弘前公園さくらまつりの開花予想!会期とマップ・見所を上手く歩くコース!

弘前さくらまつりの夜景

平成30(2018)年に100周年を迎え、今や海外
でも有名になった弘前さくらまつり
青森県弘前市の公園で行われる桜祭りです。

死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも
選ばれてますね。

昼間の桜も夜桜も、花が散っても花筏はないかだ
美しい。

東京のお花見シーズンにはまだ雪も降っていた
弘前公園は、毎年ゴールデンウィークが見頃と
あって、40万人を超える人手となります。

広いしあまりの人出で、全部見ようと思っても
見きれるものではありません。
疲れちゃうしね。

そこで、実際にどう歩いたら一応はまんべんなく
みた感じになるか、押さえておきたいポイントは、
など、本当に必要な情報だけをまとめました。

スポンサーリンク


弘前公園さくらまつり2019

会期 :2019年4月20日(土)~5月6日(月振)

※通常会期は4月23日~5月5日ですが、今年は
1889年(明治22年)の市制施行から130周年

しかも今年はまつり会期中に改元を迎えること
から、4日拡大して実施されます。

 

 夜桜見物と屋台・出店

【ライトアップ】
日没~23:00(予定)

【露店・出店の営業時間 】
9:00~21:00
園内約200店

【夜間特別照明】
まつり期間中、日没~23:00(予定)

 

開花予想!

 

2019年4月15日現在の、弘前市公園緑地課発表に
よると、今年の開花は平年より2日早い4月21日
予想されます。

(ただし今後の気温の推移によって開花予想日は
変わります。

満開は26日花筏はその後30日くらいまで

ソメイヨシノ
【園内(標準木)】
開花日 4月21日 (平年比 2日早い)
満開日 4月26日 (平年比 2日早い)【外濠】
開花日 4月20日
満開日 4月25日
【花筏見頃】
4月27日〜4月30日
【桜のトンネル】
開花日 4月22日
満開日 4月27日(園内の平年開花日は4月23日)
※ ソメイヨシノの満開は平均3日間続き、その後3日間は花吹雪と花筏が見られます。
※ 本丸のヤエベニシダレの開花予想日は4月26日です。

 

ただし今年はソメイヨシノが散った後でも楽しめ
るように、遅咲きのさくらもけっこう用意して
いるそう。

 

弘前公園に桜が植えられたのは1715(正徳5)年。
藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰
ったのが始まりだといわれています。

明治に入ってから、荒れ果てた城内に1000本の
ソメイヨシノが植栽され、1895(明治28)年から
弘前城跡が公園として一般開放されました。

現在では園内に約2600本の桜が咲き誇り、西堀
桜トのンネルは下を歩くいても、ボートで
掘から見ても見事の一言!

 

そして花筏
こちらは外堀です。
歩道から続いているように見えるので、
歩いて行って掘りに落ちる人もいます。
気をつけて!

 

 

 

弘前公園見所コース

公園中をまんべんなく歩くのはかなり大変。

ここでは、ここを歩いて行けば大体の見所を
見られる、というコースをご案内します。

 

まずは弘前市役所向かいの入り口から追手門へ。

右に市役所、左に外堀。
堀沿いの道を走っています。
やがて左に曲がって追手門に着くところです。

 

同じ角を曲がったところから。
追手門に至る道が見えます。
雪景色ですみません。

 

弘前城三の丸 追手門おうてもんから

公園内の地図】

 

  • 1)追手門をくぐったらまっすぐ進む。

  • 2)突き当たったら左➡︎やがて右に赤い杉の大橋があるので渡って南内門をくぐる。
  • 3)南内門を出たら右に行き、道なりに左へ曲がる。
  • 4)➡︎やがて左側にお城が見え、赤い下乗橋があるので渡ると料金所がある。
    (以前は、この橋はお城をバックにした写真スポットなので、いつも混んでいました)
    いったん通り過ぎてまっすぐ行くと、右手に日本最古のソメイヨシノがあるので見ておこう。

  • 5)戻って下乗橋を渡ると料金所がある。
    • 料金を払って坂道を上ると本丸 ➡︎お城の中を見学したら岩木山が見える展望所へ。

     

  • 6)➡︎右方面へ進み、階段を降りて鷹丘橋たかおかばしを渡ると武徳殿休憩所がある。

 

  • 7)そこから桜のトンネルがある西濠(ニシボリ)に降りる道が左手にあるので、聞くなどして見つけて降りて行って下さい。
  • 8)➡︎堀を右に見ながら西濠沿い桜のトンネルを歩く。

  • 9)右にボート乗り場(西濠貸しボート)があるので、乗ってもよし、乗らなければ向こう側に渡り、反対側の桜のトンネルを歩く。

  • 10)先ほどは通りすぎたのだが、赤い春陽橋が見えてくる➡︎渡って左に歩いて行く。

  • 11)四の丸を抜けてレクリエーション広場へ。
    お化け屋敷など色々あるので、楽しんだら、坂を登る。

  • 12)登ったら左へ行くとピクニック広場に出る➡︎まっすぐ行くと、植物園がある。
  • 13)植物園に入る前に、まず右に行って

  • 14)戻って植物園を見たら、東門から出る➡︎堀を渡って終了。

 

以上です。
けっこう疲れます。

屋台で何か食べたり、ぜひチリンチリアイス
食べて下さいね。

 

東門から

城門の特別公開

東門(東内門)
普段は公開していない重要文化財二の丸東門
(東内門)の内部を特別公開。

開催日
2019年5月4日(土・祝)、
5日(日・祝) 10:00~15:00
入場料:無料

 

ちょうど東門からのコースを案内してくださって
いる動画がありますので、載せておきます。
ちょっとスピードが早いけど。

 

View this post on Instagram

 

弘前公園内の散歩コースを紹介! 東門から追手門に抜けるコースを紹介します。 1.東門からピクニック広場を通り抜けます。 2.右に曲がると坂を下り亀甲門、左に曲がると本丸方面のT字路を左へ。 3.途中に遊具がある広場があります。 4.日本最古の桜を通過します。 5.道がとても広くなり、南内門に出ます。 6.杉の大橋を越えて植物園方面へ曲がります。 7.追手門に到着! 皆さんのおすすめコースはありますか? #私の弘前公園 #myhirosakipark #桜 #sakura #cherryblossom #春 #spring #弘前公園 #hirosakipark #hirosaki_park #hirosakicastlepark #弘前城 #hirosakicastle #弘前さくらまつり #散歩コース #弘前公園さんぽ #弘前散歩コース #東門 #追手門 #日本最古の桜

弘前公園(青森県弘前市)さん(@hirosakipark)がシェアした投稿 –

 

夜桜コースなら東門からがおすすめ

もしお昼過ぎに行って、ゆっくり夜桜を見たい
なら、東門から入って「植物園」を見てから
公園内に入って行く方がおすすめです。

 

どちらにしても、屋台はすごい数だし時間が
とられます。

 

「植物園」「本丸」「最古の桜」
「レクリエーション広場」「桜のトンネル」
大まかに分けて、計画しておこう!

 

番外編:ハートマーク

弘前公園には、桜のハートが見られるスポットが
あるんです。

ハートがついた切り株が目印なので、探してみて!

夜桜の方が見やすいかな?

 

桜ミク

桜ミク弘前さくらまつりの公式応援キャラクタ
ーに就任しています。

弘前さくらまつり2019を皮切りに、今後2年間
コラボ展開するそう。

ポスターがメルカリで売られてて、問題になって
た。

 

ということで、いくらかでも参考になれば
幸いです。

なお、有料区域もありますので、別にまとめて
おきましたl。

スポンサーリンク


コメントを残す