比嘉真美子の出身高校や経歴を調査!どん底から救ったのは勢翔太?

2017年に優勝した予期の比嘉真美子

現在賞金ランク3位のゴルファー・比嘉真美子

さんと元関脇で東前頭2枚目の勢翔太さんが

結婚!

またまたビッグカップルが成立です!

 

結婚は秋になるそうですが、比嘉真美子さんは

相撲部屋のおかみさんになるんでしょうか!?

 

10月11日に婚姻届を出すそうですが、それは

二人とも誕生日がその日だから!

運命を感じてしまいますね。

その日が挙式になるかもしれません。

 

では二人がどうして出会ったのか、また一時は

「どん底」にいたという比嘉真美子さんが、

昨年、驚くべき復活を遂げたのは、勢翔太さんの

精神的な支えがあったのかもしれないと思い、

調べてみることにしました。

スポンサーリンク


比嘉真美子さんのプロフィール

名前  :比嘉 真美子(ひが まみこ)

出身地 :沖縄県国頭郡本部町

生年月日:1993年10月11日(24歳)

身長  :161 cm

体重  :58 kg

血液型 :O型

【学歴】

  • 本部町立本部中学校
  • 沖縄県立本部高校
    (ウィキペディアでは卒業となっていますが、中退との話もあり)

所属  :ジブラルタル生命保険

 

2018年、プレーヤーズ委員長に就任しました。

この時には勢翔太さんも一緒だったのでは?

「大好きな方達」じゃなくて、「大好きな人」と

素敵な夜景に包まれていたんじゃないかなあ。

 

家族

ゴルフを始めたのは小学校5年生(11歳)。

父親の比嘉宏さんのゴルフ練習について行ったの

がきっかけだったそうです。

 

このお父さんは、比嘉さんが高校2年生の時に、

病気のため60歳で他界。

口数の少ない父でしたが、地元の飲み仲間にいつも自分のことを自慢していたって聞いています。
見えない愛情は感じていました。

とても辛い日々が続いたそうですが、お母さんと

お姉さんが支えてくれたそうです。

 

実は兄の比嘉良樹さんも比嘉さんが8歳の時に、

15歳の若さで病気のため他界。

なんと家族運のない、と思いかけましたが、

残された女性陣はしっかりと支え合ってきてい

ます。

 

姉の久美子さんはゴルフの経験がないのですが、

キャデイーとして一緒にツアーや試合をまわり、

比嘉さんを精神的に支えていました。

 

その久美子さんは、やはり比嘉さんのキャディー

をしていたフランス人のフローリアン・ロドリゲ

さんと結婚し、フランスで新たな仕事をして

います。

 

その姉にプレゼントするかのように、比嘉真美子

さんは2017年8月、国内女子で優勝し、復活を

果たしたんです。

 

(フローリアン氏は申ジエの専属キャディーも

勤めていましたね。もともと、ファイナンス系

の業界に勤めていたそうです)

 

ゴルフ歴

プロ転向は2012年。

優勝回数は日本女子で3勝。

初優勝は2013年ヤマハレディースオープン葛城。

賞金ランク最高位は2013年、日本女子の8位。

 

2008年、中学生でダイキンオーキッドレディス

アマチュアとして出場。

2009年、ダイキンオーキッドレディスで12位タイ

のベストアマ。

 

2010年、高校2年でネイバーズトロフィーチーム

選手権に日本代表として出場、個人で1位タイ。

同年8月、全国高校選手権では2位。

日本ジュニア女子15-17歳の部で最終ラウンドに

ホールインワンを決め、8打差から逆転優勝。

 

同年10月、ブエノスアイレスで行われた世界アマ

チュアチーム選手権の女子代表選ばれた。

 

2011年6月、日韓台アマ対抗戦の代表で出場。

日本女子アマチュアゴルフ選手権を制した。

 

2012年4月、スタジオアリス女子オープンでは3位。

6月の日本女子アマチュアゴルフ選手権で2連覇。

2012年7月、プロテストを受験し、8位タイで合格。

 

2013年4月、ヤマハレディースオープン葛城

ツアー初優勝。

5月のリゾートトラストレディスで2勝目。

年間獲得賞金で8位となりました。

 

「男は松山(英樹)。女は比嘉」と並び称され、

”大物ルーキー”としてはやし立てられていたのです。

 

ここまでトントン拍子に勝ち進んできた比嘉さん

ですが、この後、スランプ期に入ってしまいます。


スポンサーリンク


どん底とは?

2014年のシーズン序盤から球を打つのが怖くなった。
恐怖心から悪い緊張感が生まれて……。
それが18ホールずっと続く。
初日でスコアが悪いと次の日はゴルフ場に行くのも嫌になったし、ゴルフを辞めたいとも思った。

2014年は34位でシード権を守ったものの、

2015年の賞金獲得額は400万円にも満たず、シード

を失いました。

 

17試合連続を含めて、年間32試合のうち23試合も

予選落ち。

賞金ランキングは95位まで急降下。

 

あまりの不振ぶりに、周囲の人もも声をかけるの

をためらったといいます。

もう、二度と私は優勝できないんじゃないか……。
ディショットが思うように打てなくなって、ゴルフを辞めようと思っていた。
そこから優勝できて、本当に色々かんがえさせられました。

 

不安で食事も喉が通らなくなり、体重も5kg減。

お母さんの章子さんは

ゴルフで命がなくなるわけじゃない。
とにかくご飯を食べて。

と支え、姉の久美子さんは黙ってサポートをし続

けていました。

 

イップス?

不調の原因は「イップス」と呼ばれる症状だった

ようです。

過去にミスしたことがトラウマになったり、

極度の緊張から、体が硬直したりなど思うように

動かせなくなる症状だそうです。

 

そんな比嘉さんを救った、ある出来事がありまし

た。

どんなにひどい状態の試合の後でも、いつも見守

ってくれているファンの男性に気づいたのです。

 

普段はファンと会話することはない比嘉さんでし

たが、思わず彼に訳を聞いたそうです。

 

すると彼は

スコアじゃないんですよ。比嘉選手が笑顔でプレーしているのを見に来ているだけですから。

今は調子が悪い?
それなら僕らは気長に待つだけです。

これは嬉しいですね!

比嘉さんはこの言葉のおかげで、心が楽になった

ようです。

 

そして2016年、次第に調子を上げて、シーズン

後半には好成績を続け、2年ぶりにシード権を

奪回したんです。

 

2017年8月、NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

で、キム・ハヌルとのプレーオフの末、4年ぶり

のツアー3勝目!

 

賞金ランキングも、ルーキーイヤーの8位に次ぐ

12位という好成績。

ピンゴルフとも新たに用具契約を結んでいます。

 

賞金は?

比嘉さんの過去5年間の獲得賞金です。

  • 2013年:7865万5413円 8位
  • 2014年:2240万658円 45位
  • 2015年:383万3500円 95位
  • 2016年:3114万666円 34位
  • 2017年:6876万7230円 12位

 

2018年5月の段階での国内女子の賞金ランキング

です。

1位:鈴木愛     (71,315,000円)
2位:比嘉真美子   (47,652,500円)
3位:アン・ソンジュ (45,250,000円)
4位:申ジエ     (42,114,285円)
5位:菊地絵理香   (30,677,133円)
6位:フェービー・ヤオ(25,209,166円)
7位:イ・ミニョン  (23,299,583円)
8位:ユン・チェヨン (21,867,000円)
9位:永峰咲希    (20,932,000円)
10位:新垣比     (20,277,500円)
11位:酒井美紀    (18,785,951円)
12位:葭葉ルミ    (18,161,666円)
13位:成田美寿々   (17,640,333円)
14位:永井花奈            (17,624,485円)
15位:勝みなみ            (17,373,200円)

今回の結婚のニュースで「現在賞金ランク3位」

となっていたので、若干変動があったようです。

それにしても半年で5千万くらいだなんて、

すごいなあ。

 

勢翔太さんとの出会いは?

勢翔太さん(31歳)

縁があって出会わせていただきました。
誕生日も一緒で運命です。
これからも彼女を命を懸けて守っていきます。

比嘉真美子さん(24歳)

勢関とは誕生日が一緒で、出会う前から気に留めていた力士でした。
初めて会ったとき、何かこの人と一緒になるかもしれないと思いました。
付き合い出すころは前を見て、結婚を見据えていました。

誕生日が一緒の人って、気になったりしますよね。

 

初めて出会ったのは2015年5月だそうです。

比嘉さんが初めて大相撲観戦に訪れたという

夏場所(両国国技館)でのこと。

 

絶不腸の比嘉さんは、気分転換に相撲を見に

行ったのかもしれません。

 

共通の知人に紹介されて(よくあるパターン!)

ということですが、勢翔太さんはゴルフ好きで、

比嘉さんは大の相撲ファンだったのが幸いし、

すぐに意気投合。

 

2016年8月に交際がスタート。

比嘉さんが徐々に調子を上げていく時期と一致

してませんか?

 

2017年夏にはすでに婚約していました。

婚約指輪はハリー・ウィンストンで、約1000万円

だそうです。

こんなのかな〜❤

 

この年の8月に、比嘉さんは国内女子で優勝!

やっぱり勢翔太さんのおかげかもしれませんね!

 

勢翔太さんは大阪・交野市出身。

本名は東口 翔太(とぐち しょうた)さんです。

2005年春場所が初土俵、2012年春場所で新入幕。

2016年夏場所で関脇に昇進。

イケメンですので、女性にモテるようです。

「二人で生きよう」って、もう幸せいっぱいじゃ

ないですか?

 

6月28日発売の「週刊新潮」では、キスをする2人

の姿が載っているとか。

 

ゆくゆくは独立して親方つもりでいる勢翔太さん

と一緒になる比嘉真美子さんは、まだゴルフを続け

ますが、相撲部屋のおかみさんになるを覚悟して

いるようです。

 

相当の覚悟ですよね。

家族の大切さをよく知っている比嘉さんだから

こそ出来た決断だと思います。

 

どうぞお幸せに!

片岡治大がベッキーと熱愛!性格や現在の年俸を調査!カトパンとは?

セキユウティンは日本語やウェアが可愛い!整形説や出身高校も調査!

まとめ

ビッグカップル成立が続いています!

お互いいろんな苦労を重ねてきて、自然に

解り合えるものがあるんでしょうね。

 

比嘉真美子さんと勢翔太さんのように

「運命の出会い」みたいなのって、あんまり

信じていないんですが、私の兄弟にもいるんです。

「出会った時に結婚するって感じた」っていう

のが。

 

比嘉真美子さんは、お姉さんがフランス人と

結婚して、自分は角界に入るって、なんだか

不思議な縁ですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です