日食なつこのドラムのkomakiとは誰?彼氏や出身高校・大学を調査!

日食なつこのアルバム「麒麟」のジャケット写真

日食なつこさん、かっこいい〜〜!!

以前から良かったんだけど、ドラムのkomakiさん
と組んでから、すっごくかっこよくなりました!

昨年の10月に『水流のロック』が、
『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で取り
上げられてから、注目が集まりはじめています。

 

9月27日に、5枚目のミニアルバム『鸚鵡(おうむ)
をリリースしましたが、よりソリッドな音・歌・詩
に、シビレます!

スポンサーリンク


 

日食なつこさんのプロフィール

さん、さんとさん。

本名は?

小田島奈都美さんです。
「なつみ」を「なつこ」にしたのかな?

芸名については「あまり深い意味は無い」そうです
が、高校時代から天文学用語など、難解な単語を使
うのが好きだったとのこと。

彼女の歌詞を聞けば、それはわかる気がします。

それで、ホームページで使っていたハンドルネーム
「日食」にしていたことから、日食を使ったそう
です。

初めてのライブでは夏子と言う名前で出ていたよう
ですが、同じ名前で活動している歌手の方がいたの
で、「日食」をくっつけたという経緯もあるそうで
す。

「にっしょくなつみ」より「にっしょくなつこ」の
方が言いやすいね。

そういう語呂も、考えたのかも。

 

経歴

生年月日:1991年5月8日(26歳)
血液型 :A型
出身地 :岩手県花巻市
高校  :花巻北高校
大学  :岩手大学中途退学

小学校時代

小学校から家までの通学路が1.2kmあって、ずーっとまっすぐの道だったんだけど、そこに全部落書きして帰ってたし

9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始めたそう
です。

中学時代

私、中学校の時に吹奏楽をやってたんだけど、自分の気に食わないことは一切受け付けなくて。
一応サックスパートのパートリーダーをやってたんだけど、パートが崩壊しちゃって(笑)。
「朝練に来る気ないなら、楽器置いてって。持って帰んないで」とか――。

自分では怖いと思ってなかったんだけど。
それがダメなことなんだなって気づいたのが、中学3年の終わり、部活を引退するくらいの頃で。
「私は音楽好きだけど、集団の音楽をやったらたぶん壊すな」って思って。
それでソロに行くしかなかったっていう感じだったんだけど。

 

高校時代

ずっとひとりで音楽活動。

高校2年の冬から盛岡でライブを開始し始め、
テレビ朝日のストリートファイターズと言う番組
の企画で東北エリア代表になります。

それがきっかけとなり、2009年(18歳)、ファース
トアルバム『LAGOON』を発売。

この時期に、i-Tunesヴォーカルチャートで1位を
獲得しています。

 

大学時代

19、20歳の頃、岩手のホームセンターの裏でバイト
していたそうです。

大学に通いながら、バイトしてライブ活動をして
いたのでしょう。

そして、音楽で生きていくことを決め、退学、とい
うことになるのでしょうね。

 

2012年から2013年にかけ、”ARABAKI ROCK
FEST!”、
“風とロック”、”JOIN ALIVE”などの
大型ロックフェスに出演していき、ファンを広げて
いきます。

 

高校3年間プラス、高校出て3年くらい、6年くらいはずっとひとりでやってきて。で、レコーディングの時は一流のアレンジャーさんに全部お願いして、私のわがままを汲んでもらったみたいな感じだったから、何も苦労はなかったんだけど。初めて2014年からkomakiさんとやるってことになって――komakiさんも、まあ我が強いわけですよ。

ということで、ドラムのkomakiさんと一緒の
演奏を聞いてみましょう。

『水流のロック』!

2015年、FUJI ROCK FESTIVAL’15に出演。

2016年は、全国のカフェで弾き語るカフェツアー
“遊泳喫茶”を開催。

2017年「逆鱗マニア」をリリースしました。

スポンサーリンク


komaki(小牧和高)さんて、どんな方?

komakiさんは、写真の左から2番目です。

出身は京都市南区久世築山町。

中学時代は吹奏楽部。
京都府吹奏楽選抜メンバーにドラマーとして抜擢
されています。

京都市音楽高等学校(旧:堀川高校音楽科)に入学。
ここでは本格的にクラシック音楽を学び、本場は
チェコ、オーストリアにてレッスン、コンサート
経験を積んでいます。

ドラムとクラシック?
本格的にレッスンって、ドラムを?

打楽器全般ってことなのかな?
音楽の範囲が広いですね。

卒業後はSONYプレーヤーオーディションに合格。
サポートミュージシャンとして、年間100本以上
のライブを行い、プロとしての活動を開始。

2011年にtricotというバンドに参加。
変拍子を多用する女性バンドの、唯一の男性メンバ
ーでした。

2014年にはwrong cityというバンドに参加。

現在はミクスチャーバンド”ROS”のメンバーです。

SUGIZO(LUNA SEA,X JAPAN)日食なつこ
yonige 等のサポートをしながら、ドラム講師と
してレッスンやセミナーも行っています。

ではROSの演奏もどうぞ!
こちらもシビれるよ!

日食なつこさんにおつきあいしてる方は?

いま現在、どなたかがいらっしゃるという情報は
ありません。

ただ、高校時代は、彼氏がいたらしいです。

この人と付き合うには、相当の覚悟がいると思い
ます。

生半可な男じゃ間に合わないよ!

 

なぜなら・・・・

日食なつこさんには、
「半年かけても曲がひとつも書けなかった時期」
があったんです。

ミニアルバム『逆鱗マニア』の歌詞には、そんな
日食なつこさんの断崖絶壁の景色で始まります。

いやあ、もうひどかったですね。
2016年の上半期は――ちょうど1年前に『逆光で見えない』っていうフルアルバムを出したんですけど、そのあたりは実は精神的に結構落ちてて。
「じゃあ、そのアルバムを引っ提げて、次にどうつなげていくのか?」っていう考えをまったくしなかったから、そこでビターッと止まっちゃったんですよ。
そのせいで、曲もできないし、ライブも「今後どうしていくために、今日のライブはどういう観せ方をしたらいいか」みたいなのも全然わかんないし。
「ああ、これたぶん終わったな」と思って……ほんと全部捨てたんですよ。
毎晩、日本酒でヤケ酒したりとかしてたし。

 

一回ひどかったのは、あまりにグレすぎて、一晩中日本酒と芋焼酎のチャンポンをやってたんですよ、部屋でひとりで。気がついたら、服着たままお風呂場でシャワー浴びながら倒れてて――。

 

「あ、死んじゃう死んじゃう」って思って。
で、「どうせ人としての部分まで捨ててここまで来た段階で、『次の作品はこういうテイストの曲を狙って出しましょう』とか言ってられっか!」と思って書いたのが、“ログマロープ”の歌詞と曲調なんです。
断崖絶壁です私は今、っていう。

 

という日食なつこさんを受け止められるのは、
余程の度量を持った人じゃないと無理!

 

komakiさんとの相性は?

素晴らしいドラマーさんなんですけど。
komakiさんもクラシック出身ですから、根底にあるものは一緒なんだけど、音楽的に喧嘩ができる、っていう相手は初めてだったので。
喧嘩の仕方をそこで初めて覚えたんですよね。
「私はこういう理由で、ここのドラムはちょっとどうかなと思うんですけど、主張があってこういうことをやってるんですか?」みたいな。
自分の理由と、相手のやりたそうなことを捕まえてから喧嘩をする、っていうやり方を覚えたら、すごくやりやすくなったんですよ。

 

け、けんか!?

なんか、ジャズっぽいとこあるから?
ジャズの人って、タイマンとかいうけど・・・。

でも面白いよ。
リハスタとか入った時でも、「ここはちょっとダサいと思う」みたいなのも平気でお互い言っちゃったりするし。
昔はそれをやったらダメになっちゃったけど、今はそれをやってもちゃんと続くっていう状況なのがすごくいいなあと思って。

歌詞はどうやって書いてるんですか?

曲にもよるけど、日常的な“怒り”が多いです。
楽しいことは過ぎ去ってしまうけど、怒りは翌日になっても残るんです。
作詞・作曲はその“ストレス解消”として続けています。
10年前もそうだったんで、その延長線上で自分の軸になってますね。 

 

うん、喜怒哀楽のなかで、「怒り」は一番、
エネルギーの元になると思います。

私の曲は、一度では歌詞が入りきれないと思うんです。
そこを狙ってやっているところもあって、初めて聴いて「何を言ってるんだ!?」って思ってもらって…
疑問があれば答えにたどり着きたくなると思うんです。

そうだよ!
生きていて、疑問がいっぱいある人が、日食なつこ
さんの歌にシビレちゃうのかもしれない!

ということで、日食なつこさんを熱く紹介させて
頂きました。

アイドルさんたちの歌とは一味違った、日食なつこ
さんの歌が、聞いている人とシンクロしたら、きっ
と彼女の世界の住人になってるよ!

 

 

音楽好きのかたは、こちらもどうぞ。

チャックベリーはかなり変人!でもジョンレノンもキースも崇拝してた!

 

まとめ

日食なつこさんの曲は、どこか冬を感じますが、
やはり岩手県出身だからなんですね。

彼女の歌もピアノも、聞いていて素直に感じさせ
てくれるんです。

とてもパワフルだけど、繊細です。

「怒り」だけじゃなく、子供の頃の思い出を歌った
曲もあります。

 これからもっと、多くの人に聞いて欲しいな。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です