佐藤駿の中学校と高校はどこ?羽生結弦との関係とペンダント秘話!

男子フィギュアスケート選手

男子フィギュアスケート界に新しいスターが
誕生したかも!

ジュニアのグランプリ(GP)シリーズ第2戦米国
大会男子ショートプログラム(SP)で、15歳の
佐藤駿さとうしゅんさん(埼玉栄)が79.19点で首位!

これがジュニアGPデビュー戦でしかもノーミス
だというから凄い。
まるで紀平梨花選手みたいだね!

これは、もう1人の新人鍵山優真くんとともに、
羽生結弦さんと宇野昌磨さんのようなスターに
なるかも!?

 

今日は将来が楽しみなフィギュアスケート選手の
佐藤駿さんの中学校や高校はどこなのか、そして
あの羽生結弦さんといったいどのような関係
あるのか、いつも持ち歩いているというペンダン
秘密についても調べました!

 

スポンサーリンク


GPシリーズ第2戦SP動画

では最新のジュニアグランプリシリーズ第2戦
米国大会男子ショートプログラムの様子です!

コーチが本当に驚いてる!

 

佐藤駿選手のプロフィール

【生年月日】2004年2月6日(15歳)
【出 身 地 】宮城県仙台市
羽生結弦さんと同郷です。

【  身  長  】160 cm
羽生結弦さんは172cm
宇野昌磨さんは158cm
【血 液 型 】O型

【  所  属  】埼玉栄高校
【  趣  味  】映画鑑賞

佐藤駿選手は2014〜2017年のノービス選手権で
4連覇を達成しているんですが、これは憧れの
羽生結弦さんもなし得てはいません。

2015年 全日本ジュニア選手権15位
2017年 東日本ジュニア選手権 優勝
2017年 全日本ジュニア選手権6位
2018年 全日本ジュニア選手権2位

ノービスB:9歳と10歳(小3で6月までに生まれた者&小4・小5で7月以降に生まれた者)
ノービスA:11歳と12歳(小5で6月までに生まれた者&小6・中1で7月以降に生まれた者)
ジュニア:13歳以上18歳以下(中1で6月までに生まれた者を含む)
シニア:15歳以上(中3で6月までに生まれた者を含む)

● ジュニアからシニアへの移行は、その選手の成績や意志などで異なる。
● 6月30日時点での年齢が15歳以上18歳以下の選手は,シニア・ジュニアのいずれかを選択できる
● ただしグランプリシリーズに関しては,ジュニアかシニアのどちらかにしか参戦できない

 

4回転

2018年12月24日のフィギュアスケート全日本選手
権男子のフリーで、佐藤駿選手は4回転ジャンプ
成功させたんです!

この時まだ14歳で埼玉栄中の3年生。
羽生選手より早く跳べたんですね!

 

スポンサーリンク


経歴

スケートをはじめたきっかけは、5歳の誕生日、
父親にスケートに連れていってもらったこと。

たちまち夢中になった駿しゅん 少年は、当時羽生結弦
さんが練習していた「アイスリンク仙台」で
自身も練習をはじめました。

目の前で羽生選手の練習を見ていたんですね!
このときからすでに、羽生選手に憧れるように
なったそう。

 

震災

仙台市立高森小学校に入学して次の年の
2011年3月、あの東日本大震災が起きました。
羽生選手が練習中だったという話は有名ですね。

佐藤駿選手の自宅は半壊し、1週間も家族と
車の中での生活。

この時駿少年が家から持ち出したものは、
なんとスケート靴だったそうです。
一番大事なものだったんですね。

けれどアイスリンク仙台も営業休止に。

駿少年はスケートを続けたいと、小学校を転校
することにしたんです。

そのため東京の祖父母の家からバスと電車で
1時間かけて、川越市の川越スケートセンター
に通いました。

 

5か月後にアイスリンク仙台は営業を再開し、
駿少年も仙台に戻って練習再開。

お母さんが毎日、学校からアイスリンク仙台へ、
家へと送り迎えしてくれたんだそう。

かーわいい!

2014年からノービスで優勝していたということ
は、小学校4年生からということ!

小学校5年生の時にテレビ番組「夢に描くキセキ」
の特集コーナーで、「羽生選手の再来。日本一の
小学生」として紹介されています。

さらにフィギュア上達のためにとバレエも習い始
めています。

2016年、仙台市立高森中学校に進学しますが、
2018年、中学3年生になる段階で、父親の転勤で
埼玉へ引っ越し、埼玉県の埼玉栄中学校に転校。

ここは私立の中高一貫校で、「文武技芸」の四道
を目指していて、スポーツが盛んな学校だそう
です。

2019年、埼玉栄高校に進学しました。
現在高校1年生。

 

コーチ

日下匡力さんと浅野敬子さん。
元コーチは浪岡秀なみおかすぐるさん。

「アイスリンク仙台」で練習していた頃は、
ジュニア選手権で好成績を残した選手でもあった
浪岡秀さんがコーチでした。

2018年春から埼玉県上尾市の埼玉アイスアリーナ
で練習しているため、所属している専属コーチの
浅野敬子さん日下匡力さんがコーチをしている
ようです。

このお2人は、震災後に駿少年が川越スケートセン
ター
で練習していた時にコーチをしてくれていた
方々なんだそう。

思わぬ縁が結ばれたんですね。
お二人とも、まだ小学校1年生の男の子に、並々
ならぬ才能を見出していたのかも。

 

振付師

川越正大(かわごえまさひろ)さんと
佐藤操(さとうみさお)さん。

川越さんはシチズンプラザで個人レッスンもされ
ている方で、全日本ノービス選手権出場選手や、
世界ジュニア選手権に出場する選手の指導に実績
のある方。

写真はこちら

 

佐藤さんは横浜銀行アイスアリーナ所属の振付師
で、佐々木彰生さんのプログラム全般や
佐藤洸彬選手の「ボレロ」、
三宅星南選手の「アフロサーカス」、
田中刑事選手の「千と千尋の神隠し」など、
個性的な振付けをされる方です。

 

スポンサーリンク


ペンダント

佐藤駿選手が5歳の時、羽生結弦さんから
直接もらったんだって!
大事に持ち歩くわけだ。

 

駿少年はどうしても羽生選手の試合が見たくて、
お母さんに頼んで横浜まで試合を見に行った時、
羽生選手とお話しすることができたそう!

その後羽生選手が仙台に帰ってきた時、彼に
プレゼントしてくれたといいます。

駿くん、よっぽどキラキラ目を輝かせていたん
だろうなあ。

同じアイスリンク仙台で練習している子だって
わかって、しかも横浜まで見に来てくれたら
そりゃあ羽生選手でなくたって感激するよね!

弓の形をしていますが、名前の”結弦”
関係しているんでしょうか。
かっこいい。

 

佐藤駿選手と鍵山優真選手

今後の日本のフィギュアスケート界を引っ張って
行くことになるであろうお二人。
いいライバルで、楽しみです。

 

ではここまで読んでくれてありがとう!

 

まとめ

佐藤駿選手の将来の夢は2022年北京五輪」
優勝すること。

日本のフィギュアスケート界は女子も男子も
逸材揃いで嬉しいな!

 

スポンサーリンク


コメントを残す