中川翔子(しょこたん)はなぜ退位特番に?NHKとの関係は!出演歴を調査!

黒猫の女の子のイラスト

2019年4月30日は各局が退位特番一色でした。

驚いたのは午後4時からのNHKの報道特番
「天皇陛下きょう退位」に、タレントの中川翔子
さんが出演したことです。

ほかの出演者は宮内庁元侍従次長や天皇陛下の
学習院時代の同級生や、元号の歴史に詳しい京都
産業大学の所功名誉教授、日本中世史が専門の
東京大学の本郷和人教授です。

しょこたんは”タレント、趣味はイラスト読書、
東京五輪・パラのマスコット審査会メンバー”と
テロップが出ていました。

これにはネットでも驚きのつぶやきがいっぱい!
「なんで中川翔子?」「ウケる。しょこたん」
などなど、同じ感想を持った人がたくさん!

しょこたんは4月1日、新元号発表のNHK特番
にも出演したんですよね。

これは NHKとの蜜月関係?
そういえば、これまでも時々NHKの番組に出てた
し、ラジオでもアニソンの番組のレギュラーだし。

これまでの出演番組なども調べてみよう!
主人もしょこたんのこと好きなんだよねえ。

 

スポンサーリンク


中川翔子(しょこたん)のプロフィール

【  本  名  】 中川 しようこ
【生年月日】 1985年5月5日(33歳)
【出 身 地 】東京都中野区

【  身  長  】 157cm
【血 液 型 】A型

【趣味】パソコンでイラストを描くこと、読書
【特技】ヌンチャク、イラスト

【著名な家族】 中川勝彦(父)
【活動期間】 1990年 – 現在
【事務所 】ワタナベエンターテインメント

 

  • 2001年、ポポロガールオーディションでグランプリを受賞。
  • 同年、16歳の誕生日記念に母の桂子とジャッキー・チェンが経営する香港のレストランを訪ねた際、本人と遭遇し感激のあまり泣いたことがきっかけでジャッキー・チェン事務所日本支部に所属。
  • 2002年11月、「ミス週刊少年マガジン」に選ばれ芸能活動スタート。
  • 同年、ジャッキー・チェン日本支部が閉じられ、香港まで契約解除の書類を書きに行く。その後ワタナベエンターテインメントへ移籍。
  • 2004年、「しょこたん☆ぶろぐ」を開始。
  • 2007年にはブログの総アクセス数が5億ヒットを超え「新ブログの女王」として有名に。
    日本における2大検索サイトYahoo! JAPANおよびGoogleにおいて、2007年度の検索ランキング・著名人部門で1位となる。

  • 同年、第58回NHK紅白歌合戦に初出場。
  • 2015年、NHK朝の連続テレビ小説「まれ」に出演。
  • 2016年、舞台「ブラック メリーポピンズ」「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」に、それぞれヒロインとして出演。
  • 現在はテレビ東京「ポケモンの家(うち)あつまる?」、フジテレビ「ウチくる!?」などレギュラー出演番組を多数抱え、「ポケモン・ザ・ムービー」に10年連続声優出演している。
  • 東京2020マスコット審査員、2020万博誘致スペシャルサポーターもつとめている。

 

父・中川勝彦さん

1980年(高校3年)の時に、NHK「ヤングミュー
ジックフェスティバル」
に出場したのがデビューの
きっかけで、映画の『ねらわれた学園』『転校生』
などに出演してブレイク。

美男子シンガーとして有名でしたが、気さくで
下ネタ大好き。
謹慎処分を2回も受けたことがあるようです。

交際していた女性の妊娠をきっかけに結婚した
けど秘密にしていました。
それがしょこたん
(のちにタレントになったしょこたんが明かす
まで知られていなかったんです)

ゲゲゲの鬼太郎』と楳図かずおのをいきなり全巻買って与えたりするような父親で、娘から見てもいかがなものかと眉をひそめる

怪獣映画や漫画が大好きで、5歳の娘に楳図かずお
『赤んぼ少女』「ゲゲゲの鬼太郎」を読まな
いと、ちゃんとした大人になれないと言っていた
くらい。

 

Renta!『赤んぼ少女』

 

Renta!「ゲゲゲの鬼太郎」
娘はがっつり影響を受け、漫画とイラストが特技に。
楳図かずおを崇拝し、漫画家を目指していたことも。

でもお父さんは1992年9月に急性骨髄性白血病に
なり、1994年8月、32歳で死去。
しょこたんはまだ9歳でした。

 

スポンサーリンク


中川翔子さんが退位特番に出演したわけ

所属事務所の関係者の話では

年配の堅いイメージがある有識者の方が並ぶ中、番組側から年齢が高くなく一般の視聴者の目線で語れる方が必要ということでオファーがあった

だそうです。

確かにねー。
大体、今まで皇室関係の番組はそういういわゆる
”有識者”とか”ご学友”しか出てないよね。

しょこたん出演の反響は大きかったみたいだし、
NHKとしても目論見通りだったわけだ。

 

しょこたんのコメント

へ〜そうなんだ!
初代天皇の神武天皇が即位したとされる年から
数える「皇紀」というもので、西暦でいえば
紀元前660年だそうです。

でも今はほとんど使われてないし、神武天皇
紀元前660年に即位したというのは歴史学的にも
考古学的にも否定されている否定されていると
いいます。

昔、歴史の時間に「神武天皇は200年生きた」って
聞いたように思ってたけど、古事記では137歳、
日本書紀では127歳になっているんだそうです。

ま、どれにしたってありえないしね。

 

令和元年になって、令和生まれの世代がRに丸をつけるようになっていくのかと、どのようになじんでいくのかと最初びっくりしました。
でも昭和に慣れ親しんだこともあって『和』という漢字からじわじわ安心するようになってきました。

 

平成は、わたしにとってたくさんの夢が叶った時代!
インターネットが普及して たくさんのアニメ漫画ゲーム文化が世界中で繋がって 個人が生きた証を発信して残せる進化があった その時代だからこそ言葉にまた新たなパワーが宿って、 夢がたくさん叶った時代!
平成で出会った全ての皆様ありがとう

しょこたんは33歳。
ほぼ平成育ちで、いま芸能界で活躍する土台は
全て平成からのプレゼント。

 

私は元号なんて関係ないと思ってたし、世間の
騒ぎ方にいささかうんざり感があったんだけど、
タモリさんのコメントで
「(元号は)ずっと続く本の中で日本だけが持って
いる”章”」というのが素敵だなあ、と思った。

 

令和をどんな時代にしたいですか」と、特番で
一般の方々に聞いているけど、確かにそうやって
考えるきっかけになるっていうのはあるなあ。

 

スポンサーリンク


しょこたんとNHK

小さい頃からNHKの番組が身近にあったという
しょこたん

朝起きるとまずEテレをつけて、NHKをつけっぱ
なしだったそうです。

ご両親の教育方針だったんでしょうか?

『おかあさんといっしょ にこにこ、ぷん』
『ひとりでできるもん!』と共に幼少期を過ごした
のは同じなんだけどなあ。

 

しょこたんは子どもの頃、絵を描くのが好きで、
ニュースで覚えたゴルバチョフ元大統領(旧ソビエト
連邦)の似顔絵を描いてたとか…

この頭のしみ?あざ?が有名でしたね!

ニュースに出てくる人で面白い人を描くと、
おばあちゃんにほめられたそう。
やっぱり教育方針だ!

 

アニメ好きの元もNHKにあって『カードキャプター
さくら』、『おばけのホーリー』、『ふしぎの海の
ナディア』、『バクマン。』などなど。
『みんなのうた』も大好きだそうです。

あとは『天才てれびくん』『名作ホスピタル』

 

しょこたんは意外な趣味があったり、意外なことに
詳しかったりするけど、こういう訳だったのかも。
いろんなジャンルの番組が入るもんねえ。

 

“宇宙”が好きで、宇宙スペシャルの企画番組があれば
顔が出なくてもいいからリポーターとして参加したい
そう。

NASAの偉い人にインタビューしたり、国立天文台に
行ったりしたいんだそうです。

子どものころに興奮し、衝撃を受けた番組に参加して
いけることが、幸せな時代に生まれたんだなぁ~、と
思っているとのこと。

こりゃあNHKとしては嬉しいことこの上ないわね。

 

私がしょこたんを最初に覚えたのは、クリオネを飼って
いて、食事の様子を解説していた時。

「海の天使」と言われているのに、食事の時は
悪魔。

クリオネを飼ってるなんて、そうとう変わってる
人だなあ、という印象が最初でした。

 

今では『バリバラ』『きょうの料理』
『ディープピープル』も。

 

しょこたんのNHK出演

    • 2006年、懐かしTVマニアックス〜NHK編〜
    • 2007年、あそむび幸運探偵風烈光の事件簿、
      『第58回NHK紅白歌合戦』で「空色デイズ」を披露

    • 2008年パフォー!』エンディングテーマ
    • 2009年、どーもスポット(2009年、NHK)プカポワどーもくんの友達)の声担当
    • 2013年〜、アニソン・アカデミー(NHK-FM、2013年4月6日 – )
    • 2014年、大河ドラマ「軍師官兵衛」第5話 – お国 役
      Once Upon a Time -キボウノウタ- NHK BSプレミアム 海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」日本版エンディングテーマ

    • 2015年、自身のエッセイ『ねこのあしあと』を基にしたテレビアニメ『おまかせ!みらくるキャット団』がNHK Eテレにて開始

     

    • 2015年、連続テレビ小説「まれ」 – 小原マキ 役
      朝ドラ初出演、美容院に勤めるほれっぽい“謎の女”

    • 2016年〜今日は一日“アニソン”三昧 〜あンな歌にそンな歌にこンな歌 何ンでもありーな感じ!?〜
      NHK-FM『アニソン・アカデミー』テーマソング(歌:ささきいさお・水木一郎)、作詞(あべあきらと共同)・ジャケットイラスト担当

    • 2017年、『植木等とのぼせもん』 第2話 – 最終話 (NHK、2017年9月9日 – 10月21日) – 伊東ゆかり 役
      「ねこねこ55」 キャットニュース55中川(にゃかがわ)翔子キャスター役

    • 2018年、『デイジー・ラック』 – 讃岐ミチル 役
    • 2019年、NHK×JR東日本「生きる支援トレイン」運行 「今、ゆううつな君へ。」車内広告
      生きるのがつらい10代のあなたへ

    • 2019年、「おもてなしの基礎英語」

     

やっぱりしょこたん、NHKに出まくりでしたね!
気に入られてるんだな〜。

これからも朝ドラや大河ドラマに出演しそう!
まだまだ意外な活躍を見せてくれそうですね!

 

では、ここまで読んでくれてありがとう!

まとめ

しょこたんのお父さん、美男子ー!
しょこたんも可愛いもんね。

母娘そろって松田聖子の大ファンだそうですが、
お母さんもかなりキャラの濃い方みたい。

ブログには

本能のままに生きる祖母、栄子と自分のために一生懸命働いてくれる母。

との記述があります。

もしかするとしょこたんは、一族の中では
キャラとしては薄いほうなのかも!

スポンサーリンク


コメントを残す