は、私みたいな一般人にはとてもわか
りません。
だいたいスパイなんて映画の世界でしかお目に
かかりませんし。

でもそこら中にいるのかもしれないな。
スパイってかっこいいイメージがあるけど、
それは映画の話で、実際は目立たない人たち
なんじゃないかな。

オピニオンサイトiRONNA
「スパイ天国」日本を狙う中朝工作員の恐るべき活動
の記事ではこのように。

北朝鮮で製造されるミサイル部品の90%は日本から輸出されていた(2003年5月、米上院公聴会での北朝鮮元技師の証言)。
北朝鮮の核施設元職員で1994年に韓国に亡命した金大虎は、各施設には多数の日本製の機械や設備があったと証言。
平成24(2012)年3月、北朝鮮にパソコンを不正輸出したとして外為法違反罪で在日朝鮮人の会社社長が逮捕された。
北朝鮮への経済制裁で全面禁輸となった後も、パソコン機器1800台を無承認で輸出。関連機器の輸出総数は約7200台にのぼるとみられている。

————————————————————-

平成29(2017)年11月30日の参議院予算委員会で、自民党の青山繁晴議員が「北朝鮮の木造船が次々に漂着している。
異様だ。
北朝鮮は兵器化された天然痘ウイルスを持っている。
もし、上陸者ないし侵入者が、天然痘ウイルスを持ち込んだ場合、ワクチンを投与しないと無限というほど広がっていく」と問題提起したうえで、バイオテロにつながりかねないとの認識を示した。

出典:濱口和久(拓殖大大学院特任教授)/(青林堂『日本版 民間防衛』より)

 

元CIA諜報員でニューズウィークの記者である
グレン・カール氏はこのように。

そもそもスリーパーとは、ある国に長期にわたり送り込まれる工作員のことだ。
事前に任務を言い渡されているが、ジェームズ・ボンドのように手際よく任務をこなして帰国するスパイとは違う。スリーパーはターゲット国の社会に完全に溶け込み、本国から指示があるまで、ひたすら「普通の生活」を送る。

通常、スリーパーはターゲット国で、与えられた任務に近い分野の仕事を得ようとする。
そして、一見したところ愛国的な市民という隠れみのを作り、その国の国家安全保障関係者に取り入り、政府の「計画や意向」に関する情報を引き出す。

————————————————————-

最近の有名なスリーパーとしては、10年にアメリカで逮捕されたロシアの「美し過ぎるスパイ」アンナ・チャップマンがいる。

チャップマン逮捕後にロシア側の関係者が明らかにしたところによると、チャップマンはオバマ政権高官をたぶらかし、アメリカの外交情報を手に入れようとしていた。


日本の防諜担当者なら、北朝鮮から暗号放送が流れてくること、そして日本にはさまざまなタイプの北朝鮮の工作員がいることを知っているだろう。
また、暴力的な任務を与えられたスリーパーも理論的にはいるかもしれないが、基本的には情報収集が主目的であることを知っているだろう。
そして北朝鮮で戦争が起きても、日本にいるスリーパーの脅威が跳ね上がることはまずないと知っているだろう。

確かにスパイ活動は、目に見えない闇の世界だ。
そしてスリーパーは確かに存在する。
だが、平均的な日本人がそれを眠れないほど心配する必要はない。
それは日本の防諜機関の仕事だ。
彼らが今この瞬間も、北朝鮮の暗号メッセージを分析してくれているはずだ。

ニューズウィーク日本版 グレン・カール CIAが視る世界
北朝鮮「スリーパー・セル」を恐れる必要はない 2018年02月20日(火)17時15分

 

スリーパーセルの小説と映画

TBSテレビの報道局記者・ニュースキャスター
で作家の竹内明さんの

ミサイルより恐ろしい…北朝鮮「浸透工作員」とは何者なのか〜私が出会った北朝鮮工作員たち」

という記事がありました。

お話しされている動画もあります。

 

『スリーパー』という小説も書かれていて、
映画にもなっているんですね!

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す