サヘルローズの宗教や在留資格は?講演料や柚希礼音との関係を調査!

サヘルローズ

『探偵バクモン』でおなじみ、サヘルローズさん。

またはamazonプライムビデオ『みやびに

ニッポン 体験!伝統芸能と和のグルメ』 をご覧に

なった方はおいででしょうか?

 

お寿司の回では、服装がちょっとやばかったです

ね!

カメラマンも、ちょっと角度を変えてくれれば

良かったのになあ。

 

サヘルローズさんて、とんでもなく美人だと思う

んです。

 

でもとても大変な過去をお持ちの方でした。

今日はサヘルローズさんに迫ります。

スポンサーリンク


サヘルローズさんのプロフィール

愛称   :さっちゃん

別名義 :サヘル、滝川クリサヘル

出身地 :イラン(ペルシャ)

生年月日:1985年10月21日(32歳)

*後年付けられた誕生年である為、1984年なのか

1986年なのか定かではないらしいです。

名前も後に付けられたものだそうです。

身長  :170cm

体重  :52 kg(BMI 18)

血液型 O型

3サイズ:B 88、W 59、H 89

カップサイズ: D

靴サイズ :24.5cm

瞳の色 : 茶

毛髪の色: 茶

出身校 東海大学 卒業

 

【言語】

  • 日本語
  • ペルシャ語
  • ダリー語
  • タジキ語

 

【趣味】

  • 映画鑑賞
  • 水泳
  • ブラジリアン柔術
  • テニス
  • アーチェリー
  • バレーボール
  • スケート

 

【特技】

  • 絨毯織り(さすが!)
  • コーヒー占い

 

【受賞・資格】

  • 「旅のチカラ~失われた故郷の記憶を求めて~サヘル・ローズ~」密着して頂いた番組がATP賞を受賞

 

事務所  :エクセリング

 

生い立ち

イランのクルディスタンに11人(10人、13人との

記事もあり)兄弟の末っ子として生まれました。

住居は土で塗り固めただけで、兄姉で食糧を奪い

合う日々だったそうです。

 

お父さんは大工でしたが収入は少なく、サヘル

んは養子に出される予定でしたが、4歳(推定)

までは家族と暮らしていたそうです。

 

当時はイラン・イラク戦争の最中でした。

イラクとの国境付近にあったサヘルローズさんの

町は、毎日のように空襲警報に怯える生活。

 

そして1989年2月夜、イラクの大規模空襲によっ

て町は壊滅し、サヘルさんの一家は全員死亡、

空襲から4日後、奇跡的にがれきの中から救出さ

れたサヘルさんは孤児院へと送られます。

 

その後、サヘルさんを瓦礫の中から救った、テヘ

ラン大学生で救助活動ボランティアをしていた

フローラ・ジャスミンさんが、養母として彼女を

引き取ることになりました。

 

フローラ・ジャスミンさん

綺麗な方ですね!

1967年生まれ。

現在51歳でしょうか。

 

実は、里親になるためには3つの条件がありまし

た。

  1. 結婚していること。
  2. お金に不自由していないこと。
  3. 子どもが産めない体であること。

 

3の理由は、日本人にはわかりにくいところです

ね。

これは、養子をとった後に自分の子どもが生まれ

た場合、トラブルになる可能性があるので、そう

いうルールがあるとのことです。

実際に色々あったんでしょう。

 

1.の条件ですが、フローラさんは婚約して

いました。

婚約者はその時日本にいたのです。

 

2.については、実家がロイヤルファミリー

であり、かなり裕福なお家柄。

 

でも3の条件は?

 

なんと、彼女は手術で子どもを産めない身体に

してまで、サヘルさんを引き取るのです。

当然、闇商売の病院で、です。

 

そうしてから正規の病院で、子が産めないとの

証明をもらったそうです。

 

実家からは家名に傷がつくと大反対され、縁を

切られてしまうことに。

 

なぜそこまでして?

 

フローラさんは16歳になるまで祖母の元で育ち、

小さい頃から「大人になったら恵まれない子供達

を救いなさい」と教えられて育ったそうです。

 

そして大学生になり、働いてお金を貯めて、施設

を巡って色んな子供達と触れ合う様になりました。

 

もし孤児院で運命を感じる子供に出逢ったら、

その子を引き取ろうと決めていたそうなんです。

 

サヘルさんが彼女のことを第一声で「お母さん」

呼んだことがきっかけで、引き取って育てることを

決心したと言います。

 

サヘルさんも、なぜそう呼んだのかは説明できない

けど、そう感じたんだとか。

不思議で確かな縁があったとしか思えませんね。

 

これが二人が親子になった日の写真だそうです。


スポンサーリンク


日本に来て

1993年8月13日、サヘルさん8歳の時、フローラ

さんは婚約者を頼って、サヘルさんと共に日本に

やって来ました。

 

彼は埼玉のワンルームで生活をしていて、埼玉区

民センターの空手の先生をしていたそうです。

 

サヘルさんは小学校に通い、フローラさんはバイ

トを見つけて頑張っていました。

しかしだんだんと彼から虐待を受けるようになり

、そこを出るハメに。

 

柳瀬川駅近くの公園に行き、トンネルなどで2週

間も寝泊りしたそうです。

 

スーパーでパンの耳が50円で売っていたので、

それを二人で分けて夕食にしていたとか…

 

やがて学校の給食のおばちゃんが、サヘルさんの

窮状に気づき、手を差し伸べてくれました。

 

お金を貸してくれたり、保証人にもなってくれた

おかげで、フローラさんは就労ビザが取れ、

ペルシャ絨毯を扱う仕事に就くことができました。

 

いじめ

しかし小中学校時代、当時は中東のイメージが

良くなく、その上習慣の違いもあったようですが、

サヘルさんはひどいいじめにあうのです。

イランでは友達を呼ぶ時にチュッチュッと舌打ちの様なことをするのですが、日本でも同じ様にやったら友達に嫌われてしまいました。

逆に私がみんなにやられてびっくりしたことは、親指を立てるグッドサイン。

あれはイランでは死んで下さいという意味で、絶対にしてはいけないことなんです。

友達が私を励まそうと「グッドだよ〜、頑張れ〜」ってグッドサインをしてきた時は、死ねと言われている様に思えて友達が怖くなってしまいました。

 

中学生になり、さらにエスカレートするいじめ。

フローラさんを心配させまいと、家では明るく

ふるまうサヘルさんでしたが、ある日とうとう

耐えかねて、学校を早退して部屋で自殺しようと

考えました。

 

ところが部屋に帰ると、なぜか働いているはずの

フローラさんが・・・

 

「もう疲れた・・・」とサヘルさんが告げると、

フローラさんが「私も・・」と泣き始めたのです。

 

互いに抱きしめ合う二人でしたが、そこでフロー

さんが痩せこけて、手もシワでゴワゴワになっ

ていることにサヘルさんは気づきました。

私のために、お母さんは全てを捨てて、こんなに疲れて年老いてしまった。
それなのになんの恩返しもしないで死にたいと考えるなんて、私は身勝手だ。

サヘルさんは強く生きようと、心に誓ったのです。

いじめも乗り越え、やがて都立の園芸高校に進学

しました。

中学時代は本当に地獄の様な毎日だったので、卒業式ではみんなが泣いている中、私ひとり「やっと終わった!ここから解放される!」と喜びましたけどね(笑)

そこを選んだ理由は、学校で育てた野菜を家に

持ち帰ることが出来たから。

 

それでようやくフローラさんの血色が良くなった

そうです。

 

女優を目指して

高校3年生の時にJ-WAVEのオーディションを受け

たのがきっかけで、「GOOD MORNING

TOKYO」でラジオレポーターを経験。

 

その後は東海大学(ITを専攻)を卒業後、東京アニ

メーションカレッジ専門学校声優学科声優アクター

ズコースを卒業しています。

 

実はイランでは『おしん』のドラマが入っていたの

で、それを観ていたサヘルさんは女優になりたかっ

たそうなのです。

そのためには「外国人」というくくりで見られる

のでなく、きちんとしたイントネーションで、

完璧な日本語を話せるようになりたかったそう

です。

 

どうりで、日本人よりきれいな日本語を話すわけ

ですね。

 

最初の5、6年はテロリストか死体の役ばかりでし

たが、やがてテレビ番組にレギュラー出演するよう

に。

 

滝川クリステルさんのものまねで「ニュースを読む

”滝川クリサヘル”」が受けたのが転機となり、

現在では7つのレギュラーをこなしながら、映画

東京島」「ペコロスの母に会いに行く」

「振り子」「西北西」や、舞台「メルシー!おも

てなし~志の輔らくごMIX~」などに出演して

います。

 

また、イラン出身という特性を活かせる国際情報番

組のキャスターにも起用されています。

 

 

 

宗教

フローラさんはムスリムイスラム教の教徒)

いうことですが、サヘルさんもそうなのかは

はっきりしません。

 

2011年4月23日、東日本大震災の支援のために、

アラーグチー駐日イラン大使の夫人や大使館の

シェフらと共に、被災地の岩手県山田町を訪問

して500食以上の炊き出しを行っているのですが、

この時は鶏肉のトマトシチュー、ナン、伝統菓子

などを振るまったそうですから、今でもイランと

のつながりは深いのでしょうね。

 

とすればサヘルさんもムスリムだとしても不思議

はありません。

 

ただそうすると、サヘルさんの服装が自由すぎる

気がしたのですが、これはムスリムに対して

あまりにも一方的な見方だったようです。

 

イランでも、サヘルさんの親の世代は、けっこう

自由な雰囲気の中にいたようです。

 

ムスリムだからといって、みんながこのような

ブルカを着ている二人の女性

服装ではないんですよね。

偏見でした。

 

食事はハラル食なのかな?と思ったのですが、

これもはっきりしませんでした。

まあどっちでもいいんですけどね。

 

サヘルさんは、お味噌汁が大好きだそうです。

 

国籍・在留資格

フローラさんは日本の永住権を取得しているそう

ですから、養女のサヘルさんも永住権を持って

いてもおかしくないですよね。

 

フローラさんのプロフィールには、

日本で5年間、法学を学ぶ。

裁判所、移民局、警察署、第二東京弁護士会、入国管理局にて、法律に関わる仕事に携わる。

日本在住20年。永住権を持つ。

 

日本国内でのペルシャ語、ダリ語、タジク語の通訳・翻訳・同時通訳。

また、イラン、アフガニスタン国内でのマスコミ取材のコーディネイト等も承っています。
その際に必要となりますお車のご用意、運転、ホテルの手配も致します。

出典:フローラ ジャスミンの公式ホームページ

とあります。

 

フローラさんもサヘルさんも、どれほど頑張り屋

さんなのでしょう!

自分が恥ずかしくなっちゃいます。

 

国籍については、おそらくイランだと考えるのが

自然でしょうね。

確証はないんですけど。

 

日本人と結婚したら、日本国籍を取るかもしれま

せん。

講演料

講演料については、いくらなのかはっきり公表

されてはいませんでした。

 

サヘルローズさんの講演はとても人気があるんだ

そうです。

 

講演料については、

  • 30万円未満で気象キャスターの天達武史さん、羽衣国際大学教授のにしゃんたさんなど、
  • 30〜60万円香山リカさん、ドン小西さん、
  • 60〜90万円で戦場カメラマンの渡部陽一さん、経済アナリストの森永卓郎さん

などとなっています。

 

サヘルさんだと30〜50万円くらいでしょうか

(単なる予想です)。

 

柚希礼音と関係が?

一時期、サヘルローズさんを検索すると柚希礼音

さんの名前が出るのですが、特に関係が深いとか

ではないみたい。

 

元宝塚歌劇団星組トップスターの柚木さんに、

サヘルさんがあこがれていたのかな?とも思った

んですが、これはネット上での不思議な言葉の

繋がり具合のようですね。

 

こういうことは、たまにというか、結構あります。

 

現在

サヘルさんの夢は、アカデミー賞の受賞とオスカー

女優だそうです。

 

受賞のあかつきには、フローラさんにその栄誉を

送り、母国のイランに孤児院を創るとのことです。

 

日本の孤児院にも支援してらっしゃいます。

フローラさんが、「日本にたくさんお世話になった

のだから、日本の孤児院にも何かしてあげて」と

おっしゃったのだそうです。

成功とは失敗をすることだと思います。

失敗をして初めて次の道が見えるし、失敗出来ることで成功に繋がると思うから、成功は失敗をたくさんして次に行くためのステップだと思います。

 

この先、サヘルローズさんはどんな風に活躍して

いくのでしょうか。

 

なんだかご本人も、思いもよらない方向へいくの

かもしれないな、とふと思いました。

 

長くなってしまいましたが、ここまで読んで頂き

、ありがとうございました。

松永春子の出身高校・大学はどこ?シリアでの活動内容や結婚は?

2018.09.10

ブルーホエールのルールや課題を調査!日本にもある?動画と音楽あり!

2018.07.20

落合恵子の生い立ちと髪型の秘密!経歴や夫・子供はいるのか調査!

2018.05.18

「正しい世界なんてない」から想像力で暖かい世界を作る!

2018.05.15

まとめ

サヘルローズさんのInstagramの写真は

どれもとても素敵なんです。

 

日本の風景なのに、日本じゃないように見えたり

するのが不思議。

 

外国人の監督が日本で映画を撮ると、やっぱり

日本じゃないように観えるんですが、それと

同じなんでしょうか。

 

カメラという機械を通しても、他人にその感覚

がはっきりと伝わるのは、面白いですね。

 

サヘルさんにはきっと、日本に住んでいても

私たち日本人には見えない日本が見えているん

じゃないでしょうか。

 

いつかイランと日本を、もっと近づけてくれる

といいなあ。

スポンサーリンク


1 個のコメント

  •  聡明な方と思います。しかし、その人生は、われわれ日本人には、想像絶するものと思います。それを感じさせない言動、仕草は、彼女の聡明さを感じさせます。わたくしは昔教師をしてましたが、日本の生徒が中東の生徒をいじめことをは許しませんでした。しかし、サヘルさんのような壮絶な人生は想像できませんでした。一介の教師では想像の絶するものです。深く反省致します。サヘルさんの今後の活躍を期待してます。 

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です